カナブン

【遊】夜の公園でカブトムシ探し

公園の下見をした僕。
翌日の夜、カブトムシを探しに行ってきました。

下見では樹液の出ている木がなかったけれど、落ち葉がたくさんあり、ふかふかの腐葉土があったので、そこを中心に探してみた。

夜の公園はちょっとこわい。
暗いし、ウシガエル?の鳴き声がするし
どこからか人の足音?も聞こえる。

歩いていると…蝉の羽化

きれー
透き通っている

途中、小さなヘビにであったり
クモの巣も綺麗だった

もっとみる

プシュ、プシュ…プシュ…。まぢ初めて聞いた、こんな音!エアガンみたいな空気音。 いやナニ、今日のお昼間。ひっくり返り、6本足で宙を掴み続けていたカナブンに。指レスキューを繰り出したらば!光沢ボディのどこぞから驚きの空気砲!? 近くで猫がクシャミしてるのかと思ったほどの、大音量!?

受粉

*本編すべて無料でお読みいただけます

村上くんに彼女がいることを知ったのは、ふたりとも早番上がりで「軽く飲んでく?」と寄った先のバルのカウンターで、どの動画配信サービスを契約しているかをお互いに言い合っていたときで、村上くんが「僕はアマゾンプライムと、Huluと……あとNetflix。や、Netflixは彼女のか」と言ったそのときだった。

なんだ彼女いるのか。

口には出さなかったけど、それに

もっとみる

団塊の世代ジュニアの少年時代(残酷編)

我々世代は残酷であった。やたらと生き物を殺して遊んだ。親がこんなだからかもしれないが、うちの子供二人(現在小6男と小3女)は田舎に住んでいるのに生き物が苦手。息子とは夏になると家のそばの街灯によく、クワガタやカブトムシがくるので、夜散歩がてら取りに行くのだが(この場所は知っている人の間ではヒット率高いらしく、家を出ると、車が止まっていることが多々ある)、虫をつまむのが苦手。ようつままんのなら取りに

もっとみる

🆙『 プラスチック…』
http://ameblo.jp/kayaori-saraki/
http://ameblo.jp/atelier-saraki/

カナブンとは、わりと仲よし。今日も1匹寄ってきたので、しばし戯れ。脱力したわが指の下にグイグイ…グイ!いやコレ、ちっこいガタイから感じる圧はブルドーザー級!

心の飛び火は あの人の部屋までの月明かりである。

考えることをやめたら
そこで終わりになってしまう
当たり前の事だが本当の話

1年もう1年 そして もう1年
ずっと つづく 続いてくハテナの長旅

お腹が空くと 何か食べなきゃと思う

ずっと満たされてたい とかは思わないけど さすがに何か腹に入れねば と
適当に 腹を満たして さぁ次へ と。

何でも良いのです満たされれば
インスタント麺でもパンでも何でも

だらだら食べれないからパパッと

もっとみる

✒『SARAKI's 1.618 BLOG』✒
★おかげさまの連載6年!★
http://s.ameblo.jp/kayaori-saraki/
┗🆕『クレープ・マジック』
毎年、必ずカナブンが体のどこかに着陸します(笑)カナブンに好かれる体質の模様。今年は、腰に着陸🐞~~