AIと3Dプリンターと未来

AIと3Dプリンター

ある記事を先日見に目にしました、それはAIと3Dプリンターでほとんどのものが必要なくなっていくと言うことです

あと数年経つと、コンビニに3Dプリンターが置かれるようになり欲しいものをデータだけを持っていくとその場で3Dプリンターが作ってくれるキャラクターグッズでもデータ1つで作ってくれるようになるんです
実際の自分が欲しいものがコンビニでデータを打ち込むだけで買える素

もっとみる

僕がnoteをやめられない理由:文章を書くのが好きだから「全能感」

僕は文章を書くのが好きです。

生きがいといってもいいくらいです。

どうして文章を書くのが好きか?

それは、「自由」つまり、「全能感」というものを味わえるからだと思います。

文章は一方通行なので、「趣味」でやる限りはどんな文章でも構いません。

いくらでも好きなことを書けます。

それが、僕がnoteをやめられない理由です。

食べるの楽しすぎるだろ!!!
人生の生きがいなんやけど!カッコいい体を取るか食事をとるか...
より多く食べるために今日もトレーニング!

ホームページ開設と最近の嬉しいこと発表

食べ物を無料で売るビジネスの進展をご報告します。

まず、ホームページを開設しました。
こちらです。
https://r.goope.jp/keton

これから法人登記をする予定で社名を検討中なので独自ドメインは取得ていませんが、このサイトが公式サイトです。

目次
・何故ビジョンが大切なのか。
-1 お金の価値が下がっており
-2 お金のためだけには働けない
-3 個人では目標や生きがいを持

もっとみる

未来を見て

こんばんはレオくんです今日はですね皆様に未来を予測しようと言うことをお伝えします
皆さん突然ですが未来がわかったらすごく楽だと思いませんか?

例えば3年後に何があるんだろう2年後に何があるだろう1年後でも構いません何があるんだろうとそういったことが予測可能だとしたらビジネスでも私生活でもうまくいくと思いませんか?

例えば2045年には人工知能が日本日本人および人間の脳を超えると言われています、

もっとみる

好きかも、と思う瞬間。

今、私には少し気になる人がいるのだけど、まだそこまでその人を知っているわけでは無いし、好き、というか好きになりたい、という願望の方が強い気もして、自分の好きの度合いを測りかねている。そして、学生時代と比べて明らかに人を好きになりにくくなっているので、いざ、この人はいいかもしれない、と感じたとしても、深入りして傷を負いたくなかったり、もう歳なのにそんな浮かれモードはイタい、と勝手に自制心が働いて、行

もっとみる

「なりたい自分」になる5つの方法

自分を愛し、将来に希望を抱いていますか?

0号です。

今回は、

『はあちゅうの20代で
「なりたい自分」になる77の方法』

から、5つ紹介します。

自分自身、なりたい自分がよく分かっていません。というのも、どんどん変わっているからです。

3月の段階では起業をしたくて、自分のやることで色んな人に感謝されたいと思っていました。

けれど、教育実習を終えた今、自分自身がやりたいことに挑戦した

もっとみる

【私が発信し続けるワケ】

私は毎日Instagramのストーリー、写真を投稿しています。

それにはワケがあります。

私が発信し続けるワケは

①認知してもらう為 

②人柄を知ってもらう為

 ③親近感を持ってもらう為

です。

①認知してもらう為

受け身の状態ではなく、自ら発信をすることで、投稿がコツコツと作品となりストックされていきます。そして、Instagramのアカウントを見つけて下さった人が、興味を持って

もっとみる

【神崎恵さん#わたしを幸せにする41のルール】

美容業界で有名な神崎恵さん。
雑誌などで度々目にしていましたが、
初めて本を読みました。

神崎恵
1974年生まれ
美容家であり3人の息子をもつ母。
ひとりひとりに合わせたメイクやビューティースタイルを提案するアトリエ『mnuit』を主宰しながら、美容誌をはじめ、幅広い世代の雑誌で連載を持つ。
全国各地でイベントやメイク講座も数多く行っています。

今まで本を手にする事機会がありませんでしたが、

もっとみる

幸せってなんだろう?

人はこの世に生を受けて生まれてきた以上、必ず死ぬ。だからこそ、今生きている人生は何のためにあるのか、自分なりの人生の目的を持つことが大事だと思う。

僕は、人生の目的は、最後死ぬ瞬間に「いい人生だった。幸せな人生だった」と笑い泣きながら終えることだと思っている。そのためには、人生をかけて自分の幸せを最大化することが目的を達成するための手段となる。

では、自分の幸せとは何か?

僕はこう考える。(

もっとみる