広報ふちゅうご招待締切のお知らせ

この度、次回の定期演奏会開催に向けて府中市の広報誌:広報ふちゅう令和元年8月11日号の「ひろば」のコーナーに「先着100名様無料ご招待」とご案内させていただいたところ、大変多くのご応募をいただきました。ありがとうございます!!

おかげさまで定数に達したため、締切とさせていただきます。

なお、引き続き前売り券の販売は行っておりますので、チケットご希望の方はぜひこちらをご利用いただきますようお願い

もっとみる

第30回記念公演チケット絶賛発売中

大型の台風が近づくということで各所に色々な影響が出ておりますが、みなさま、いかがおすごしでしょうか。

ども、そんなわけで私が、お盆休みが潰れてしまったコンマスHです。世間はお盆ですね。おかげで都内は空いています。ちなみになんで私のお盆休みは潰れてしまったかというと、私は自営業なのですが、緊急の仕事が入ってしまったからです。仕方ありません。お盆も働いてるみなさん!がんばりましょう!!

さて、no

もっとみる

脚を横から後ろにグランロンデするときには、軸足側のワキが前に送られるイメージで

2016年4月12日

足をアラスゴンポジションから、アラベスクにグランロンデするとき、
脚だけで何とかしようとして、軸足がグラグラ、がくがくしてしまう。
特にグランロンデジャンブのようなダイナミックな動きは、
必ず全身を同じタイミングで使うことを意識する。

足を横から後ろに回すときには、足の付け根を基点にして、
胴体は反対側の動きをする、つまり軸側のワキを
脚と同じタイミングで前に送るように意

もっとみる

舞台とメルマガが一緒!?

マシュー・ボーンの『白鳥の湖〜スワン・レイク』を観てきました。

マシュー・ボールが主演の回です。
監督とダンサーの名前が似ていてややこしい・・

クラシックバレエやモダンバレエに興味ない人でも、スティーブン・ダルドリー監督の映画「リトルダンサー」(2000年)は観たかも!

チャイコフスキーの「白鳥の湖」が鳴り響く映画のラスト、成長した青年が舞台に走りでて大ジャンプするところで終わるという、シー

もっとみる

手足に体をとられない。付け根を体の中心に常にひきつけておく

2010年12月9日
「野球をやるときに、球を投げるイメージは手は外に引っ張るが、
腕の付け根はあくまでも体に引きつけておく感じだ。
ムチを遠くに届かせるためには、ムチを握る手を離さないでおく力が必要。
投げる時、前方に向かう力を与える時、必ず肩の付け根に反力がかかる。」

グランバットマンで脚を放るとき、足の付け根は放る力と同じだけ、胴体に引き付ける。
例えば、ソテなどでポールドブラを外に拡げる

もっとみる

頭は体のパーツの中でおもりになるーバレエにおける美しい立ち方ー

2010年12月9日

「頭は体のパーツの中でおもりになる。 

頭を後ろに下げ、背中で支えるようにすると
しなりのバランスから足の付け根が自然に前に出る。
ただし、お腹はひらかない。あくまでも」

フェリ、ボッレ&フレンズ【Bプロ】

“Bプロでは、巨匠ジョン・ノイマイヤーがイタリアの有名女優を題材に、フェリを起用して創作、彼女の復帰作の一つとなった『ドゥーゼ』より、「フラトレス」を上演。ノイマイヤー自身が来日して監督、指導に当たり、彼が選んだハンブルク・バレエ団のダンサーたちがフェリと共演します。そしてフェリ、ボッレとの共演でなじみあるマルセロ・ゴメス、メリッサ・ハミルトン、上野水香に加えて、バレエ・ファンから厚い信頼を寄せら

もっとみる

グランジュッテのコツ

結構前にリクエストがあったので書いてみます。
結構ジュテという表記が多いですが、発音的にはジュッテなのでこれでいきます。笑(恩師はジェッテと言う)

グランジュッテは片足で踏み込んで反対側の片足で着地するジャンプの事です。
バレエレッスンでは最後の方にでてくる大きな技なので体はだいぶ温まって上半身の引き上げがしっかりできている状態で行うことが大前提です。

グランジュッテはだいたい前か横に飛びます

もっとみる

足を高く上げる方法

バレエでの足上げの話です。

前横後、どこにあげるかによってストレッチする部分も鍛える部分も違うのですが今回は前(ドゥバン)の話をします。

前に上げる場合、伸ばすのは主にもも裏(ハムストリング)、キープするのは軸足(アンディオール力)、体幹、腸腰筋です。

まずは上げたい高さまでストレッチすることができなければキープはできませんので、ストレッチが先ですね🤸

おすすめのストレッチはバーに足を上

もっとみる