クリエイティブディレクション

衣替え間近な秋日、夏名残な金魚すくい

日本伝統や春画文化を書いているライターさんと金魚すくいもできる「金魚坂」で和食ランチ、豚の角煮の美味しさに堪らんと思った週末。
10月1日から制服が冬服に衣替えされるこの時期に、夏名残の金魚すくいをしました。ずいぶんかなり久しぶりに小さな子に混ざって、すっごいたくさん(10匹程度)金魚をすくってしまい、羨望の眼差しを受けながら「ねぇちゃんすごーい」と羨ましがられてしまい照れました。久々にとてもモテ

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
1

ナラティブ・ストーリーはキラキラ、ヒリヒリだけじゃない

飽きもせずデザインを考えるとき「何が起点なんだろう?要望を丁寧にヒアリングすることやデジタル展開、新しいことの考案も、その一つなのですが、もっと本質的なことで大切にしていることは?」ということを、後輩のディレクターの「これからもやるんだけど、どうしてもディレクターなのかな。。。わからなくなる」という言葉をきっかけに、メモを整理するように本質的な掘り下げを試みていました。

私の家族は、飲酒運転に反

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
1

コンセプトからプロトタイプまでのシンプル思考

行動パターンや集中点、優先順位づけ、どんなデザイン立案が可能か?を考えながら、自分の思考の癖を観察したり、デザイン思考の文献やデザイン関連書籍を読んでいると、依頼された時やアイデア出しの初段階で、「興味を持ち、共感することがとても大切」に改めて、そこがないと何も始まらないかも。。となりまして、その辺りのことを今回は、書いていこうかと思っています。

アイデアから改善提案で、聞き手の立場になる共感を

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
2

情報の地と図を「ヒラメキにつなげる」

企業ブランディングの再構築または部分改変と、発信する情報のためのデザイン展開法や広告施策を立案していると、ときどき難しく考え過ぎてしまい、樹海に迷い込んだのかしら?似たような解決策ばかりになってしまい、閃きや答えが見つかりません。。。ということに陥ってしまうこと、ありませんか?
そんなとき、いろんなアイデアや方向づけに応用可能な「情報編集、情報整理の基礎型」が、「地と図を変えてみる」になります。

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
3

広告デザインの人間工学的アプローチ(心理的側面)

お久しぶりです。
間が空いてしまいましたが、今回も、人間工学的なデザインアプローチの続きを書かせていただこうと思います。

今回は、「人間工学的アプローチ」のうち、心理的側面に関してです。
前回の物理的側面を知ってからの方が良いので、
未読の方は是非、先にご覧ください。

↓↓ 前回の物理的側面に関するリンクは以下 ↓↓
https://note.mu/sadamune777/n/n2135bbb

もっとみる
ありがとうございます!頑張ります!
4

クリエイティブとは判断力。ふせんトレーニングのすすめ。

こんにちは。メルカリCXO室デザイナーのcremaと申します。

CXO室(Chief Experience Officer Team)の主な仕事は「ブランド構築」「UI / UX構築」「デザイン組織構築」です。この記事では、「デザイン組織構築」に関連した勉強会のひとつ「Talk with Takram」という試みについて、ご紹介します。

Talk with Takramとは

メルカリでは、デ

もっとみる
ありがとうございます!
250

伝統芸能と新しさがキラッピカッ。光る場所

もうすぐ日本の夏が終わりそう

日本橋にある福徳神社や薬祖神社付近は、風鈴や提灯で日本の夏が演出されています。風が吹き、風鈴がとても涼やかな音を奏でてました。

日本のように季節の移り変わりを肌で感じられると、友達や仲間、一人で過ごした時間を、着ていた服装や日本人特有の虫の音色を聴く感覚も一緒に思い出し、なんともいえない気持ちになります。心模様を観察する楽しさがあるかもしれません。写真は、昨夜の福

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
5

情報をデザインする型:構造の硬さと柔らかさの直感を合わせていく

私の仕事は、依頼いただく企業などから ふんわりした要望をヒアリングして、ゼロからイチと1から10を整理、分類、方向付けしていくことから始まります。
依頼側だけでは解決が難しいけれど、なんかいいなぁ、面白そう、楽しそうという客観的な視点から、直感が動き始める最初のポイントを大切にしています。
上記の写真は、鉱物好きで自宅にある鉱物に私の思考パターンを視覚化してみた画像です。

意識と無意識の整理

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
6

先入観をなくした中立的共感型傾聴のススメ

あれ? なんか方向ズレてる? こんなときどうしますか?

エスノグラフィー的観察をしていると、社内に限らずディレクター同士の悩みで、解決策模索中が結構あったので、以前、ディレクター講座で思考法の基礎用で作成、使用した「こんなときどうしますか?」を公開します。

● 依頼側(クライアント・決済者)
相談時点:ふんわりした短期から中期的(短期寄りな中期)な要望を持っている
状況:担当者の所属する部署内

もっとみる
ありがとうございます。嬉しいです。
1

新時代における【クリエイティブ×ビジネス】について考える vol.2

めっちゃ美味しそうなインスタ映えする料理がテーブルに並んだ瞬間、スマホを取り出し角度と明るさを調節し、パシャりとした瞬間を向かいに座っていたスタッフに撮影され、その姿や指の立て具合が絶妙に気持ち悪かったらしく「ほら、みてください、大森さんって結婚難しそうですよね」って中国語で言われた大森です。

前回noteに書いた通り、相変わらず週に1日決まった時間を「クリエイティブについて考える」ことに使って

もっとみる
スキー!!おおきに!!そんなんされたらスキなるやん!
8