ココロコラム

【ココロコラム】「成功本」の注意点

私はちょっとした都合で、いわゆる「成功本」をたくさん読むことがあります。「100倍能率がアップする仕事術」とか「他人より愛されるあなたに」とか「年収1000万円への最短コース」といった類の本です。

仕事や恋愛などに失敗気味のときほど、ついついこの手の本を手にとってしまう方々も多いのではないかと思います。ところが、その「成功本」の通りにはなかなかいかないのではないでしょうか。それは「成功本」に共通

もっとみる
よろしければシェアもよろしくお願いします。
7

【ココロコラム】手抜きを覚える

手抜きというと、マイナスなイメージを持たれるかもしれません。「自分は一生懸命やっても仕事が覚えられないのに、手抜きなんかとんでもない!」と思われる方もいるでしょう。

しかし、実際には要領のいい人ほど、大切なところに力を重点的に配分し、それ以外の部分はうまく手を抜いているものです。みなさんの周りにも、仕事や勉強がすごくできる人がいるでしょう。そういう人が常に全力投球しているかといえば、まず違います

もっとみる
スキありがとうございます!
10

【ココロコラム】みんなが平均より上の能力

人間は、社会に身をおき、周囲の人たちとの人間関係の中で、自分の特徴をつかんでいきます。その中で「これは優れているな」という、優越感や自信を持った能力が生まれ、また「ちょっとこれはダメだなあ」と感じる、劣等感を持つ特性も出てきます。誰しも優越感やプライドと、劣等感やコンプレックスを合わせ持っています。

ところが、ここでひとつ興味深い傾向があります。外からわかる特徴、例えばお金持ちであるとか、美貌が

もっとみる
スキありがとうございます!
4

【ココロコラム】うまく「休む」

今回取り上げるのは「休む」ことです。頑張るのが大変なのであって、休むなんて簡単と思う人が多いでしょう。しかし、実際にはうまく休めていない人が想像以上に多いのです。

海外旅行などによくあるのが、きっちり休みの予定を決めて、予定通りに行動することです。これは、あまり望ましい休み方ではありません。休みなのに機械的行動をたどっているだけで、魂の休息になりません。にもかかわらず、限られた時間で少しでも多く

もっとみる
素敵な毎日をお過ごしください!
11

【ココロコラム】不安の正体とは何か

今回は、不安についてのお話です。なぜ、不安は必要以上に私たちの心を苦しめるのでしょうか? それは、不安の正体がいま一つわかっていない、漠然としたものであるからです。「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ということわざがあります。幽霊は怖いですが、ただの枯れた花だとわかってしまえば、別段怖いものでもない。何の不安でも同じことが言えます。しっかり考えてみれば、そこまで恐れるものでもないものに、なぜか不安を感じて

もっとみる
スキありがとうございます!
9

【ココロコラム】やった人の勝ち~情報過多の時代、行動に移した人が強い~

現代は情報過多です。何をやるにしても、すぐに手元の端末一台で調べられます。一昔前に比べて、ものごとの周辺の情報が簡単に手に入ります。食べたことのないレストランでも、料理が写真付きで分かったり、行ったことのない場所でも、いくらでも風景がわかったりします。

これがいいことばかりかというと、私は必ずしもそうは思いません。便利は便利ですが、人間はものごとの周辺の情報を調べて、特に視覚情報を得ると、そこで

もっとみる
明日もきっといいことありますように!
6

【ココロコラム】掃除のススメ

精神科医として働いていると、日々いろいろな人の家庭や職場の事情を耳にします。さまざまな人の話を日常で聞いているうちに最近一つ思うことがありました。それは、掃除が行き届いている人は、幸福を呼びやすいのではないかということです。

引きこもりやアルコール依存症や統合失調症の人の部屋は、ほとんどの場合乱雑で、足の踏み入れようもない場合がよくあります。それに対し、掃除をこまめにやる人は、割合精神の病気にな

もっとみる
スキありがとうございます!
11

【ココロコラム】「代案がないなら反対するな」は正しいのか?

今回はココロコラム『「代案がないなら反対するな」は正しいのか?』全4回のシリーズをお届けします。

以前からの本物の心理テストの読者の方から、サポートと一緒にリクエストいただきました。公開後1ヶ月ほど全文無料で公開します。
その後は2回目以降を有料化の予定です。

「代案がないなら反対するな」は正しいのか?(1)~代案が必要な4つの条件とは?~

相手に言い負かされて、でもなんとなく納得できない。

もっとみる
スキありがとうございます!
8

【ココロコラム】暗記を捗らせるコツとは!記憶するのが苦手な人の共通3パターン

森鴎外は、第一大学区医学校(現・東京大学医学部)予科に12歳で入学し、医学博士となり、「高瀬舟」などの小説を書いた文豪としても歴史に名を残しています。
その鴎外でさえ、「人生で一番苦痛なのは学校の試験だ」と言っています。

勉強は理解と記憶からなりたっています。理解力の高め方についてはまた後日述べるとして、今回は記憶に焦点を絞り、コツをご紹介します。

誰しも記憶することに苦労しています。もちろん

もっとみる
素敵な毎日をお過ごしください!
13

【ココロコラム】血液型の性格診断って本当なの?!

TwitterやFacebookなどのSNSでは、日常的に血液型の性格診断がシェアされたり、テレビや雑誌などでも血液型での性格診断の話題がとりあげられています。

正直言って、困ったものだと思います。血液型と性格には何の関連もないことは、昔から心理学者や医学者によって多くの論文が書かれています。

しかし、その手のまじめな学術論文はあまり人の目に触れず、わかりやすいテレビや雑誌などの媒体に出るほう

もっとみる
ありがとうございます!更新のはげみになります。
8