35.わかりやすい封建制度

①国家の存在理由は?

 国家の存在理由は一つ。

 生命を守ること。

 これを放棄している国はもはや国ではない。軍がない国など存在しないように。

②自分の身はどうやって守る?

 強敵が現れた時、嫌な上司が登場した時、いじめられた時、何もしないと死ぬ。社会的に死ぬ。精神的に死ぬ。物理的に死ぬ。

ローマ人の場合。暮らしていくために必要な土地を他人に奪われないようにもっと強い人間に保護してもら

もっとみる
励みになります!

31.教皇とカール大帝。

①イスラム勢力を止めたフランク王国

トゥール・ポワティエ間の戦いでイスラム勢力を叩くと喜ぶのはキリスト教。ローマにいた教皇はフランク王国の使者を招いた。

使者「フランク王は今後とも、教皇様を守っていくと申しております。

   ところで・・・。」

使者はこう続けた。

つまり、ローマ教皇の許しをえて、フランク王国の衰退したメロヴィング家を追放し、カールマルテルのカロリング家がフランク王家にな

もっとみる
励みになります!
2

オレアーダ形式トレーニング【2対1→3対2→3対3+GK】

①トレーニングの概要

2対1、3対2、3対3と3つのプレーが連続するオレアーダ形式のトレーニング。各ポジションに与えられたフィジカルトレーニングを行った後にプレーを開始される。

もっとみる
ありがとうございます!少しでも日本サッカー界に関われたら幸いです!!
1

株勉強会開催しました。

こんばんは、水落です。

本日株勉強会を開催しました。

株勉強会では株式投資を始めとした投資に関するお話をしました。

中身の大まかな内容は下の通り。

①投資とは?②投資にあたっての3つの心得③私が投資を始めたとき④決算書の読み方⑤今の私の投資スタイル⑥告知

以上の構成で行いました。

大学時代から株式投資を始めてかれこれ8年。すそ野を広げて、不動産投資や他の金融まで投資した自分の経験が参考

もっとみる

29.東ローマ帝国の逆襲

①ナナナナ〜、ナナナナ〜、ゲルマン人野蛮人

 タイトル考えていたらダースベーダーのシュコーが聞こえてきそうになってしまった。

 さて、ゲルマン人の大移動でヨーロッパにあった西ローマ帝国はゲルマン人の傭兵隊長オドアケルによって滅ぼされた。

しかし!

ゲルマンの支配に気に食わないのは現地の住民たちだ。現地住民はローマ人なのだ。そして宗教はキリスト教アタナシウス派。

ゲルマン人はアリウス派。

もっとみる
励みになります!