オピオイド系鎮痛剤

痛み止めのススメ

みなさんこんにちは! Naonardo です。
暑い日が続いていますがいかがおすごしでしょうか?

今日は
「痛み止めなんて、ただ痛みを止めるだけでしょ?
治療効果なんて無いし、それなら我慢した方がいいのでは?」
と思っていた私の話です。

そして、薬物の乱用についても考える機会になりましたので、その点について取り上げます。

※この記事は、何か特定の医療や治療を推奨するようなことを意図したもので

もっとみる

年間5万人 が死亡「鎮痛剤」! マイケルジャクソンも

つい最近死亡したメジャーのエンゼルス・スカッグス投手(享年27)。
★エンゼルス・スカッグス投手の死因はマイケル・ジャクソン氏と同じ? 地元紙が衝撃的な報道

 この死因として浮上したのが「鎮痛剤のオキシコンチン(オピオイド系)」の過剰摂取。麻薬のアヘン成分から作られ、効き目は100倍程度とも(汗)

 日本では、がんの強い痛みがあるときにのみ使用が認められていて、中毒万延の心配はありません。

もっとみる

"ケシ"で滅びる米国 「喜びの草」

古代シュメールの時代から栽培され「喜びの草」と呼ばれた"ケシ"。
そのケシの実を採集したものが麻薬「アヘン」。中国でのアヘン戦争でも有名ですね。

 米国で寿命短縮が著しい「貧困白人層(トランプ大統領の支持母体)」。ドラッグ中毒と自殺まん延がその原因。
 ドラッグ中毒の出発点は、オピオイド系鎮痛剤の乱用で、ヘロインへの移行者も多数。これらの死亡者数は、米国では年間数万人とも。

 製薬会社により、

もっとみる