模写

↑こちらの絵でエゴン・シーレを想起されると言って頂けました。

画質がわるいですが、過去描いたエゴン・シーレの模写を見てください。

おまけ

ゴッホの模写

ありがとうございました。

もっとみる

015 「星降る夜」がくれたもの*ふむもくエッセイ*

けっこう前の話です。

--------------------

風があまりない夜に、川沿いを歩きながらなんとなく歩いていると、小さな星がたくさん見えてきて、自分のこころにそっくりだと気がつきました。地味で、ありふれていて、意味がなくて、ただぽつんと存在している。

こんな風に落ち込むのは良くないことです。仕事をしていれば失敗はつきものだし、人と話せば余計なことを言ってしまうし、あわてると大切な

もっとみる
ありがとうございます。暑いですね。こんな日はすっきりレモンを飲みましょ
14

少年たちの星月夜【4】

俺たちは、胸打たれた心地で真っ赤に染まった美術準備室に見入った。

別の人間がここにいたら、目にも留めないようなただの夕焼けだっただろう。

けど、俺たちは違った。

世界が、物凄い力強さでこぶしを振り上げてきたような、静かで圧倒的な衝撃を受けていた。

ああ、世界はこんなにも美しくて大きい。そして俺たちは、あまりにも小さくて無力だ。

その絶望の、なんと心地いいことか。

俺のちっぽけな悩みは、

もっとみる

美術館に行くと、今までと違うものが見えるようになるか? その8

松方コレクション展 2019年7月17日

東京国立西洋美術館は、松方幸次郎の美術コレクションを元に作られました。これまでに散逸したものも、改めて世界各地から集められました。国立西洋美術館としても、かなり力が入った展覧会だと思われます。

松方幸次郎は、明治に2回も総理大臣をつとめた松方正義の三男で、川崎造船所の社長でした。日本人が西洋文化を理解するために、日本に西洋美術の美術館を作りたいという志

もっとみる

少年たちの星月夜【3】

ゴッホの絵に、「鑑賞」とまじめに向き合ったことのない俺がとやかく言うなんて百年早い。

だからこれは、単純に俺個人としての意見だと思って聞いてほしい。

俺は、ゴッホの描く絵は写実的だと思う。

有名な「ひまわり」は、随分リアルに描いており、下手をすれば、現実に食い込もうとするような意思を感じてしまうほど。

けれど、あの「星月夜」という絵は、どちらかというと「不気味」だ。

大きく誇張された星と

もっとみる

アートへの熱き志に男が集う

先の直木賞候補にもなった原田マハ氏お得意の美術フィクションを読みました。

        (画像はAmazonからお借りしています)

日本人のほとんどが本物の西洋絵画を見たことのない時代に、ロンドンとパリで絵画を買い集めた松方は、実はそもそもは「審美眼」を持ち合わせない男だった。 絵画収集の道先案内人となった美術史家の卵・田代との出会い、クロード・モネとの親交、何よりゴッホやルノアールといった

もっとみる

「ぼくは ゴッホじゃやなんだ」〜セルフライナーノーツ『ねえゴッホ、こっち向いて』〜

「ぼくは ゴッホじゃやなんだ」

そう歌ったアーティストがいます。僕はそのバンドのことをあまりよく知らないのですが、この曲はとても好きです。

「ぼくは ゴッホじゃやなんだ」

確かに、そうです。生前、作品が大きく評価されなかったと言われているゴッホ。音楽をやっている僕だって、そうなりたくはありません。この叫びは、いつだって胸に刻んで歩いていこうと思います。

でも、それと同時に「僕はゴッホかも

もっとみる

Make it a job.  仕事にする。

Make it a job.
There is a rule.
I should satisfy others.
I give up to express myself.
Do what I like as a job.

2019.8.3 Sat

仕事にする。
ルールに従う。
外側を満たす。
自分を諦める。
好きなことを仕事にする。

N-011 男子解剖座像

石膏像サイズ: H.27×W.13×D.15cm
制作年代  : 
収蔵美術館 : ベルリン・ボーデ美術館
作者    : ピエール・ピュジェ(Pierre Puget 1620-1694)

この解剖像については、一部の資料でミケランジェロとの関連が指摘されていましたが、現状では17世紀フランスの画家・彫刻家ピュジェ作とする説が有力です。

マルセイユ出身のピュジェは、10代で海軍の見習いとなり

もっとみる