野外コンサートでステージが2つ

夏には各地で『音楽フェス』と呼ばれる野外ライブ🎤が開催されますね。参加したことがある人もない人も、実際に聴衆として参加したつもりになって、工夫と効果について考えてみましょう。

 多数のバンド🎸やソロミュージシャンが参加して、長時間断続的に順番に演じられることが多く、全開演時間のうち何時間居ても料金は均一。座席を置かずに、順次観客エリア内の好きな場所に入場していく。自分の目当ての出演者だけとい

もっとみる

自分が本当に立ちたい、自分のステージに立つこと

このあいだ、DYGLのライブに行ってきた。
日本のバンドなんだけど、ストロークスとかフランツフェルディナンドとか、UKロックとか好きな人は好きだと思う!

ライブを見た後、最近感じていたことを再確認できたり、自分のあり方が変化してきていることを感じたので、そのことについて書こうと思う。

今からちょっと前、人生のリセット・充電期間みたいな中にいたわたしは、これから自分はどういう風に生きていきたいの

もっとみる

【台風の夜だから書こうと思う。】最近会ったインペグ屋さんと新地の市会議員の先生のはなし。

わたしたち【クレモナ】の特長のひとつに「コーヒー屋(池田市満寿美町のルーク・カフェ)を中心に活動している」というところがある。
わたし自身が【ルークカフェ・ローストラボ・クレモナ】のコーヒーの焙煎士であり、お店でバリスタもすればお掃除もして、アイドルタイムには少しだけピアノのレッスンをしたりもしている。

ルークカフェでは毎月【クレモナ】の「コンサートシリーズ」と称した定期的なライブがあり、練習も

もっとみる

27。すでに。振付師香照音です。

トンボ、近所で見かけました。皆さまの地域はいかがですか。

遅いのか、早いのかよくわからないけど。

暑い中飛んでるトンボは低空飛行でした。

何年か前に一緒にパフォーマンスしてた方は、トンボの精になっていたなあ。

私は鳳凰をその時はやらせて頂きました。今考えると鳳凰ってすごいよね。

畏れ多いなw

日本の八百万の神様を元にテーマができ、1人1人が八百万の神になって、お隣韓国でもパフォーマンス

もっとみる

最高のチーム・5つのステージ

素晴らしいチームには共通した特徴があります。

今年の6月ごろ、東京のとある企業を訪ねました。仕事として訪問させてもらったんですが、入ってみるなり他の企業とはちょっと違う印象を受けたんですね。

全員で8人という小さな会社のオフィスだったんですが、なんというか「えぇ、すげぇな」とつい声をこぼしてしまうほど、その場が活気やエネルギーに満ちていたんです。

そこの代表と話してたんですが、チームは好奇心

もっとみる
次回は「実録!クライアントの事例」について書きます♪
9

本番の前の自分に勝てるメンタルを育てよう

本番の喉、調子良いですか?
本番の直前になると毎回喉が調子悪いと言う友達の話です。

歌の話を通して書いていますが、プレゼンでもテストでも、スポーツでもほかのことにも読み替えて応用できる話ですのでぜひ読んでみてください。

彼女は本番が近づくと決まって、

高い声がかすれる。風邪を引いた。インフルかもしれない。偏頭痛が…と呟き始める友達がいます。

またかよ。という、感じです。

回りのいくらかは

もっとみる

オープンマイクが始まった場所

オープンマイクはみなさん知ってのとおり、「その日に来ればその場で歌える」という手軽さがウケて、今では全国的に広まっていろんな場所で開催されていますが、実はこれを日本に持ち込んだのは、鎌倉出身で現在沖縄在住のシンガーソングライターのはっとさんです。

彼は若い頃アメリカに歌いに行った時、このオープンマイクに出会い、ミュージシャンとしてクオリティが高い連中が、1曲〜2曲を歌うためにたくさん集まって来る

もっとみる

罪悪感

自分の人生のステージが変わるのを
阻止しているのって
結局「自分」だったりするんだよね。

自分なんかが
こんな素敵な人と一緒になったり
こんな素敵なものを手にいれたり
こんな素敵な環境に身をおいたり
そんなこと烏滸がましくてできない。

そういう内なる声であったり
心の奥底にある「罪悪感」みないなやつ。

もうこれが全てじゃないかなと思うんだ。

だから自分が輝くことに対して
他の人に悪いなとか

もっとみる

#ステージに立った日#

わたしは ホントに どーしょうもないっていう場所に
やっと立てた 安心していられる

なぁーんにもない場所 広い空間
空までつながっている さえぎるものは何もない
まあるくて おっきい石のステージ
ゴツゴツの岩場 高台にある ステージ

ずっと探し求めていた場所 ずっとさまよっていた
でも そこには絶対に立ちたくなかった

なぜって 見たくないものが 見えちゃう

いままで見ないようにしてきたもの

もっとみる

これが、川本町の夏祭り。

先週末は川本町の夏祭りがありました。
ええなぁまつりかわもと。

クライマックスは打ち上げ花火ですが、昼間からステージイベントがいろいろ。

そして、そのステージで太鼓デビューしました。

太鼓を習い始めて2ヶ月弱…「こんなのでデビュー出来るでしょうか?」との質問に、
「出来るか出来ないかじゃない。するんだ」
…なんてスポ魂!

スポ魂に圧されて、なんとかしてステージに立ちましたが、あまり緊張もせ

もっとみる