ゴッホ最期の手紙

ゴッホ―最後の3年 ☆アメコミ以外も紹介#1

今回はアメコミではなく、オランダのグラフィック・ノベルを紹介します。

引用された画像:「ゴッホ ー最後の3年」表紙
(作:バーバラ・ストック 訳:川野夏美 花伝社)

☆「ゴッホ―最後の3年」

本作は「ひまわり」で有名なフィンセント・ファン・ゴッホの、南仏のアルルで過ごした日々、ゴーギャンとの共同生活、耳切り事件、サン・レミの療養所、そしてパリ近郊のオヴェールでの日々を描いています。
たった3

もっとみる

ブログにゴッホ 最後の手紙」(2017) 感想を書きましたー!
なんと、全編油絵で描かれた前代未聞のアニメーション映画。
ゴッホに興味がない人でも一見の価値アリだと思います!
http://aozprapurasu.hatenablog.com/entry/2018/10/18/232218?_ga=2.33404606.1834211156.1538884203-1906099834.1397489967

「ゴッホ 最期の手紙」

原題:Loving Vincent
監督:ドロタ・コビエラ
製作国:イギリス・ポーランド
製作年・上映時間:2017年 96min
キャスト:ダグラス・ブース、ロベルト・グラチーク、エレノア・トムリンソン、ヘレン・マックロリー、ジェローム・フリン

 美術館で絵画を観る時はその「静止した絵」の中に入り、風を見つけたり、絵に封印された音を立ち上げ聴こうとする。この映画はこうしたいつもの絵の楽しみ方と

もっとみる

ゴッホ 最期の手紙

『ゴッホ 最後の手紙』を見た感想と考えたこと
・自死の真相と孤独な内面を追う
・作品鑑賞に必要な情報

自死の真相と孤独な内面を追う

巨匠、フィンセント・ファン・ゴッホの死の謎を追うサスペンス。油絵風のロトスコープで描かれた奇妙な世界で、かつてゴッホが描いていた景色を追う。

アニメーションとしての質は言うまでもなく高かった。アニメーター達は、作業に入る1ヶ月前から“ゴッホ風のタッチ”に慣れるた

もっとみる

映画と展覧会でゴッホ三昧してきた。

今日は、先日オープンしたばかりのTOHOシネマズ上野で、映画「ゴッホ 最期の手紙」を見て、その足で上野の都美術館に行って「ゴッホ 巡りゆく日本の夢」を見るという、ゴッホ三昧な一日を過ごしておりました。

これ、2施設の間は徒歩15分ぐらいで行けちゃうので、セットで鑑賞するの、おススメです。美術館を先にすれば御徒町までは下り坂ですし、私のように映画を先にした人は、最後少し上り坂にはなるんですけど、最

もっとみる
「おしゃれは基本よ」(ヒグチユウコ「せかいいちのねこ」)
6