アジカン俄かでして

アジカン熱が再燃したのは、彼氏に振られてからだった。それまでは独り暮らしになってからずっと1人でも大丈夫、と生きてきていたはずなのに、急にぽっかり心に穴が空いてしまったようだった。

この虚無感を早く埋めたい。

そんな思いが当時はあったと思う。彼が好きだと言ったアジカンの曲を聴けば少しは、この気持ちが収まるような気がして、通勤中に聴き始めたのだった。

振られてから半年後だったと思う。Bestア

もっとみる

この1年間でよく読んでもらえたnoteたち

100記事目。ここ1か月、急にいっぱい書いてたのはnote書き始め1周年の今日に100記事目を間に合わせるためなのだった。この1年間で読まれた数の多いのを10個載せたこの投稿を、1年の記念碑noteとする!view数トップ10。

⑩『こぐま座α星より愛をこめて~Base Ball Bear『ポラリス』 』(2019.2.2 投稿)

新譜を聴くのを先延ばしにしがちだからディスクレビューは書きづら

もっとみる

間違えたアンサー

夏休み前夜だ。
こんな時間だがまだ寝ていないのでギリギリ今日だ。まだ夏休み前夜なんだ。

ワクワクするね。
社会人にもなってこんなことを言うと可笑しいのかな。
ただの長期休暇なんだよな。
でも夏休みって大人にだって特別だ。
みんな浮足立っている。確かに夏のはじまりを感じるんだ。夏の日、残像。

景気づけにお酒を飲んだ。
お酒を飲むと気持ちいいな~。あぁ~。
気持ちよくて狂っちまいそうだ。あぁ~。

もっとみる

扇風機やスダレの時季だけのプレイリスト

夏の終わりのプレイリストというのを作ったのだけど、こうも毎日暑いと夏真っ盛りを乗り切るための音楽も要るなぁと思い作った。24時間、寝苦しい夜も、動くことすらダルい日中も、なんとか彩りを添えてくれる曲たち。

1.The SALOVERS「夏の夜(mindless ver.)」[AM1:00]

若くして散ったロックバンド、夏の名曲。サカナクションの山口氏が絶賛した曲としてもちょっと有名。水木しげる

もっとみる

もう一度、みんなで「虹」を見上げよう。僕たちとELLEGARDENの物語は続く。

最高なニュースが届けられた。

ASIAN KUNG-FU GENERATION、ストレイテナー、そしてELLEGARDENによる対バンツアー「NANA-IRO ELECTRIC TOUR 2019」が、10月から開催される。

3バンドの対バンが実現するのは、なんと約15年ぶり。

ELLEGARDENの復活によって再び動き出したのは、メンバー4人の物語だけではない。ゼロ年代の日本のロックシーン

もっとみる
最後までお読み頂きありがとうございます。とても励みになります!
23

ASIAN KUNG-FU GENERATIONになんてなりたくない

「絶対にアジカンみたいになろうね」
 あの日、池袋のカラオケボックスで、興奮ぎみにそう口にした私に、彼女は言った。
「アジカンになるんじゃない。アジカンを超えるんだよ」

 私はASIAN KUNG-FU GENERATION(以下、アジカン)というロックバンドのファンだ。20代から30代の大部分にはおそらく通じるし、それ以外の年代でもひょっとしたら知っている人がいるかもしれない。結成20年を超す

もっとみる

どんなに特別な瞬間だったか僕に語らせてほしい

なぜか、彼らはこのステージを"ツアーファイナル"だと言った。
それほどきっと、特別な想いでそのステージに立ったのだろう。

誰しも一度は比喩的な意味で夢の舞台に立ちたい!とか、物理的に人前でステージに立つという経験があるものだが、ずっと立ちたかったステージから見える景色はそれぞれ違って、そこに立った人にしかわからない。

しかし、ただはっきりとわかるのはこのバンドとリスナーにとって、ひとつの"到達

もっとみる

フジロック配信・アジカンを見た

フジロックは2日目、7/27 16:50からは
誠にありがたいことにアジカンの配信があった。

後藤さんがSpotifyで発表したプレイリストによると
セットリストは以下の通り。

1. 君という花
2. リライト
3. 復活祭 / Easter
4. 荒野を歩け
5. 君の街まで
6. 今を生きて
7. UCLA
8. センスレス
9. スタンダード / Standard
10. ボーイズ&ガー

もっとみる

ここが解放区~7.12 ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019「ホームタウン」@福岡サンパレス

2018年12月リリースの9thアルバム『ホームタウン』、レコ発ツアーの福岡公演その2。3~4月はライブハウス編で各地にゲストに迎える形式。そして5月以降はここ数年のアルバムツアーではお馴染みのホール編である。個人的には4月のZepp Fukuoka公演以来3カ月ぶり。アジカンの長尺のライブをこんな短い期間で観れることなんて地方では滅多にないため、スケジュールが発表された時はとても舞い上がってしま

もっとみる

☆173「異化とは貴方を、生かすこと、イカすこと」

「25年ぶりに東大の大学院に通っていて、スプツニ子さんの講義を受講している。その講義の名称は『問いを立てるデザイン Design to Qustion our Future』かなり刺激的な講義だ。そんな講義を受けて僕なりにデザインした問いを立てたいと想う。題して『異化とは貴方を、生かすこと、イカすこと』

1「異化の行為」inspired by【運の技術】

みなさん、異化という言葉をご存知ですか

もっとみる