私がアメリカ人と一緒に仕事をするまで〜これからとその後〜

こんにちは。Sound Escapeのranaと申します。

自己紹介がまだだった気がするので、改めてさせていただきますね、どうぞよろしくお願いいたします。

長野県松本市生まれ、松本市育ち。中高と吹奏楽部で、大学は上智大学でした。上京後10年ほど東京で過ごし、現在は松本に戻って作曲・編曲活動をしています。

2015年にMega RanのRNDMというアルバムに参加し、MMLという手法を使って、

もっとみる

Mark Ronson - Uptown Funk

テンションを上げたい時、この曲をループで聴きながらドライブするのは勿論、家事などをしても、ノリノリで楽しくなりますよヾ(*´∀`*)ノ💗

ありがとう スキしてくれて ありがとう moMo♀心の俳句
7

岡田啓佑のセルフ楽曲解説①「Cecil Talyor」

動画(埋め込みたいが、なんかうまくできない)

Cecil Taylor

作詞/作曲:岡田啓佑

俺はピアノ弾き語り
誰とも一緒にやれない
何度も バンドを 組んでも
解散してばかり
ひとりで語り
物語の語り部みたいに

Like a 昔の侍 居合斬りみたいに
Like a 向井秀徳 間合いが大事
Like a Cecil Taylor 不協和音 鳴らし

孤独と向き合う
自分と向き合

もっとみる

音楽が好きな人の愚痴

音楽が好き、みんなそうだと思う

自分は音楽が好きでよく友人とも話をする。

でもよく言われるのはどんなジャンル聴くの?とかで自分には居心地が悪い。

自分は音楽全部が好き、POPもRockもJazzもクラシックもEDMも全部引っ括めて音楽として自分は聴いている。

ジャンルとかどうでもいい、言ったところで相手は聴きもしないんだから。

そしてどんなアーティスト聴くの?とか大っ嫌い

オススメした

もっとみる

2019.5.24~30 「階段とスロープ」日本語と英語の決定的な違い

先日の顎の発見で、発声については一歩進んだ。
しかしこれもまた、悪くはないけれど、毎回すごく良いとは言い難い。

録音してみても、なかなか思うようにいかない。

これまでをまとめてみると、
1、歯の位置
2、舌の使い方
3、咽頭扁桃周辺の意識
4、口と鼻、7:3で吐く(意識として。実際は9:1くらいかも)
5、共鳴させる
6、装飾音符を意識する
7、イとエは舌の形を意識する
8、顎は適度に引く

もっとみる

オーシャンズ8見ました。

見終わって、やはり白人メインのキャストだなーと思いつつも
(サンドラ・ブロックとケイト・ブランシェットの掛け合い永遠に見てられる)ミンディ・カリングも、オークワフィナも、リアーナ様!!もキャラがきちんとつくられていてよかったです。

なんといってもシンデレラストーリーがなかったのがよい。
これは『シュガーラッシュ:オンライン』でも触れられているけど、男の人が出てきてハッピーエンド、ということがなく

もっとみる

2019.5.17~23 舌と顎の関係

今日は5月23日。

ここ1週間、、山あり谷あり、昨日の夕方まで、ちょっと途方に暮れていた。
舌を駆使しても、いい時と悪い時がある。
音が抜ける時、抜けない時、響く時響かない時、すごくムラがある。。
メモだけが莫大に増えて行く、、

もう一度考え直す。

舌がぐっと歯茎の裏に入る時の、「舌以外の部分」がどういう作用を及ぼしているのか。

はっ、、、と、気がつく。

下顎が、、、少し、前に出ている、

もっとみる

音楽世迷い言(仮) その20 CONSTANT CRAVING(92)/K.D LANG 90年代最強の文芸ミュージック

KDラングの大ヒット曲「CONSTANT CRAVING」は文芸作品だ。美しくクリアな彼女の発音が生きた瑞々しいヴォーカルとマイナーキーに人間の渇望を訴えた、人間の本質に迫った歌である。タイトルは難しげ。月並みだが、聴く人次第でその世界観というものができ上がっていく魅力がある、まさに文芸作品的な要素に溢れた1曲である。

「CONSTANT CRAVING HAS ALWAYS BEEN」サビの歌

もっとみる

Włodek Pawlik Trio - Prząśniczka

ポーランド人ジャズ・ミュージシャンとしてはじめてグラミー賞を受賞したジャズ・ピアニスト、ヴウォデク・パヴリクの最新作はピアノトリオで国民的作曲家モニュシュコの楽曲をカヴァー、というもの。この国では定番のジャンル「クラシックのジャズ化」のひとつですね。
こちらはそのプロモライヴで、ワルシャワ空港で演奏してますね。ちなみにこの曲は民謡をベースにモニュシュコが作曲したもので、ジャズミュージシャンもけっこ
もっとみる

ありがとうございます!SNSでシェアしていただけるとさらに嬉しいです!
11
00:00 | 00:30

A Day in The BEATLES! 第116回:3月16日のビートルズ 今日は何の日?(2019/3/16)
1966/3/16: 第8回のグラミー賞が発表になるが、ビートルズはノミネートされていた10部門すべてで受賞を逃す。