見出し画像

写真の伝統が根付くまち。


戦前の全国写真家分布図によると、すでに鳥取県には500名以上の写真家がいて、その数全国5位だったとのこと。その後も確かに、多くの素晴らしい写真家が訪れ、住み、生まれ、育っています。

もっとも有名なのは、やはり植田正治。(Google検索ボリュームより)

うえだしょうじ。福山雅治の師匠とも。


▽植田正治写真美術館。

http://www.japro.com/ueda/


※ちなみにこの美術館で毎年ライヴをしている集団、めっちゃかっこいいです。元ooioo(オーオーアイオーオー)の「OLAibi」さんによる「OLAibiアーケストラ」・・・

▽動画はこちらです

https://www.youtube.com/watch?t=42&v=D90j5CnyNcU


すみません、少し話が逸れましたね^^


その植田正治が『神』として仰いだのは、塩谷定好。

しおたにていこう。日本の芸術写真の草分け的存在ですね。


▽最近オープンした塩谷定好のミュージアム。

http://teiko.jp/


また、ぼくもお仕事をご一緒したことがあり、尊敬してやまない現代の写真家・池本喜巳さん。昨年、待望の『因伯の肖像』(2014)が出版されました。最高の仕事だと思います。

いけもとよしみ。植田正治の「弟子」。


▽池本喜巳写真事務所

http://ikephoto.co.jp/


また倉吉といえば、高木啓太郎。ぼくが小さいころから見てきた国宝「三徳山投入堂」の原風景は、間違いなく彼の、鬼気迫るような写真でした。

たかぎけいたろう。高木カメラは、現在も「土蔵そば」として営業していて、土蔵情緒をしっかりと感じられる美味しい蕎麦屋です。


ひと。アート。くらし。アート。まち。アート。

惹きつけられます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

麻田ゆういち

日本でいちばん、日本らしいまち。世界一高齢者が住みやすいまち(東洋経済)である鳥取県倉吉市にて、シニア層と若者層のイノベーティヴな交流を実現するのが目標。Trying to create the most ideal area for the elderly on earth!

鳥取県・倉吉市が選ばれる理由を探してみました

鳥取県庁によると、過去3年間で鳥取県には2,000人以上の人が移住したそうで。その魅力をぼくなりに探してみました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。