ジャパンハート

中途半端な人間

「人間は自分のために生きている」

他人のために生きている人もいると言いたい人もいると思いますが、多分本当の意味でそれができている人はこれが理解している人なんじゃないかなと思います。

これを理解せずに、他人のために生きていると言っている人がいたら中途半端な人間じゃないかなと思ったりもします。

結局ここがはっきりしていないと自己矛盾が出てきてしまうかなと思ったりもします。

当然異論はあると思い

もっとみる

2連続クラウドファンディングにかけた想い

毎日の停電&連日の灼熱のカンボジアで生きてます、野村です。

遂に、明日から僕のクラウドファンディングが始まります!※僕のクラウドファンディングは4/1~5/31までです。(僕のクラウドファンディングにかける想いはReadyforのページ中にあるのでこのページでは違ったことを書きます。)

新元号も気になりますが、僕の記事も要チェックですよ!皆さん!

先日3/16日からジャパンハートのミャンマー

もっとみる

“あいのり”に人生を学ぶとは!

欲深い聖人君子

バードボックスを見たくてNetflixの無料トライアルに登録し、クィアアイなどにハマって解約できずに1カ月が経過しました。

課金するならもっと見ねばと漁る中、今さらNetflix版のあいのりどんなもんやろと見てみたら、思わず人生の教訓を教えていただきました。

胸にドンっと響いたのは、でっぱりん(あいのりメンバー)の博多弁でもスタジオにいるベッキーやオードリー(スタジオのやりと

もっとみる

コノミチ留学  day2  ①

コノミチ留学2日目

AM7:30  CBBスクール出発

AM10:00  ジャパンハート到着 病院見学

何の下調べもせずにジャパンハートに行ったことは本当に後悔です。。
ここ、めちゃくちゃすんごいところでした。

施設を案内してくれたり、ジャパンハートがどんなところかを1から説明してくれたのは、調理師の野村さん。

カンボジアには、“栄養”という概念がほとんどないんだとか。
そこで、【すべて

もっとみる

ジャパンハートカンボジア寄付サイト説明書

ジャパンハートというNGOのカンボジアにある病院で1年間のボランティアで給食事業の立ち上げをこなっている調理師、野村友彬です!こんにちは。

弊団体のカンボジア事業の中に新しい寄付の窓口、

「あすへのあしあと ジャパンハート みんなで彩るカンボジア病院」

がOpenしました!!今日はこのサイトの説明書をサクッと書いてみます。

(まだ自分の事業の備品関係は掲載できていませんが…。泣)

まず、

もっとみる

2018年の振り返りと2019年の野望

2018年の元旦、両親と3人で机を囲んで、父親から例年通り

父『今年の抱負は?』と聞かれて、自分は

自分『緩く生きてみたい』と答えた。それに対して父親が苦笑いして

父『そんなんできんのか?』と言った。これが2018年の幕開けだった。

振り返ってみると緩くはなかったけど、自分自身のことを客観的に考える時間がたくさん作ることができた。

ザックリまとめると

こんな感じですが、個人的には自分の

もっとみる

雷に打たれたら土に埋めろ〜カンボジアに行ってみた

11月にカンボジアに行ってきました。それもふらっと。目的は友人の日本人医師に会うこと。医療ボランティアで一年間、しんちゃん(進谷憲亮)がカンボジアに滞在しています。10月の初旬「11月の連休にしんちゃんのところに行くから、利恵子さんも来ない?」という、同じ名前の(前田)利恵子の誘いに乗ったのでした。

「三連休で行けるならいっか。それくらいならオプンラボのメンバー アヤコにも迷惑かけないな。知り合

もっとみる

エンタメの可能性と理想の教育の形

先月10/14にうちのあげあげ内科医ケンさん(進谷先生)が企画した

カンボジアに予防医療を広めるプロジェクト

クラウドファンディングもたくさんの方々の協力をいただき、準備も、当日も大成功でした。対象者は100人の予定が、約250人の子供たちが集まってくれました。今日は当日の様子とその後の効果を報告します。

今回のプロジェクトの趣旨は上記の通り、

カンボジアに予防医療を広める

主に手洗い、

もっとみる

借り物競走的リーダーシップ

最近NGO周辺や、寄付のことなど、できるだけいろんな記事を読み漁っているんですが、みなさんご存知さんの2014年のブログでテラ・ルネッサンス創設者兼理事の氏のインタビュー記事の回にこのような表現をされていたんですね。

今回はイケハヤさんの記事を引用させていただきながら、今回の主旨を伝えて行きたいと思います。

イケハヤ さんは借り物競走的リーダーシップについて

イケハヤさん:これからの

もっとみる

自分自身の再起

チェムリアップスォーー!!こんにちわ。

遂にこのシリーズは最後ですね。一番大事なところです。

活動の原動力となっている想いの4つ目

・自分自身の再起

いくら世のため人のため、利他の精神で生きていたとしても、そのベクトルが自分のメリットとかけ離れていたら、そもそもできないですよね。その比率はそれぞれあるとは思いますが。

家からも出れない状況だった人間が、一つのきっかけからどんどんいろんなこ

もっとみる