cakesコンテスト参加

★物々交換コーナー設置店舗募集★全国対応

企画経過報告
https://note.mu/87ohana
https://valu.is/momowari
ツイッター
https://mobile.twitter.com/Lea_Mahalo

★物々交換コーナー設置店舗募集★全国対応

キッズルーム設置にも一役!
本や漫画を増やしたい飲食店にもおすすめ!
猫カフェや漫画喫茶のような感覚で
場所の時間貸しも可能になります!

おもちゃ限定な

もっとみる

62円の値打ちな『my life』

僕がミスチルを語る上で、どうしても『my life』をはずせないのは、やっぱりその人間臭さというか、誰の心にも潜んでいる内気さ・なよなよしさとかが、ギュッと詰まっているからだ。

のっけから、

62円の値打ちしかないの?
僕のラブレター読んだのなら
返事くらいくれてもいいのに
 -『my life』より

という、僻み根性丸出しなフレーズ。
でも、すごくあるあるなことで、わかってしまう自分もいる

もっとみる

【桐生(ファッション・グルメ)】おしゃ男女必見!群馬版パリのマレ地区の観光資源に大興奮|セカイに誇る技術力【こまの街ブラ】

はじめまして、駒乃ま子と申します!

(まことに)突然ですが、群馬県の「桐生市」をご存知ですか?

群馬と聞くと温泉のイメージですが、桐生市には(温泉以外の)観光資源の豊富さが尋常じゃないと、最近知りまして。

さっそく、行ってきました~~♪

桐生の予備知識

群馬県にある桐生市は、シルク(養蚕)と織物(桐生織)が有名なモノづくりのまち。江戸時代から培ってきた技術力により生み出され、世界的に評価

もっとみる

外食産業で働いてみたら、聞いていた以上にブラック労働だった

私は最近、ウェイトレスとして働き始めた。家族の介護や小説の執筆と両立させるため、自宅近所のファミレスで働いている。

そもそもウエイトレスを始めようと思ったきっかけは小説であることを、以前のnoteに書いたので、時間がある方は一読して頂きたい。といっても今回の話題は小説ではなく、私が雇用されてすぐに実感した外食業界の深刻さである。

ブラック労働を強いられているのは、学生よりも主婦

ファミレスで

もっとみる

ロシアと出会いで人生が変わった話2(続き2)

前回の話がありまして、2012年9月29日‐10月6日の約1週間極東地区に群馬県の国賓としてロシアに行くことになった。

日露青年交流センター経由で群馬県から農業関係者など合わせて9人ほどの日本人が成田空港に集まり、ロシアのウラジオストク空港に向けて15時40分に出発した。

(現在はウラジオストク空港に行くための直行便は関西もしくは成田から出ている。ウラジオストクには電子ビザで行けるようになった

もっとみる

最初の大きな推敲

「無名のド素人が小説を5000冊売る!」というプロジェクトを始動してもうすぐ2か月になる。小説ボランティアを募集して、様々な人との出会いがありました。ネット上だけの間柄の方もいれば、リアルに会ったり電話で話したりした方もいます。あまりにも多くの感想を頂いたので、混乱する前に、ここで一度、ひと区切りさせることにしました。

みなさまのご感想やご意見をもとに、明日から抜本的な推敲作業に入り、それが出来

もっとみる

こんな夢でも、いーでーすか? - 恋愛短編小説

僕と彼女は大阪の私鉄、阪急電車に乗っていた。

阪急電車は比較的他の電車に比べて、高貴な雰囲気があり、、
内装は落ち着いた雰囲気の伝統的な木目模様が特徴だった。

僕と彼女は座席に座る。

車内には太陽の光がさんさんと降り注ぎ、
その空間に居るだけで、安らぎを感じさせる。

今、彼女は僕の右側にいる。

おもむろに僕は彼女の腰に手をまわしてみた。
彼女の体と僕の体が引き寄せられる。

もっとみる

『友とコーヒーと嘘と胃袋』と強靭な体

ピカピカじゃなくてもいいじゃない、と誰しもが思っているのかもしれない。 

世に言う成功者の話をきくと、それはその人だからできたんでしょ?と考えてしまうことがある。意図的にしろ、そうでないにしろ。 

もちろんそれは、そう思わせてしまう人の伝え方にも課題はある。
人は共感できるときにしか、相手の話をほとんど聞いていない。らしい。 

おんなじように子どもがいたり、嫌いな食べ物があったり、寝坊

もっとみる

『innocent world』に飛び込んで

初めて買ってもらった携帯は、ドコモのF503iSだった。
紫なのか、青なのかよくわからない色。そんな宙ぶらりんさは、思春期の始まりの僕にとっては思えばぴったりの色だった。

携帯を買ってもらった当時、好きだったあの子と「アドレス交換をしよう!」と思って大喜び。
でも、結局あの子は携帯を持っていなくて、僕のアドレス帳にはしばらく家族と悪友たちしか入っていなかった。

その頃、メールアドレスは一種のア

もっとみる

大切なことはすべて、ミスチルが教えてくれた

僕が人生の師と仰ぎ尊敬をしている人たちがいる。

J.D.サリンジャー
カート・ヴォネガット
そして、Mr.Childrenの桜井和寿だ。

僕は常にこの3人の背中を追いかけている。
誠に勝手ながら、な訳だが。

noteを始めたきっかけの一つに、ミスチルの曲が配信されたことがある。
ああ、そういえば配信されていなかったなと思い、全て持っているはずなのにapple musicにわざわざ登録をしても

もっとみる