自分がこの世にいていいかどうか
を確かめに55歳で測量に出た伊能忠敬(先日の『yes!~明日への便り』)。母を失い父に裏切られ11歳で放浪に出た彼は僧に数学を習い、才を買われ17歳で伊能家の養子となり地元の明主となる。それでなお還暦前からの17年で日本地図を作り上げた魂に敬服。
今日の気になる言葉12320190206

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

21

川中紀行/コピーライター

広告の文章を書く仕事をしています。仕事も趣味も書くことですが、Jリーグは3チーム(清水エスパルス・ガンバ大阪・湘南ベルマーレ)を応援しゴール裏にも立ちます。 仕事における考え方と実績は当社WEBサイトで→ http://www.present-inc.com/

今日の気になる言葉123

ぴったり123文字で、できる限り毎日更新を基本に当社WEBサイトで(前世紀末の11月より)継続中です。http://www.present-inc.com/            あらゆるメディアで(インターネットを除く)、 あるいは群衆の中で出合った「気になる言葉」の解釈です。
1つ のマガジンに含まれています

コメント4件

還暦前から新しいことをやる、見習いたいと思う57歳です。
伊能図の本物を見に行きたくなります。
優まさるさん
私、この番組で55歳から、しかも約200年前の55歳から全国の測量の旅に出たことを知りました。まさに想像を絶します。改めて、敬服。
杉山 コウジ(Bridge)さん
バックグラウンドを知りつつ、その功績を見れば感慨もひとしお、でしょうね。
千葉に記念館があります。改めて、敬服。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録