まいにちnote

あまい香りに背中を押されて。

大型台風で、てんやわんやだった三連休明けの10/15。

すこし憂鬱な気持ちを引きずりながらいつもの道を歩いていると、1年ぶりのあの香り。あまいのだけど、あますぎない、包み込んでくれるような、優しい香り。

もうそんな季節か、と思ったのも束の間、大きな爪痕を残した台風に、無防備ながら耐え抜いたそれらを思うと、目の奥が熱くなった。そして、なんとなく

「 やらねばな。 」

と思わされたのでした。

もっとみる

彼女を旅立たせる理由。

今日は「明日のライターゼミ」とツイッターで仲良くなった、ななえちゃんがうちに泊まりに来ている。冬に続き2回目だ。ちなみに会うのも2回目だ。

前回同様、たこ焼き器を持って、彼女は遠路はるばる我が家へやって来た。

一緒にスーパーに買いものに行って、たこ焼きを焼く。ふたりとも真面目なので、無言になって真剣に焼く。

今回も無事にとってもおいしいたこ焼きを焼けた。

完璧だ。

お腹がいっぱいになった

もっとみる

夏休みの予定を立てよう。

こうして30分でnoteを書く時間くらいしか、じぶんと向き合う時間もない。なんだか情けないけれど。なので、夏休みの予定を立ててみようと思う。

大人、30歳の夏休み。お盆休みが今年は長い。

休みの前半は個人でしてきた取材の音声を文字起こしするつもりだ。録音した音声を聴きながら、それをPCで文字にしていく地味な作業。でも、結構すき。

話している間にはとりこぼしていた言葉がきらきらして見えたりして

もっとみる

noteをはじめるひとのために、わたしができること。

今度8/6に、オンラインサロン「5歳サロン」のイベントにわたしが登壇する。というか自らイベントを立てた。その名も「noteをはじめよう!会」。まだnoteをはじめてない、あるいはアカウントはつくったものの書きはじめられていない、というひと向けのイベントだ。

なんのひねりもないタイトルでコピーライター的な要素はひとつも見受けられないけれど、まあいいよね。きっかけはこのnoteに書きました。

最初

もっとみる

お花のブランドをつくります。

こんばんは、くりたまきです。

まだなんにも決まってないけど、言いたい。わたし、お花のブランドをつくります。

近所のいつもお花を買っているお花屋さんに仕入れなどをしてもらって、わたしがプロデュースします。

どんなカタチでみんなに届けられるのか、どういうやり方があるのか。予約はどうするのか。配送はどうするのか。まだ手探りで、店主さんと話し合いを重ねている段階だけど、わたしはブランドをつくるよ。

もっとみる

ただ毎日noteを更新するだけじゃ。

これは、個人的な思いなので、そうじゃないひとにケチをつけている訳ではないことを先に言っておきたい。なんてクッションから書きはじめてしまった。大丈夫か。

わたしは120日noteを更新し続けてきたけれど。決めていることがある。

Twitterで書けることは、Twitterで書いていればいい。

noteだからできることをしたいと思うし、ただ日数を稼ぐためだけの投稿はしたくない。(じつはじぶんの誕

もっとみる

旅の意味を振り返ったら。

東京に帰ってきて、仕事をしていると、1日が過ぎるのがあっという間だ。

じつは仕事が立て込んでいて、先週の金曜日に有給休暇が取れるか、直前までそわそわしていたのだけれど、なんとかなって、行くことができてよかった。

旅のあいだも、noteを更新してきた。スマホでちまちま書いていたので、トップ画像がまだついていなかったりするけれど、あとで少しだけ修正しようと思う。

【一日目】
https://no

もっとみる

新しい習慣、はじめました。

こんにちは、GOTOです。
今回のnoteでは、僕の長年の課題である、「習慣」をつくることへの挑戦をご紹介しようと思います。

・「習慣」への挑戦の軌跡

僕の記憶で、最初に習慣への挫折を感じた場面は、「早起き」です。
僕の人生は、早起きとの長い闘いである。といっても過言ではありません。

中学生時代、僕はサッカー部に所属していて、平日は毎朝7時30分から朝練がありました。家から学校までは、1.6

もっとみる

7/28 大阪の旅、3日目。

朝、通天閣を横目に宿を出て、奈良を目指した。

今日訪れたのは、とくべつな場所。大神神社。

大阪に住んでいたとき、奈良がいちばんすきだった。刺激的な大阪でも華やかな京都でもなく、奈良。のどかな雰囲気が、ふわっと心を解きほぐしてくれる。とくに大神神社は、奈良県の中でも別格。

はじめて訪れた数年前の夏の日、鳥居をくぐった瞬間にひんやりとした感覚に包まれたときから、大神神社に魅了され続けている。もし

もっとみる

7/27 大阪の旅、2日目。

朝起きて、昨日のインタビューで聞いた、いろんな話が、ふつふつと小さな泡みたいに浮かび上がってきて、断片的によみがえる。

誰かにインタビューするって、話を聞くって、相手が話してくれるって、すごいことだ。それを逃さずにキャッチできている自信がまるでないので、これから録音データを聞いて、ひとつの世界を編み上げる。

朝、時間をもらって、またひとと会った。以前、大阪に住んでいたときの知り合いだ。会話、録

もっとみる