最近、何を書いても何を読んでも食べログおじさんにしか見えなくなってきて、ただただキツい。

受精結果判明日。この日まで眠れませんよマジで

本日、採卵した卵子が受精したかどうかの判定日。4個中(成熟1、未熟ぎみ2、未熟1)、2個が受精し凍結となりました。

グレードは成熟卵、未熟気味ともにグレード2(グレード1〜4まであり、1ほど高い)。

細かい数値でいくと、成熟卵の方が細かい数値が高くグレード1に近かったので実は良さそうです。ただ、あくまで初期胚凍結なので今後どうなるかわからないです。

一般的に、卵は胚盤胞まで育てた方が妊娠率は

もっとみる
11

ゴナールF(皮下注射)が不要になった話【体外受精】

一般的に、体外受精では排卵誘発のために皮下注射を打つことが多いようです。

注射は病院で打つこともできますが、なにせ毎日(もしくは1〜2日おき)に打たなければならないため、ゴナールFという皮下注射を購入し、自分で腹部に打たなければなりません。

実は私も、採卵周期前にゴナールFの説明をサラッとされました。あまりにサラッとしていたので「いや、私自分で打つの怖いので看護婦さんにやってほしいです」と、こ

もっとみる

ぶっちゃけどこがいいの?総合病院、産婦人科、不妊治療専門クリニック、全部お話聞いて感じたこと

先日、名古屋最大手の総合病院にセカンドオピニオンとして初診に行きました。

私はすでに不妊治療専門クリニックで初診を受けており、本来なら病院の性質上セカンドオピニオンはNG。

ただ、そうは言っても専門クリニックは独自スタイルを貫く性質の病院が多く、「本当に大丈夫なのかな?」と不安に感じたりする訳です。

現在通院中の方の中には、同じような思いを抱えている方が多いのではないかと思います。

そこで

もっとみる
7

腰痛は【腰】はさわらない

こんばんは!

栗木 香南です♪

テーマ

腰痛は【腰】をさわらない

起きるとき・立つときに

腰痛がみられる患者様。

腰が痛くて何もする気がおきないとのこと

NRS(痛みの評価);7/10

どのようにアプローチをしますか?

痛みのある腰を揉みますか?

なぜ、

動作時のみに痛みがみられるのか原因を追究。

すると、

痛みは NRS;4/10まで軽減

患者様は

「えっ!いたくな

もっとみる

人間の見方って人によると思います。

こんばんは。

例えばサッカー経験15年ですという話を聞けば、その人物についてデブだと想定する人はかなり少ないと思います。

図書館司書になる人なら、学生時代、応援団長はやったことないだろうな。とか。

なんとなく偏見ってあると思うんですよ。偏見というか、自分が今まで生きてきた中での人生の統計みたいなもの。

まぁ人生って人殺しとか盗みや人を欺いたりしなければ好きに生きればいいと思うんですけど、イ

もっとみる

数万歩あるいても疲れませんでした☺️スムーズに安定して走りやすいです🏃🏻‍♂️

こちらの記事をお読みいただき、ありがとうございます☺️

今回は

歩き方

について書きます✒️

以前、こちらの記事を書きました🖋

その続きです。

靴を買い換えて、新しい仕事を始めてからそろそろ2ヶ月が経とうとしています👟

厳密には、足首から下は疲れますが、それ以外はほとんど疲れません。

数万歩あるいても余力があります😁

なので、歩いたり、立ったままだったりすることが多い人には

もっとみる
好いとーよ!
5

労働に縛られる日々

皆さんもそうだと思いますが仕事は殆どの人がしていますよね。

私もそうなのですが私は現在朝の6時に起き、準備をして6時半に家を出てそこから通勤ラッシュの電車で40分程揺られ待ち合わせ場所まで行き、そこから車で移動で到着するのが8時ぐらいです。

この時点で移動だけで1時間半も拘束されてます

そこから9時から仕事開始

室内で工事の仕事をしてるのですが室内はサウナにいるのかってぐらい暑いですしそこ

もっとみる
ありがとうございます(^ ^)これからもよろしくお願いします(^ ^)
7

もう疲れてきた。

やれることはやってきたけどもうめんどい。

お金稼ぎのハードルが高い。
障害持ちの私にはツラい。

バイトも落とされるし好きなことで稼ぐってのも大変だし

・・・ってことで皆さんにSOSを出したいと思います。

良かったら次の記事見てください。

おやすみzz

飲み会を怖がらない。なぜなら点滴を自宅で頼めるからさ!

自宅で点滴サービスのIVorです!

よろしくお願いします!

血液および静脈内輸液療法の使用は今や日常療法と考えられています。 私たちが今標準として認識している洗練のレベルは、何世紀にもわたる伝説、宗教的信念、疑似科学、非科学的な仮定、実験および誤りから生じています。 この記事の目的は歴史を通して非経口輸液と輸血療法の進化を概説することです。 データは、医学文献(ovid-medline)、歴史

もっとみる