こどものいのちはこどものもの

おかあさんへ

おかあさん、厳密には、ものすごい痛がりながら必死に力んでいるアナタへ。時間が無いので率直に言いますが、死ね。
ごめんなさい、こんな言い方はしたくないんです。だけど死ね。

あの、怒らないでくださいね。こう言うしかないんです。
というのも、アナタが生もうとしている私は、アナタの子供になりたくないんですよ。これは仕方がないでしょう。好き嫌いなんですから。
アナタも私も悪くありませんけど、親は子の幸せが

もっとみる

こどものいのちはこどもの

児童虐待の根絶に向けた要望書

~こどものいのちはこどものもの~

目黒区で船戸結愛ちゃんの虐待死という大変痛ましい事件が起きました。

そして過去たくさんの虐待のニュースも報じられてきました。

虐待のニュースに向き合うのは大人でもとても辛いことです。

しかし、今この時も虐待に傷つき脅かされている命があることを思うと、大人がそんなことではダメだと深く反省しました。

もっとみる

児童虐待問題を思う

最近やたらと虐待関連のニュースを目にすることが多い。

なるほど。国連お墨付きで日本は今ヤバい状態にあるようだ。

千葉県野田市で起きた栗原心愛ちゃんの痛ましい事件を思うと胸が苦しくなる。きっと皆さんも同じ思いなんだろう。

一番大切なことは再発防止で、今後このような悲惨な事件がないように、法律や制度、施設を作っていかなくてはいけないんだと思う。

具体的には

①児童相談所職員の人員補強&専門職

もっとみる

今朝は朝日が美しくて悲しかった。亡くなられた野田市の10歳の少女のご冥福を心からお祈りします。

今朝は、通勤途中に電車の窓から見える朝日がとても美しくて、「あぁ、亡くなられた少女は、この朝日をもう見ることができないんだ」と思うと胸が詰まって悲しかった。

友達と遊んだり、彼氏が出来たり、おしゃれしたり、悩んだり、喜んだり、悲しんだり、もう何一つできないんだ、近くでそんなことが起きていたんだと思うと、すごく辛い気持ちになって、日に日に悲しみが深くなっていきます。

私に出来ることはなんなんだろ

もっとみる

一汁三菜のごはんづくり。

今週末から、パーソナルシェフ養成講座というものに参加します。
http://personal-chef.jp

プロの家庭料理人。
ずーっと、子どもの時は末っ子で料理からちょっと遠ざけられていたこと、母と姉が料理が大の得意だったこと、"ヤングケアラー"だった頃に家族に食べてもらえなかった経験、そのあたりからの料理が苦手だというコンプレックスを抱えてきて、でも、食が本当に大事だという実感を日に日に強

もっとみる

小4女児虐待死といういたましいニュースを耳にして。ひとごとじゃない。自分の出来ることを考える

小4女児が父親から虐待を受けた末に浴室で亡くなって発見されるというニュースが連日のように放送されています。

このニュースを聞くたび、すぐ近くで幼い命がどんな思いをしながら奪われていったかと思うと、胸が苦しくてなりません。

しかし、これはひとごとではありません。日経デュアルの連載記事『児童虐待ひとごとじゃない』を読むと、最近ではこどもの前での夫婦喧嘩も広義の虐待に含められるそうです。復帰したてで

もっとみる

時には立ち止まり、共に歩く、伴走者でありたい。

フィランソロピー協会さんの、子どもの「貧・困」伴走者育成研修、最終回でした。

修了証をいただくようなことも久しぶりなような。
来てくださいではなく、こちらから出向く"はなえ食堂"を子どもや若者の社会的養護に繋げていきたいという目標を、皆さんにお伝えしました。
講師の皆さんや参加者の皆さんの熱意を胸に、ガンバルンバ〜♪

#こどものいのちはこどものもの #社会的養護 #食のある居場所 #アフロキモ

もっとみる

体罰も虐待も、全部許されない暴力だ。

少しセンシティブな内容なので、ちょっとつらいと思うときは、そっと閉じてください。

+++++++++++++

子どもへの体罰、虐待のニュースはつらい。見たくないし、子どもに見せたくない。どんなにしつけのためだと理由をつけても、それはすべて許されない暴力だ。

体罰やそこからエスカレートする虐待は、人の心とからだを深く傷つける。

体罰について、森田ゆりさんは次のように6つ問題点を指摘している。

もっとみる

こどものいのちはこどものもの

おはようございます。

昨日の朝投稿したnoteにのせた、犬山紙子さんのnote。

詳しい内容はこちらに載っていました。

虐待や、様々な事情により親元離れ施設などで暮らす子供たちへ、あなたは愛されるべき存在だよ、とたくさんの方々の愛を示すことのできるプロジェクトとのことでした。

悲しいニュースを見るたびに胸を痛めますが、直接何かをすることはなかなか難しい。でも、寄付という形で少しでも役に立て

もっとみる

#こどものいのちはこどものもの

昨夜、喉が痛いから早く寝よう、と思っていたけれどこのツイートが流れてきて眠れなくなってしまった。

日曜日、ちょっとしたご縁で児童虐待防止フォーラムというものに参加した。
サブタイトルは、~虐待を貧困から考える~。
虐待の因子の一つである貧困とどう向き合っていくか、といった内容だった。
貧困家庭は閉鎖環境に陥りやすいがために虐待につながりやすい(と解釈した)ということだったけれど、やはり閉鎖は魔

もっとみる