ウルトラ

【レモネードスリーパー( )の( )!!】

(1)

タナカカツキさん原作のドラマ『サ道』を配信で。全体的に放送作家出身の脚本家さんを使っている印象。私的には、せきしろさん原作のドラマ『去年ルノアールで』をエモーショナルに思い出した。両作品とも、超々超絶ウルトラオススメです!!

『ジャーナリスティック×ギャガーズ』の方も、よろしくお願いいたします。
6

ゴールの仕方〜Brisbane Trail Ultra編

Run boys! Run girls! のブログが話題になってたことで、それに便乗する体験記です。

 7/9、千葉の船橋駅で起きた人身事故の影響で、乗ろうと思っていた成田エクスプレスが大幅に遅延。京急を使って千葉を抜け、東京をやり過ごし、神奈川の自宅まで向かう長い車中を利用して、連続ツィートした内容を補足しながら追記します。

 ブリスベンの中心部から10kmほど離れたナショナルパークを舞台

もっとみる

【初日の出と走り初め♡】

明けましておめでとうございます!

今年も家族で初日の出を見に行きました♪(行きは車で行って帰りは3km走り初め♡)
午前7時前 −3℃  @千葉北西部、快晴の空に素晴らしい初日の出、今年の目標を誓いました☆

昨年は、一人箱根駅伝往路踏破、
富士五湖118kmチャレンジ、
富士山登山ルート3776チャレンジ、
神宮24時間走ハンドラーチャレンジ、
旧日光街道150km踏破、
電子書籍初出版と
D

もっとみる

vol.32「偉大なるマンネリ」(『ウルトラマンが泣いている』円谷英明/講談社現代新書/2013年刊)

vol.32「偉大なるマンネリ」

みなさんこんばんは。

仙台は多少、冬っぽくなってきました。
雪が降らないのは退屈ですね。

僕が小学校のころは、かまくら作れるくらい降ったものですが。
あれは幻覚だったのでしょうか。

いずれにしろ、近頃は図書館にこもってばかりなので、寒さに直面する必要もありません。
無敵の暖房装置がついています。

文明とはすごいですね。
嫌なものはどんどん遠くにいく。

もっとみる

人間の限界はどこにあるのか、走る事から見えてくる事

録画していたTJAR(Trans Japan Alps Race )2018を見た

日本海:富山湾から太平洋:駿河湾まで415Km
北アルプスから中央アルプス、南アルプスを8日間以内に踏破する

絶望的な距離と標高に挑む30人の物語

睡眠や休憩はほとんどとらない
酷使され続けた肉体が悲鳴をあげる
それでも選手たちは走るのをやめない

幻覚や幻聴が出てもそれでもなお先へ進む
人間の限界は

もっとみる

1980/01/07 ウルトラの怒りにはただ驚いた

マガジン『17歳の日記』では、1980年に夫が書いた日記に妻が読んだ感想と挿絵を添えた絵日記を更新しています。

昨日の日記では、和やかな
新年会を楽しんでいたバレー部ですが

今日は顧問の先生が
かなりお怒りのようで...

1月7日(水)雪

朝起きて外を見てみると、ナナント白一面の世界になっていて、それでもまだ大粒の雪が降り続いているのではないか。

最終的には昼ごろまで降り続いた。こんな昼

もっとみる

【毒を知れば】

先日この写真のオブジェを見ました

ヤノベケンジさんの「ウルトラ-黒い太陽」
という作品です
なんとも毒々しい作品です

僕達も生きていれば
色々と毒を吐かれるものです

不安、恐怖、批判、無視など
色々な形の毒を受けます

毒を受ければ苦しいですが
毒に対して回避するも
免疫をつけるもその人次第です

僕自身は小さい頃
汚い言葉をたくさん使っていました

自分が汚い言葉を使うことで
毒を受け止め

もっとみる

ヒーロー見参

僕はウルトラの父と母の

子供として生まれた

ヒーロー養成学校に入学し

なんか違うと思いながらも

主席で卒業した

そしてデビュー戦

イカロス星に現れた怪獣を瞬殺した

でも僕の心は

違和感で満たされていた

そして次の任務

バタービール星で荒れ狂う怪獣

僕は奴の目の前に立ちはだかった

怪獣の名前はニャロ

奴は僕を見て不敵に笑った

僕も奴を見て微笑む

二人の間にある感情が芽生

もっとみる