Foundation

LO-6.3.3 ツールによる支援を成功させるには単にツールを入手する以外の要因が要求されることを認識する。(K1)

支援を成功させる要因

* ツール未使用の部署にツールを順々に展開する
* ツールが適用できるよう、プロセスを適用、改善する
* 新規ユーザに対し、トレーニング、指導、助言を提供する
* 利用ガイドを定める
* 実際に使用する中で、活用していくための情報を集める方法を実装する
* ツールの利用状況や効果をモニタリングする
* ツール利用のために、テストチームへの支援を提供する
* 全てのチームから

もっとみる

LO-6.3.2 ツール評価のために行うコンセプトの証明(proof-of-concept)のゴールと、ツール導入時のパイロットフェー ズのゴールを提示する。(K1)

コンセプトの証明のゴール

* テスト対象に効果的に使えるツールなのか、および現在のインフラストラクチャで効果的にツールを使うことができるのかを立証する
* ツールを効果的に使うために必要となるインフラストラクチャの変更点を識別する

パイロットフェーズのゴール

* ツールの詳細を学習する
* 現状のプロセスやプラクティスにツールが適用可能か、変更が必要な場合、どう変更すればよいかチェックする

もっとみる

LO-6.3.1 組織にツールを導入する際の基本原則を提示する。(K1)

基本原則

* ツールを活用するためのテストプロセス改善の機会や組織の成熟度、長所と短所を評価する
* ツールに対する明確にした要件と、客観的な基準を背景に評価をする
* 「コンセプトの証明(proof-of-concept)」を行う
* ツールベンダーや非商用ツールの場合はサービスサポート提供者を評価する
* ツールを使う上で、教育や訓練に対する組織内の必要事項を特定する
* 現在のテストチーム

もっとみる

LO-6.2.2 テスト実行ツールと静的解析ツール、テストマネジメントツールに対する固有の考慮事項を認識する。(K1)

テスト実行ツールの考慮事項

* この種類のツールで大きな効果を出すには大量の工数をかけねばならないことが多い
* 手動テストの担当者の操作をそのまま記録するやり方では大量の自動テストスクリプトを活用するよう拡張できない。また、このやり方では期待しないイベントが起きると、動作が不安定になる
* データ駆動、キーワード駆動のテストアプローチなどどんなアプローチであっても、スクリプト言語などの技術的な

もっとみる

LO-6.2.1 テストの自動化やツールによる支援の利点とリスクをまとめる。(K2)

利点

反復作業が減る
回帰テストの実行、同じテストデータの再入力、コーディング規約との比較など

一貫性や再実行性が増加する
要件をベースにしたテスト、ツールによる同じ頻度で同じ順序のテスト実行など

客観的な評価が可能になる
静的解析、カバレッジなど

テストやテストケースの情報へのアクセスが容易になる
テスト進捗の統計を取ったり、図的に表現したり、インシデント率や性能計測結果の算出など

もっとみる

LO-6.1.3 テストツールに関する用語と、テストへのツールによる支援の目的を説明する。(K2)

用語

支援の目的

LO-6.1.1 テストツールをそれらの目的と基本的なテストプロセス、およびソフトウェアライフサイクルでの活動により分類する。にて説明している。

練習問題

もっとみる

LO-5.6.1[Standard for Software Test Documentation(IEEE Std 829-1998)]のインシデントレポートの内容を認識する。 (K1)

IEEE829 インシデントレポートの項目

* 要約
* 異常発見日
* 発見した状況
* 異常説明
* 影響
* 重要度分類
* 正しい結果
* ステータス(open, fixed など)
* 結論・提案

練習問題

もっとみる

LO-5.5.5 テスト計画作業で、リスク分析やリスクマネジメントをどのように使うのか例を挙げて説明する。(K2)

リスク分析やリスクマネジメントの使用場面

テストで、リスクをベースにしたアプローチを取ると、プロジェクトの初期段階からプロダクトリスクのレベルを減らす予防的措置を取れる。

リスクベースのアプローチでは、洗い出した リスクを以下のように使う。
* 適用するテスト技法を決める。
* テストを実行する範囲を決める。
* 重大な欠陥をなるべく早い時期に検出するため、テストの優先順位を決める。

もっとみる

LO-5.5.4 代表的なプロジェクトリスクとプロダクトリスクを認識する。(K1)

代表的なプロジェクトリスク

組織問題の要素
* スタッフのスキル、およびトレーニング不足、人員不足
* 人事の問題
 以下のような政治的な問題
 テスト担当者のニーズやテスト結果が上手く伝わらない。
 テストやレビューで見つかった事項がチームで上手くフォローアップできていない。(例えば、開発 やテストの実施方式が改善されていない)
 テストから期待できるものを正しく評価しようとしない。(例えば、

もっとみる