EAB’s Pay Wall ジャンル複合ライティング業者・葛西祝のnote

葛西祝の4つのブログで有料化した内容を取り扱う場 公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/ mail:kyukakukaizoudo(アットマーク)gmail.com

『スパイダーマン:スパイダーバース』ライフスタイルとメタ。もういちど物語世界を信じるために

メタフィクションってありますよね。作品を俯瞰し、物語の構造を言い当て、「この世界はフィクションだったんだ」って言いだす手法のことです。観客が物語の世界に没入し、信じることの限界を暴いてしまう、インテリジェンスに思われているやり方ですね。

でも今、そのやり方は賢いことでもなんでもなくなりました。何故かって?メタが当たり前だから。どうして当たり前なの?物語世界をもつコンテンツが、現実の生活にカルチャ

もっとみる

<隣の言語・1>淡さと残酷が入り混じる、“家族の呪い”を描いたベトナムの小説『囚われた天使たちの丘』

「だって君はずっと悲惨な話ばかりするし、君がそれに慣れっこになっていくのがいやなんだ。君はそういう話をしていても、心の中ではなんの痛みも感じてないんじゃないかな」(p.260)

これからもっと諸外国の人たちが増えていくというが、とうの昔から外国の人たちは国内で働き、過ごしている。だけど、その人たちそれぞれの国の歴史も心についてもあまり知られてはいない。

<隣の言語>はそんな物語と現実のコントラ

もっとみる

現実との境目を象徴する場所を描くマッドハウス

アニメは実写映画と違い、基本的に手描きであったり、CGを使ったりした作り事の世界である。だけど現実を緻密に描くことで、作り事を本当みたいに感じさせるものがある。たとえばジブリの宮崎駿や高畑勲の作品がそうだろう。

そうした流れを組んだアニメの中には、現実を描きながら、どこか非現実的な境目のある場所を描いている。今年注目すべきは、同一のスタジオがそのような場所を立て続けに制作しているという面白い流れ

もっとみる

写真と、莫大な情報の渦中にて trialog vol.2『ヴィジョナリー・ミレニアルズ』より

今回のエントリは価格が設定されていますが、最後まで閲覧することが出来ます。

インターネット以降のなかでも、とりわけスマートフォンに代表されるモバイルコンピューティングが浸透してからは莫大な情報量で溢れかえるようになった。それはテキスト、映像、イラストレーションなど個々の表現媒体の意味合いを大きく変化させた。その中でも写真表現に関しての変化は大きい。

各種SNSの発達により、日々に生産され発表さ

もっとみる

『宇宙よりも遠い場所』が『この世界の片隅に』『きみの声をとどけたい』と連鎖する、静かな新しいスタイル

「高校生の女の子が南極を目指す」あらすじだけみればとても地味な内容だし、プロモーション画像を見たってけっして派手なイメージではない。ところが実際には今シーズンで飛びぬけて完成度が高い。基本のデザインからレイアウト、アニメート、脚本のいずれも隙がない。(8話まで)

しかも今作が突然出来上がったデザインというわけではないでしょう。「ノーゲーム・ノーライフ」チームの作品ですが、どちらかというと同マッド

もっとみる
恐縮です。読んだ記事を忘れずにいただければ幸いです。
5

男女ロボット搭乗をセックスに捉える先にあるもの『ダーリン・イン・フランキス』

これまでにロボットもの・特撮もので男女が共に乗り込むものや、男女が揃うことで巨人に変身するものが数多く放映されてきました。で、それらはもう一つ掘り下げるとやっぱりセクシャルな印象がありますよね。それらと比較すると『ダーリン・イン・フランキス』はうすうす感じられたそれを最も真剣に掘り下げてようとしていると思います。

 

男女がいっしょになって搭乗、変身するっていうのはうすうすセクシャルな印象を受

もっとみる