楽しく生きよう!~その31~

「声を出して」

溜め込むのは、やはり心にも体にも負担
かけているものです。
いくら体力があっても、気持ちが前を
向いていないと、思うような成果を出す
ことは、困難。

では、どうすれば良いか。
私であれば、お腹のそこから声を出す。
邪気を祓うような意味合いは、全くない。

きっと、何か詰まっているものを出そう、
そのような考えだ。



他の方に、同じようにと言うと、抵抗が
あるのではないかと

もっとみる

わかってほしいこと

私はASDの傾向がある。
自閉スペクトラム症ね。
こだわり強かったり、感覚過敏だったり、
言葉の裏を読めなかったり、まあいろいろ、人それぞれ。
診断は出なかった。
社会生活において障害あんまないからという理由で。
その考えは分かる。
やからこそ発達"障害"なんやからね。
生活に障害なかったらそら障害じゃないわな。
社会福祉論だっけ?その立場なので私は。

んで、私はASD傾向あるけど診断はされてな

もっとみる

くずと破綻とスイサイドはこうして出来上がる

どうも。くずです。

ただいま午後11時。
すっ裸で
真っ白なブルーライトを浴びているけど、
セックス後の独特な倦怠感により
ぜんぜん眠れません。
カンザキイオリやマンソンを
イヤフォンから垂れ流してみて
いい感じに感化されてきたので、
ちょっとまた自殺について考えてみました。

こないだ
どっかのビジネスアドバイザーが書いた
ネット記事を読みました。
それのタイトルがこちらです。

「お前らが死

もっとみる

ぐらしあすの「1年間ブラック企業に勤めてみた」

今から10年と少し前、ぐらしあすは某ブラック企業に勤めたことがある。
ベジタブルをカットして、某企業に卸す会社。
今でも、その時のことは鮮明にトラウマとして脳にインプットされている。

初出勤の日、出社したらぐらしあすともう1名が初出勤する日だった。
しかし、もう一人は出勤しなかった。総務担当者曰く「逃げたな」と。

初めのうちは、先輩がいろいろと教えてくれて、おおむね朝の8時ころ出勤し、どんなこ

もっとみる

自分の人生をきめれない。

私はいい子だった。
成績は優秀で
真面目で
スポーツも一生懸命で

進路も就職も
自分の望みを親に伝えたら

めっちゃ却下された。

だから親の言う通りにした

しかし、心を病んだ今

自分がどうしたいのか

決めれないのだ

いや、決めたことがないから

決めることがこわい。

そして、生きることすら諦めている。

だから、伝えたい

自分の人生だ
親になんて言われようと

周りになんていわれよ

もっとみる

普遍的で虚しい欲望「ここではないどこかへ」について

先週から抑鬱期に浸りつつあるから、読むことにもいまひとつ身が入らないし他人の出す音も数倍気になる。今日は鼻をすする音に始終イライラしていた。また雑音恐怖が発症して長く続くのは、堪らない。もう堪らない。

僕は最近、アルトゥル・ショーペンハウアーに心が惹かれている。彼は「厭世哲学」の取締りみたいに語られることが多いけれど、実生活では健啖家で女好きで余程アクの強い男だったらしい。『意志と表象としての世

もっとみる

「逃げは悪じゃない」

『「学校は命かけてまで行く所でない」教育長がメッセージ』
https://www.asahi.com/amp/articles/ASM9D4G2RM9DOHGB00G.html?ref=tw_asahi&__twitter_impression=true
このニュースを拡散してほしい。
大人はこれを子供達に伝える義務がある。

以前僕は
『「逃げる動物」「逃げない人間」』
という記事を書いた。
h

もっとみる

苦しい時こそ

苦しい時こそ本性が見える

どんなに普段優しい人でも

苦しい時にでたらそれが本心

苦しい時こそ己が試される

だからこそ

見せかけではなく

小手先でもなく

普段から自分を客観視する

ちょっと頭の上から覗く感じだ

今の私どううつってるかなーて

そして

なんで今苦しいんだろう

何がこんなに私を苦しめるんだろうって

深掘りしていくと

表面じゃなくてもっと深いところの

自分に辿り

もっとみる

恋の病か

愛情が、ほしかった。
抱きしめて
好きと言って
一夜を過ごしたかった

でも、できない。

好きだったはずなのに
私は苦しめていたのかな?

子供のころの愛情を満たすかのように

その人に求めてしまったの

でも、そんな私すらも

暖めてくれる人って

この世にいるのかな

私は人をもう信じれない