面白い/興味深い/共感するnoteたち

27
ノート

何よりも引きとめる〔前編〕

「生を受けたからには、致死率は100パーセント。例え、長かろうと短かろうとも。その運命からは、誰も逃れる事は出来ない」    ──曽野木(そのぎ)は...

雑誌「走るひと」を、はじめて外側から見て考えたこと

いっとき毎日遊んでいた幼なじみとひさしぶりに会ったら、髪を切って、見たことのない服を着て、全然知らない表情をしている。私が「走るひと5」をはじ...

好きな「精神疾患を公表しているnoteアカウント」4選

昨日・一昨日と、「衝動的な自死の対策」について書いた。 毎日メンタルヘルス関連の記事を書いていると精神状態を心配されてしまいそうだけど(誰も心...

賞賛も批判もせずに「解釈」するということ

批判的な文章が溢れているのは学術界ではなく,ネット上だ。 例えば論文では,先行研究のような他の研究者が書いた文章を,どの視点が足りないなどと指...

セカンドキャリアの伴走者としてのパターン・ランゲージ

NewsPicksの副業特集でセカンドキャリアについての話がありました。下記urlから飛べますが、有料会員じゃないと読めないはずなので超簡単に要約します。...

経験積まなきゃわからない。

5月の連休真っ只中の方もそうでない方も、この時期にシェアしておきたい!と思うことがあったので、今日はその話を。 エドガー・シャインという方が提...

新宿にタヌキ!? 生息地には意外な歴史あり 【連載】『東京いきもの散歩』(川上洋一...

舗装された地面と高いビルにおおわれた大都市・東京には、「自然」がほとんどないように見えます。ところが、そんな東京23区にも意外なほどたくさんの生...

わたし、思った以上にnoteを愛してるかもしれない。

数年前、幾つかのWEBメディアに月150本前後のコラムを寄稿していた。 月150本という数字がどの程度の量かというと、単純計算で1日5本。1本の文字数は平...

#note が凄い背景・10のポイント。

■追記2(2018年5月31日08:55)しました。noteデザインされている沢登 達也さんの UI Crunchのスライド「noteの過去と、今と、これからのこと。」 ■...

Jリーグ地方クラブとITベンチャー出身の自分がマッチする理由

ガイナーレ鳥取にジョインしてもう少しで1年。鳥取に来た理由は「ITベンチャーをやめてJリーグの地方クラブを選んだ理由」に投稿しました。それからこれ...