世界で、地方で、SNSで。人生を変えてくれたフレスコボールのためにできること――芝卓史さんインタビュー

2017~2018年、2019年4月現在まで、日本ランキング1位の芝卓史さん。2018年12月にはブラジル選手権で3位入賞(男子一般の部)。2019年2月に福岡に移住しながらも、3月のオオモリカップで優勝しているトッププレーヤーです。

選手としての実績だけでなく、普及活動としても福岡のフレスコボールクラブ設立に携わったり、採点アプリをプログラミング未経験から開発したり、幅広く活動しています。

もっとみる

フレスコボール選手とビジネス系ライター、両立への道③フレスコボールとの出会い

フレスコボール日本代表、落合真彩です。
「フレスコボール選手とビジネス系ライター、両立への道」第3回です。

第1回(わたしのスポーツ歴とスポーツ観)、第2回(ビジネス書との出会い)はこちら。

第2回で、目標に向けて動き出すために、前職を辞めたところまで書きました。

第3回は、「フレスコボールとの出会い」です。

偶然の再会

2016年5月。転職活動をしはじめた頃。
数年ぶりに地元で、母校(

もっとみる
これからも読んでもらえる記事を書きます!お楽しみに!
6

メディアやSNSの発信だけじゃダメ。フレスコボールをもっと身近にする「拠点」――朝倉弥生さんインタビュー

朝倉弥生さん(以下、弥生さん)は、逗子海岸にフレスコボールを根付かせ、広げていった第一人者です。2017年末ごろから本格的に逗子海岸に通い、トップ選手も巻き込みながら、地元のファミリー層などに拡大。

2018年末に発表された『FRESCOBALL AWARD 2018』では、最優秀サポート賞を受賞されました。(※詳細はこちら)

2019年度からは、フレスコボール協会主導で「クラブ制度」も実施さ

もっとみる
ありがとうございます!今後も読んでいただけたらうれしいです!
12

フレスコボール選手とビジネス系ライター、両立への道②ビジネス書との出会い

フレスコボール日本代表、落合真彩です。
「フレスコボール選手とビジネス系ライター、両立への道」第2回です。

第1回では、学生時代に競技スポーツにどっぷりつかった結果、スポーツから離れる選択をしたところまで書きました。

第2回は「ビジネス書との出会い」です。

最初に言っておきます!これを読んでくれているのはフレスコボールやスポーツ関係の方々が多いと思います。
もしかして、「今回はビジネスか。ス

もっとみる

フレスコボール選手とビジネス系ライター、両立への道①わたしのスポーツ歴とスポーツ観

フレスコボール日本代表、落合真彩です。

今回から、「フレスコボール選手とビジネス系ライター、両立への道」と題して、私のこれまでの道のりを振り返ってみようと思います。

いくつかの記事に分けて書いていきますので、少しずつ、フレスコボールというスポーツについて、アスリートとビジネス系ライターを両立する私について知っていただけたらと思います。

また、初めての試みとして、最後の部分を有料記事にしていま

もっとみる

フレスコボールブラジル選手権2018

=======================
落合真彩インタビューは下記からご覧ください。
日本代表の芝卓史さんが2018年12月のブラジル渡航前にインタビューしてくれたものです。↓↓↓

=======================

2018年のフレスコボールブラジル選手権が終わりました。

1年間、目標にしてきた大会。

結果は、
女子で3位
ミックスで5位
のダブル入賞でした。

フレ

もっとみる

インタビュアーとしてのフレスコボール

フレスコボーラーインタビュー、今年の分を終えました。

これまで累計で28記事、29人の方々にインタビューさせていただき、いろんな話を聞くことができました。

昨年末、インタビュー記事をつくろうと思い立ったところから約1年。

フレスコボールの認知度をあげるのはもちろんですが、今いるメンバーがよりフレスコボールの良さを再確認できるような記事にしようと思いながらつくっていました。

振り返ってみると

もっとみる

今までの練習を思い出し、2人の世界に入れた"最高!"なラスト1分――松浦孝宣さんインタビュー

松浦孝宣さんは2017年5月のオダイバカップからフレスコボールの大会に出場し、2017年ジャパンオープンでは総合6位。2018年はミウラカップ(7月)で総合優勝、ジャパンオープン(8月)で準優勝、年間ランキングで6位となり、上位6名の日本代表枠に滑り込みました。

当初から日本代表を目標とし、今年の5月からは7,8月の大会に向けて年間1位の芝卓史選手とともに猛練習。見事に逆転で代表の切符をつかみ、

もっとみる

5分間一発勝負の難しさ…「自分史上最高」のプレーをしてから辞めたい――塩崎未英さんインタビュー

2017年のジャパンオープンに出場し、いきなり男女混合部門で2位になったことをきっかけに、フレスコボールを本格的にスタートした塩崎未英さん。長年のテニス経験を生かして打つアタックが魅力です。

2018年は私(落合真彩)と女子ペアを組み4大会に出場。優勝2回、準優勝1回で日本代表に選出され、12月のブラジル大会にも参戦します。

今回は、同じく日本代表の小澤彩香さん、夏目脩平さんとともにインタビュ

もっとみる
ありがとうございます!今後も読んでいただけたらうれしいです!
15

大好きな人たちに楽しんでもらいたい。そのためにも、早くトップ選手に脅威を感じさせるプレーヤーに――松井芳寛さんインタビュー

松井芳寛さんは、2018年4月に入籍した千賀子さん(2018年女子ランキング2位)がきっかけでフレスコボールを知りました。当初は続ける気持ちはなかったものの、今では地元・奈良で仲間を集め、先頭に立って活動しています。

選手としては2018年6月のビギナーズカップ、8月のジャパンオープンに出場。また、10月にはフレスコボール協会の公認のメディカルトレーナー、日本代表のオフィシャルトレーナーに就任。

もっとみる
これからも読んでもらえる記事を書きます!お楽しみに!
6