サンドウィッチのお兄さんから学んだ寛容の心

留学先の大学内スーパーでアルバイトをしていた時のこと。ドリンクの棚の前を通りがかったとき、アフリカっぽい訛り(単語がスタッカートがついてるみたいに短く発音されるイメージ)のお兄さんから声を掛けられた。

Sandwiches?

…私にはそう聞こえた。

視線を落としたが、お兄さんの差し示すそれは円柱形のアルミ缶。

―いいえ、それはエナジードリンクです。

いやでもまさかそんな質問な訳ないだろう

もっとみる

街中を歩くのも楽じゃない

エチオピアの任地で街中を歩いていると、よく手が伸びてくる。

日に1度くらいは、物珍しい外国人に触りたい人に出くわしてしまう。

腕を掴む、首の後ろを撫でる、肩を叩く。伸びてきた手を瞬時に避ける私の姿を笑う。

もちろんこちらは楽しくないので、出来ることはする。30℃と暑いなか、長袖のパーカーを着る。直接触られるよりはいい。前を見つつ、目の端で左右の確認と後ろの気配を感じとる。前職で他店の価格調査

もっとみる

KAIZENのチカラ

配属先や私の周りのエチオピアの人々によく知られている日本語に「KAIZEN」がある。

あのトヨタのカイゼンだ。

エチオピアでは2009年からJICAがカイゼンプロジェクトを行っていて、エチオピア カイゼン機構(ETI: Ethiopia KAIZEN Institute)もある。プロジェクト開始からまだ10年くらいなのに、とても広まっているようだ。

今までにも、誰かが事務所を片付けたら「ほら

もっとみる

【読書メモ24】「なんとかする」子供の貧困

今回の本はこちら↓

大学院で主に日本の外の「開発と教育」について学んでいたのだが、日本はどうだろう?

貧困には2種類ある。絶対的貧困と相対的貧困だ。

絶対的貧困:人間として最低限の生存を維持することが困難な状態
相対的貧困:その国の文化水準、生活水準と比較して困窮した状態
(引用元)

この本で語られているのは、このうちの相対的貧困である。

院時代、課題の調べものをしていたときだったか。あ

もっとみる
00:00 | 00:30

ステラジ88【おいテディ】
ステキなアシストを目指す情報ブログ『ステキアシスト』のラジオ。
通勤時間、お掃除の時間、睡眠前のリラックスタイムなど…
あなたの”ながら時間”を30代のリアルが楽しく彩ります。

【今回のステラジ】
・アフリカから帰っての初収録
・第30回ぶりの3人収録
ムニエル初登場の第30回はこちら
https://note.mu/suteasi/n/n90ac12c855d2

もっとみる

協力隊合格から1年。募集に対して思うこと。

私の記憶が正しければ、1年前の今日が協力隊2018年春募集の合格発表だった。

そこからあれよあれよと言う間に怒涛の修論追い上げと提出書類の山をこなし、技術補完研修を受け、二本松での訓練を経てもうエチオピアに来て半年過ぎてるんだから、なんか感慨深いものがある。

今日の記事はこちらにインスパイアされたので↓

yukiさんはセントビンセントのマーケティング隊員さん。毎日更新してるのに話題が深掘りさ

もっとみる

アフリカ発のリバース・イノベーションの可能性について考えてみた

この投稿は東アフリカにあるエチオピア・首都アディスアベバの友人宅で書いている。SolveITというエチオピア最大のビジネスプランコンテンストの審査員としてJICAに招聘頂いたためだ。弊社カウンターパートナーであるiCog Labsが米国大使館、JICAとともに運営している。

本noteでは審査員をしていくことで気づいたことをまとめていきたい。テーマはリバース・イノベーション。この言葉をぐぐると色

もっとみる

鍋キューブは最高。

海外で生活するにあたって、食の問題はおおごとである。

忙しい日々を過ごしたり、あまり充実していない設備で料理をするような場合は特に。

今は青年海外協力隊員としてエチオピアにいるが、その前はイギリスで2年予備校生&大学院生をしていた。おかげで自分に必要な日本食は大体分かっている。

海外行くなら、私はまず鍋キューブを持っていく。こんな便利なものを開発して頂いて、味の素様に感謝しかない。回し者では

もっとみる

「子供だからクリエイティブ」?

「子供は大人よりもクリエイティブだ。」

これはよく聞く文言だと思う。

でも子供だから皆クリエイティブかと言われたらそれは違うかもと思うようになった、というのが今回のnoteである。

考え始めたきっかけは今月頭に行った子供向けのワークショップ(WS)である。テーマは「仕事を知ろう、将来の仕事を考えよう」。

内容(しれっとトップ画変えました)↓

感想・考察↓

最初にWSをやろうとしたとき、

もっとみる

仕事を知ろう、将来の仕事を考えよう

8月に2回、エチオピアの10代前半の子供向けに行ったワークショップ(WS)のテーマが今日のタイトルである。

WS開催の経緯と1回目の私の感想・考察はこちらから↓

今回は前回後回しにしていた内容について。

目次
アイスブレイク
ジャック・マー物語
モチベーションVTR
職業人生ゲーム

アイスブレイク

まずは場の空気を和らげる為のミニゲームを。背中にお題の文字を書いて伝言していくゲームを2題

もっとみる