サクラにまつわるお話

9
ノート

こげ茶に黒のぶち模様 野良猫ちゃん

今春、桜の花見猫を見たいと、
探し回っていた私ですが、
さすがにあきらめました。

四月の末、

レンタルビデオ店の駐車場で、
車を降りて何気なくまわりを見渡すと、
いました、野良猫ちゃん。
こげ茶に黒のぶち模様、
むっちりしていて、
とってもドラ猫風。

せめて桜の花見猫として見立てられないかと、
まわりに桜の木を探すがありませんでした。
(個人のお庭に桜を植えている家は田舎には割とある)
あっ

もっとみる
ありがとうございます、うれしいです!
5

サクラの古墳 後編

サクラの古墳 前編

ここは思ったより広く、
しばらく歩いた場所に小学生が遠足に来ていた。
桜の下、シートを広げてお弁当を食べていた。
行儀のよい大人しい子供たちだった。

さらに左方向に進むと、
バスを停められる大きい駐車場があり、
フェンス付近にも桜が咲き、
花びらが散っていたので、
人影が見えないこともありスマホで撮影した。

次は隣接した公園へ行ってみた。
途中、ふわふわと呼ばれる大型遊具

もっとみる
ありがとうございます、励みになります!
7

サクラの古墳 前編

サクラの古墳 後編

四月下旬、すっかり桜の季節も終わりで、
「花の命は短し」とはよく言ったものだ、
二週間ほどの開花期間だから、
桜は愛されるのかなと思いつつ、
すっかり花見猫を見るのも諦めムードだったが、
どうしても気になり、
インターネットで「開花時期、桜」
というキーワードで検索してみた。

咲いている場所があった。
インターネットのマップ機能でルート検索をすると、
思ったほど遠くなかった

もっとみる
ありがとうございます、(*^-^)ニコ
9

サクラのコスプレイヤー

四月の中旬
ソメイヨシノが散りかけた頃

車に乗っていたら
道路沿いに植樹してある
枝垂桜が満開だった
パステルピンクの色合いは
可愛らしくもあり、艶っぽくもあった

夕方だったが
駄目元で北の公園へ、ハンドルを切った

ほのかな期待を持って
そう花見猫を見つけに……

ほどなく到着
やや日が陰っていて強風だった

駐車場から見える
桜並木ソメイヨシノの
一本だけが七分咲きだった
他の木が葉桜とな

もっとみる
Thank you for your 「SUKI スキ」!
4

サクラのお城

前回のお話「夜ザクラの猫をさがして」

四月初旬
少し北へ行ってみた。

もちろん花見猫を探しに。

ここは公園と山に桜がある。
道一つ越えると行き来が出来た。
桜は見事に満開だった。

まず大きな川沿いの数十本連なる桜並木を見る。
TVドラマ「金八先生」で見るような大きな土手だ。
そこを歩いているだけで、
TVドラマに紛れ込んだような気分になった。

公園の遊歩道を一周、
夕方のせいか散歩道とし

もっとみる
ありがとうございます、うれしいです!
6

夜ザクラの猫をさがして

前回のお話 「サクラの犬たち」

四月に入っていた。
少し意地になって花見猫を見たいと思い、
夜7時過ぎにお山へ行ってみた。

理屈としては猫は夜行性だし、
夜店の屋台があれば旨そうな臭いに釣られて、
うろうろしているかもしれないと考えたからだ。

前回同様、駐車場は楽に停められた。
歩きで足元が見やすいよう、
片手に小さいLEDライトを持っていく。

灯りの灯った灯篭や街灯は幻想的で、
ライトア

もっとみる
Thank you for your 「SUKI スキ」!
6

サクラの犬たち

3月末にSNSに花見をする猫の画像がよく投稿されいて、嗚呼そんな花見猫を見たいと思い、また満開とのネット情報に急かされ、何年かぶりに桜の見れるお山に行ってみた。

夕方日は高く、まだ夜間のライトアップはされていなかった。駐車場が停められるか心配するも十二分に空いていて無事、駐車出来た。

舗装された坂道を見上げながら登り、道路沿いに連なる赤い灯篭に情緒を感じた。桜は3分咲きといったところ、ネット情

もっとみる
Thank you for your 「SUKI スキ」!
7

サクラと犬とおでんとボク

子供の頃はお花見の何がいいのかさっぱり分からなかった。

こどもの目線で振り返ろうと思う。

昔のお花見は今のように家族、カップル、子供のためというよりは
会社の集まり、大人の男の酒盛り場的な要素が強かったように思う。

今もそうかな?

大人たちのお花見に参加するとビニールシートの端に座らされ
海苔巻きやいなり寿司はもうなく(大人の女性が食べちゃう)
麦茶を水筒でおすそ分け(ジュースなんて買って

もっとみる
ありがとうございます、うれしいです!
10

サクラの少年

小学校高学年、新学期、木造校舎、
最上階の古いけれど新しく一年過ごす教室。

クラス替えはなく、とりあえず出席番号順に座り、慣れない机や椅子の高さに馴染めずにいると、ホームルームで一人、満面の笑みを浮かべた女性教師が両手を広げてこう言った。

「みんな、後ろを見てごらん、お山の桜が一望できるだろう。うちのクラスが独り占めだよ」

女子児童は感嘆の声を漏らし、男子児童はへえと味気ない反応を見せた。

もっとみる
ありがとうございます、元気になります!
8