ヨガ日記20191015

朝の1枚引き:Death(逆)

体重:57.2kg, 体脂肪率:28.5%, 歩数:10,298

昼間は事務作業

今日中に返事書こう、注文終わらそう、発送完了しよう、と9時から動き始めました。起きて7時8時台は、朝のルーティンや、ゴミ出し、掃除などと、少し時間に余裕があったので「時効警察はじめました」第一話を見てから一日スタート。

時間割を決めて、「〜までに、これを終わらせよう」「お昼食べ

もっとみる

ポートランド行ってました

※2016年お正月に書いた過去記事です。カナダに行く前の初欧米旅行。めちゃくちゃ楽しそうなんだけど羨ましい

みなさま、明けましておめでとうございました。

新年明けて約半月、ようやく今年初めてのブログ更新です。

わたくし、この年末年始は親友ちゃんの住むアメリカに行っておりまして、人生初の海外年越しなんて身分不相応なオシャレ(?)なことをしてみました。

そして絶賛、正月太りキャンペーンでした。

もっとみる

日記が好き、ということ

※2015年に書いていた掘り起こし記事です

Amazonの予約ボタンをぽちっと押してしまうくらいに楽しみにしていた本が届いた。

山本ゆりさんのブログが大大大好きで(有名な料理ブロガーさん)
あるあるーーーということをめっちゃ赤裸々に書いてて
ものすごく親しみやすくて
でときおり、あ、料理ブログだった、って思い出す感じで。笑

いつも電車で「ぅぐっ…」って笑いをこらえながら読んでる。

さっきも

もっとみる

何故わたしはバンドをしているのだろう

※2015年に書いた掘り起こし記事です。当時のバンドはすでに解散済(悲)

これは、単純な疑問だ。

わたしは学生からバンドをしていたわけではなく、社会人になって突然マイクを持ち、ベースを弾きだした。

なぜだろう。

小さいときに楽器を習っていたわけでもなく(がんばってリコーダー)

中高生のときに洋楽にはまることもなく(でもbsbとか好きだった)

むしろ流行の音楽には疎いぐらいだったのに。

もっとみる

思考オタク〜怪しい一人遊び〜

何度も何度も書いてるかもしれないが

個別で遊んだりする人は

やっぱマリエンヌは変だということを

うっすら感じているかもしれない。

だから

今回のブログも

前の思考オタクシリーズと合わせて

ある種のファンタジーだということと

まあマリエンヌだからね️

という生暖かい目でみてていただけると嬉しい。

長い前置きだった。

怪しいネクラの一人遊びのお話。

——

一人遊びの一環で

もっとみる

思考オタク〜こじらせマリエンヌ②〜

思考オタクの
とある事例の分析ブログ。

マリエンヌの恋愛編その2。

まさかの続きものです。

その①

——

心の大決壊が起こった時期は

トロント暗黒期終盤だったんで

今思うとすべてがすべて
なるべくしてなったのかって。

そしてこの時に
今後よく出てくるであろう
思考オタク仲間のゆかさんと出会うことになる。

——

自分分析により
相当こじらせてるな
すげー変な思い込みがあるな

もっとみる

思考オタク〜こじらせマリエンヌ①〜

思考オタクの

とある事例の分析ブログ。

マリエンヌのこじらせ恋愛編。

——

恋愛の話を”聞く”のはすんごい好きだけど

自分のソレを話すのは死ぬほど苦手だ。

だからいつも基本聞き役。

夢とか仕事とかに関しては
自信持って人に話せるんだけど

恋愛に関しては
わたしの中の”何か”が口を閉ざさせた。

——

自分の中に

”わたしはこうあるべき”っていう像を作り上げすぎていて

たった一

もっとみる

トロント雑記〜空白の時間〜

人生の中で

ここまで空白の時間を持つことは

考えてみると初めてかもしれない。

——

2月10日からの8日間
トロントに行っていた。

渡航ギリギリまで働いていたのと
帰国したら即引っ越しをする関係で
ドタバタのまま羽田空港へ向かう。

最初の数日間は
ミシサガ(トロントの隣の市)に泊まるのだ。

少し前に巨大なスノーストームがトロントにきていたので
あらゆる防寒対策をしていく。

時差ボケ

もっとみる

思考オタク

昔から

異常なくらいにいつも何かを考えていた。

小学校時から
何か悟ってるでしょと言われ続け

本人的には
今日の夕飯何かなと同じレベルで

どうして自然破壊が起きるんだろうとか(重)
わたしたちは何故生まれ落ちたんだろうとか(重)

中二病すれすれ(いやギリアウト)で
常にものごとを
年齢らしからぬ異常な冷静さで考えていた。

——

トロントに行って伸びたスキルは

まさかの

この異常な

もっとみる

トロント雑記〜英語はツール〜

※2018年に書いた掘り起こし記事です

わたしの人生に

英語がまさか出てくるなんて

いまだに信じられない。

全く威張れる話ではないのだけれど

学生時代

100点満点のテストで

まさかの36点(まじでまさかだった)っていう

悲惨な点数を取ったりした英語。

某○HKの「英語であそ○」ですら
観ながら寝ていたわたしが英語。

まさかっすよ。

——

大学卒業間際まで
海外に一度も出た

もっとみる