エリクソン催眠

エリクソン催眠の言語部分

世の中に出回っているエリクソン催眠の本は難しいです。わざと難しく書いてありますよね。そこで超簡単に説明します。
 まずは催眠誘導ですが、その本質は「混乱」と「散りばめ」だけです。

1.混乱(confusion)
  混乱により意識を停止させ、無意識主体すなわち催眠状態にする。
  混乱により催眠誘導する手法は、瞬間催眠で良くみられる。
  混乱させる手法が下記である。

ブラフ(bluff)
 

もっとみる

【催眠講座】エリクソン

エリクソンと言えば
1.一般的に有名なのはエリク・エリクソン(1902~1994)
2.催眠の世界ではミルトン・エリクソン(1901~1980)
ネットで調べて、ごっちゃになった方もいることでしょう。

 エリク・エリクソンは発達心理学者で、アイデンティティという哲学の言葉を心理学に持ち込んだ人です。
 一方のミルトン・エリクソンは、後にエリクソン催眠と言われる手法を築き上げた人です。
 いずれも

もっとみる

覚醒時も暗示は入る

先ずは上図の右端の説明です。催眠療法のときの意識/無意識構造です。 意識には、意識の部分(前頭連合野)と無意識の部分(前頭連合野以外の新皮質)があり、意識の意識部分は治りたいと思っていても、刷り込みに支配された意識の無意識部分は、実は治りたくないと思っています。
 もちろん刷り込みは、治りたくないと刷り込まれているので、治りたくないと思っています。
 いのちは「生きたい」ので、治りたいと思っていま

もっとみる

【催眠講座】無料講座のお知らせ

9月15日に古典催眠術講座初級を開催しますが、今月は無料です。それなのにエリクソン催眠の話をして、エリクソン催眠誘導法も教えます。もちろん古典催眠もしっかりやりますよ。
 新規の方がいないので、今はまだ開催が確定していません。よろしくお願いいたします。

エリクソン催眠の仕掛け

これを読み始めたのですが、エリクソン催眠のテクニックって、ブラフとサトルティとエキボークなんじゃね? と思い始めています。

ブラフ(bluff)
 はったり
サトルティ(subtlety)
 巧妙、奸計、悪だくみ
エキボーク(equivoque)
 あいまいさ、両義性、多義性

 全部マジック、メンタリズムの用語なんですけど、こう言うと真面目にエリクソン催眠を研究・実践している人たちから怒られそ

もっとみる

【催眠講座】エリクソン催眠の秘密②

いきなり②なのは、昨日のequivoqueが①だから。
 エリクソン催眠では、あいまいなことを聞かせ意識を混乱ないしは退屈させたり、小さいころの話をさせてイメージ主体にさせたりして、患者の意識を飽きさせる、疲れさせる、して無意識優先すなわち催眠状態にします。
 どんなにつらい精神状態でも多少は寝るように、上記のやり方だと(時間のかかり具合はともかく)必ず催眠状態になります。
 患者は治りたいという

もっとみる

【催眠講座】equivoque

equivoque(エキボーク)はもともとフランス語のéquivoqueで、あいまいさ、両義性、多義性という意味です。でもマジシャンやメンタリストは、メンタリストのマックス・メイビン(Max Maven)が用いる言葉のトリックとして理解しています。
 催眠の世界でもこのequivoqueが使われています。エリクソン催眠での利用が有名です。例えばダブルバインドです。でも実は古典催眠でも用いられていま

もっとみる

「無言」という催眠暗示を使うためのヒント

無言は使い方によって、強力な催眠暗示になり得るもので、そのためにはノンバーバル(非言語)を利用することが大切で、ノンバーバルの使い方が上手くなると催眠誘導が上達します。

・無言という暗示
・エリクソンの無言
・関係と状況
・ノンバーバル
・目線や表情
・身体の動き
・緊張は伝わる
・リラックス

無言という暗示

暗示はことばを話すことと考えられがちですが、場合によっては"無言"が暗示になり

もっとみる

催眠は印象操作術であり状況構築術である

催眠に必須な暗示を機能させるためには印象と状況を変えることが大切で、言い換えれば、催眠は印象操作術であるし、状況構築術と言える。

・催眠に掛かる環境
・催眠の要素
・意識の変性と暗示の作用
・誰からの暗示か
・古典催眠とエリクソンの催眠
・どんな状況での暗示か
・オチの一言
・印象も状況も作れるもの

催眠に掛かる環境

人が催眠に掛かるには、その人が催眠に掛かれる環境が整えられていることが

もっとみる

暗示文の可能性

古典催眠の場合,暗示文は催眠誘導文とは異なり,強めに命令調に言うことが多いです.「一,二,三で指を鳴らすと,もう立てません」「一,二,三(パチン!)もう立てない!」とかそんな感じです.そしていわゆるエリクソン催眠の場合には「立てるかもしれないし,立てないかもしれないし,でももう立てなくなっているかもしれません」「いずれにせよあなたが決めることです」みたいな感じになります.
 上記二つと異なる暗示の

もっとみる