サカママ

ジュニアサッカーの応援について~独り言~③39歳の私

ジュニアサッカー、夏の大会が盛り上がっています。
うちの息子も参加しています。
夏休みというまとまった休みだからこそ
チャレンジ出来る沢山の試合。
仲間と協力しあって挑む戦い。

ジュニアサッカーは褒めることが大事。
楽しいと思ってこそずっと続けられるし
伸びるのです。

はい、分かっています。
出来ないところを探すんじゃなくて 
頑張ってるところを褒めてあげましょう。

では出来ない以前に頑張っ

もっとみる

サッカーと撮影は似ている

目には見えない一瞬を最高の1枚として残すのが撮影

サッカーは動きながら、
瞬時に判断し、
次の一手をつないでいく。

撮影は、目には見えない一瞬を
最適、最善、最高の一枚に残す。

時間にして1/500秒、1/1000秒という
目には見えない一瞬を
最適、最善、最高の一枚に残す。

その瞬間以外の多くの時間を使って
素晴らしい瞬間を生み出すために
目の前の人と会話を交わしたり、
観察したりをくり

もっとみる

アオアシ読んでます

アオアシ、読んでます。

アオアシとは、Jリーグのユースを扱って
いるサッカー漫画です。

作者 小林有吾
出版社 小学舘
掲載誌 ビックコミックスピリッツ

サッカーを頑張る息子に読ませようと
ちょっとずつ買い足し、、

息子もはまっていますが、
それ以上にはまっているのが私。

何でしょうか、あのがむしゃらさ!!
純粋にサッカーが好きで、ひたむきに頑張る姿、
母親的には最高にツボです。

とこ

もっとみる

【子育て】魔のベンチ三人組から抜け出す

いじめた子達のサカママにも前と変わらない対応でまた一つ大人になったオオキドです。
間の話はまた次の機会にnoteするとして
サッカー頑張るむすこ。
魔のベンチ三人組から抜け出せそう🙌
↑これはいじめから抜け出すための必須条件

土曜の練習試合でベンチスタートだった息子ですが、次の試合でフル出場のチャンスが🙌
マークに着いた子は同じ学年ながら息子より頭ひとつ分大きい…
けど負けてない!!

仕事

もっとみる

『本当の泥臭くを』

こんにちは、指導者を越えた指導者を目指す山本です、簡単に指導者を越えてといっても分かりづらいですよね、なので僕が何を目指してるのかを書いてみました

・キッズ、ジュニア、ジュニアユース年代において圧倒的な指導力を持つ

・子供だけでなく、関わってくれる全ての子供、保護者、学校、地域、指導者の方々が笑顔で成長出来る環境作り

・日本の指導者の中で一番SNSを使いこなす

こんなことを考えてる、だから

もっとみる

僕の全て

山本学38歳、未婚、夢は日本一サッカーの魅力を伝える指導者。

今、僕は目指してる。何を

指導者を越えた指導者
クラブを越えたクラブ

こんな大それたことを目指すことにした。なぜ?
今の現状が子供達が成長することに【正しくない世界】、そう感じたから

世界は毎日回る、でも業界は回らない、回らない中では子供は成長しないんです、取り残されてるんです、だから、僕、回そうかなって

ここで愚痴を書いたり

もっとみる

第0回、グラウンド開拓

今、僕は、日本一サッカーの魅力を伝える指導者を目指しつつ、お世話になってるクラブ、地域のグラウンド開拓をしている

サッカーの指導者がグラウンド開拓?はい、そうです、グラウンド自体を整備、改装、開拓しています、子供達に日々、諦めるな、夢は叶う!そう言ってますからね、練習場所がない、練習場所を増やす、そんなことくらいはやってやろうかなと

夢は叶う

サッカーを伝えつつ、夢の叶え方も見せつけてやろう

もっとみる

クラブを越えたクラブを目指す

クラブには色や個性がある、プレーヤーのレベル、大会の成績、育成の形、1つに特化してるクラブ、様々を取り入れているクラブ、本当にそんな色々なクラブが存在している

1つが悪く、様々が良いわけでもない、多過ぎてぼやけても本末転倒だから

簡単にまとめると、ようはクラブには

【哲学】
【理念】

がある

日本一を目指すから上手いプレーヤーしか試合に出さない、試合には負けてもいいから全員の出場機会を均

もっとみる

ONE FES キッズ、ジュニアフェスタ

【緊急告知】FCOWが今年もやります

2019/2/24(sun)
FCOW(fc one world) familia

イベント事業部

昨夏、ダブルタッチマスター石黒コーチ、カリスマ森陰コーチの関西初上陸イベント(大阪、兵庫、和歌山から約70名参加していただきました)を成功させた僕が所属しているFCOWが、僕がお世話になりまくっている地域(グラウンド)で、今年も子供達に最高の想い出をプレゼ

もっとみる

『サッカーの可能性』

日本のサッカー人口自体を上げられるんじゃない、僕

ご存知、子供に大人気山本です。

そんな大それたことを考えている、もう1回言うとこ、日本のサッカー人口自体上げられるんじゃない、僕、山本学

去年まで、年間1000クラス、キッズ、ジュニア、ジュニアユース、ユース、エンジョイフットサル、地域選抜(トレセン)、様々なカテゴリーで指導してきて、更に今年は

サッカー×お医者さん
サッカー×おじいちゃん

もっとみる