長い老後を一人で乗り切る

ファイナンシャル・プランナーのコラムの中で
「長い老後を一人で乗り切るために」というフレーズがあった。

金融庁が公表したデータをもとに老後に2000万円が必要とか言われたことがあったけど、

「老後を乗り切る」
…「乗り切る」 って言葉がすごく切なく感じる。

だって、「乗り切った」後に待っているのは、ただの「死」なわけで。

死ぬのを待っている、自分では死ねないからただただ待っている、その時が

もっとみる

これからの繋がりと環境

いつまでもお世話になる事は出来ないのだが、少しずつ繋がりができてきた。私の知らなかった繋がりだ。皆何かを求めその場所に集まる。そしてその場所は個々全く知らない人達だ。

自らその場所に行った人、紹介されて行った人、ボランティアでいっている人、そして主催者、支援者色々な人が集まっている。本音を話しているわけではないと思う。個々色々思う事はあると思う。でも作り笑顔かもしれないが気を使いながらだが一緒の

もっとみる

お盆ということでこれからの墓地問題について考えてみる

お盆ということで、これからわが国で起こりえる墓地問題について考えてみたい。

わが国は多死社会とあって、今後大都市部には墓地が不足するという予測がなされている。

墓地不足の問題は1980年後半には既に露呈していた。

背景の一つには高度成長期に地方から都市部に流入してきた人たちが、定年退職を迎え、新たにお墓を必要とするようになったことにある。

都市部に生活基盤を移した人は、都内の墓地は競争率が

もっとみる

お金の価値

1000円の価値ってどれくらいでしょう?

1時間のバイト代
ラーメン1杯
珈琲10杯

1000円で買えるものって考えるといろいろあると思います。

では、

もしもあなたが無人島流れ着きました。
助けは来そうにありません。
あなたの目の前に2つの袋があり、もうひとりの漂流者とどちらか片方の袋を選ぶとします。

片方には宝石が入っています。

もうひとつには食料が入っています。

あなたはどちら

もっとみる

思い出をお片づけ。

遅ればせながらエアコンを付ける決心をしたので、うだる暑さの中 ごちゃごちゃした小物を片付けた。

思い切って捨てたが、捨てられないのが 子どもたちが小さい時作った工作やぬいぐるみだ。

これは私がお棺に入る時、一緒に入れてもらう。

死んでいたとしても焼かれるのはこわい。だから、ガラクタになってしまう品物を一緒に焼いて欲しい。私には愛おしい思い出だから。

焼いた灰は、実家の母の母の墓の前にこっそ

もっとみる

未来の日本社会の姿を、圧倒的な説得力で説いてくれる1冊。変わりゆく未来に、自分はどう変わればいいのだろうか。『仕事2.0 人生100年時代の変身力 - 佐藤留美』【書評】

佐藤留美 著『仕事2.0 人生100年時代の変身力』

本著をひとコトで表現するならば、「未来の日本社会の姿を、圧倒的な説得力で説いてくれる本」。人々がまるで他人事のようにぼんやりと捉えている日本の未来像を、数値や事例をもとに明確化してくれる。

これまで何とかやってこれた日本人が、その延長で生き長らえようとするも、それを阻む数多の事実。変わりゆく未来に、自分がどう変わればいいのか。考えるきっかけ

もっとみる

小さなシアワセ:「あの家に暮らす四人の女」

去年離婚の話が出たときから本を買うのをやめた。服やその他、自分のものを買うときは相当悩む。が、本だけはなんとなくそう悩まずに買ってもいいと勝手なルールがあったのだ。図書館に借りたり返したりしに行くのも面倒だし。が、これも面倒だなんて言っている場合ではなかろうと、図書館を利用することにした。
実際利用してみると、ネットで予約もできるし面白くなくて途中で読むのをやめても惜しくないし図書館まで歩いていけ

もっとみる

みけノート「328」稼いだお金が病院に消えていく。

月に手取り20万円稼いだお金が。医療費として月に2万円消えていくんです。

それってなんなんだろうと思って。幸せに生きていくために稼いで暮らすはずなのに。

仕事のせいで病気となり、お金がかかる。

それってどうなんんでしょうか?

精神的にやられたら、相当お金がかかります。

過度な過労、ストレスで体が弱って、風邪をひく、

そしてお金がかかる。

これっておかしいですよね。

そして、一人暮ら

もっとみる

お葬式業界勉強会:in中部会計人互助会

8月7日:名古屋屈指の「相続専門家の会」一般社団法人中部会計人互助会(CAM)にて講師を務めさせて頂きました。

ここ10数年で「終活」という言葉が定着し、老後の課題が毎日のように発信されているますが「葬儀や仏事」の詳細については消費者にとってはわかりづらいものであることは以前と変わっておりません。誰もが発生率「100%」のものであるのに関わらず「ほとんど知られていない業界です」

そんな中今回は

もっとみる

上京して感じた老後移住するべき場所とは!? 〜な話 (あ、個人の意見です)

今回話した田舎と都会の定義です。 
田舎→周りが田んぼや畑、住宅街というわけではありません。
都会→有名な都道府県の中の住宅街

どちらにもメリットとデメリットがありますね!

大学生になって絶望した事→https://youtu.be/KTLye7okJhQ