かたなつ

ライター(イベントレポ・インタビュー・IT)もやっています/noteではよく学習したことを書いています/ご連絡はnanamuranatsuko77@gmail.com

自分の言葉を失った彼女が、何を話すのか

一つ言えるのは、父は私の望むことや願うことはぜんぶ否定し続けていたということです。友達関係や進学先、恋愛関係も。                                                                                     - 島本理生「ファーストラブ」より

私は以前職場の上司に、

「強い物言いはできれば止めてください。」

と伝えたこ

もっとみる

グレーのまま、どこまで考えつづけるか

Twitterやブログのコメント欄などを眺めれば、攻撃的・批判的な言葉を目にするのが当たり前になった。誰でも気軽に人の行動・言動に意見を言えるようになり、タイムラインは誰かの正義の表明で溢れている。

「この問題、どうなんだろう?」と一つのニュースに疑問を抱いた時、すでに詳細情報が個人から投稿され更新されていることは多く、その出来事に対しての誰かの考察も瞬く間に上げられていく。「この問題、どうなん

もっとみる

信頼関係・技術がなければ指摘は相手に響かない

仕事でのミスを注意する必要があったり、改善を要望する必要があったりして、相手に「指摘」をしなければいけない時がある。そして相手の行動に対して口を出す「指摘」という行為は、信頼関係、言うタイミング、言葉遣いなど、多くの要素に気を遣う必要があり、高い技術を求められる作業だと私は思っている。

優秀になりたい、仕事ができるようになりたいと思って仕事に取り組んでいる人にとって、指摘は貴重な情報だ。しかし自

もっとみる

「組織の評価軸」と「私の評価軸」

チームや組織で働いていると自然と上司や同僚など、働いている人たちから評価を受けることになる。技術が高い、コミニュケーション能力が低いなど。評価というのは誰でも無意識のうちに行っているし、仕事を円滑に効率良く進めるためにも、適切なポジションにメンバーを配置するためにも必要なことだと思う。

けれど「仕事での評価軸」とは別に私は「自分の評価軸」を持った方がいいと思っている。仕事での評価を上げるために学

もっとみる

相手との間にある距離をはかりつづけることが、やさしさ

私は、両親や少数の友人を除いたほとんどの人に敬語で話すようにしている。年下であっても、私が教える立場であっても、基本的には敬語を使うようにしている。

なぜかといえば、当たり前だけれど相手は他人であって、私ではないからだ。どんな言葉が相手を傷つけるのか、不快な気持ちにさせるのか分からない。また、相手がどのくらいの距離間で自分と接するのが良いのかも、分からない。なので私は一定の距離間を保つことができ

もっとみる
スキありがとうございます、とても嬉しいです^ - ^
12