「ディズニーランド」に一人で行けるか?

ディズニーランドの入場券を親戚からもらった。
しかしまだ東京に引っ越してきたばかりで、友達が全くいない。
入場券の有効期限はもうすぐ切れる。
そのような状況で、皆さんは一人でディズニーランドに行くだろうか?

おそらく多くの人は行かないと思う。
無料でアトラクションに乗れるのだから、行かないと損であるにも関わらずである。
なぜか?

周りの目が気になるからである。
周りはカップルや友人だらけの環境

もっとみる

ボクらが知らないことだらけ。並ばずに楽しむディズニーリゾート

十数年、年間パスポートで東京ディズニーリゾートに通うディズニーリゾートの達人・みっこ氏の最新作『ディズニーがもっと楽しくなる 魔法のトリビア』。知る人ぞ知るトリビアが100以上紹介されているが、それでも入りきらなかった未収録なネタをこちらで掲載していきます。まだまだ僕らには知らないことだらけのディズニーの世界。

落下する時も「水の上を落ちている訳」ではない

 急降下で滝壺に落下するスプラッシュ

もっとみる

まだまだ奥が深いディズニーの世界 ~達人・みっこさんが教えるトリビア~

ディズニーリゾートの達人・みっこ氏の最新作『ディズニーがもっと楽しくなる 魔法のトリビア』。ならではのトリビアが100以上紹介されているが、それでも入りきらなかった未収録なネタをこちらで掲載していきます。まだまだ僕らには知らないことだらけのディズニーの世界。今回は、ディズニーのこだわりが詰まったトリビアを公開。

「子供にしかわからない発見」があるこだわり

 様々なこだわりがあるパーク。中にはそ

もっとみる

あなたが知らない秘密を達人・みっこさんが教えてくれる ~ディズニーの新しい楽しみ方~

十数年、年間パスポートで東京ディズニーリゾートに通い、細かな雑学などを紹介するブログを15年間、約4700の記事を執筆しているみっこ氏。最新作『ディズニーがもっと楽しくなる 魔法のトリビア』には、超絶細かいトリビアが100以上紹介されているが、それでも入りきらなかったネタがたくさん。本稿は、なんと本に入りきらなかった未収録なネタをこちらで掲載していきます。何気ない風景の中にもTDRならではの「小さ

もっとみる

30代独女二人で憧れだったディズニーシー飲みを実現した日

かねてから、わたしは密かに夢をみていた。

ディズニーシーで優雅にお酒を飲み歩きたい!

・・・と。

といっても、それまでにディズニーシーでお酒を飲んだ機会は何度かあった。
しかし、それまでディズニーシーで飲む際は、お酒はただの脇役にすぎず、飲むぞ! と意気込んでディズニーシーに行ったことはない。飲めたらいいな、という程度だった。

それが、ある時、無性にディズニーシーで本格的に?お酒を飲み歩き

もっとみる

ディズニーシーへ行く。〜限界集落の人間が12年ぶりに夢の国へ〜

「もう10年くらいディズニー行ってないな」と、前に職場の女の子に言ったら非国民を見るような目で見られた。

確かに関東圏に住む20代の女が10年ディズニーランドやらシーやらに行っていないというのは異常事態かもしれない。

しかし、どうしてもあそこに行くまでのパワーがみなぎってこないのだ。

そもそも私が上京したのは3年半前で、それまでは地元である九州の田舎にいた。

地元にいた時も周りで「ディズニ

もっとみる

シー【三橋雄斗】

今日は休み。

ディズニーシーへ行きました。

ひかりちゃんが「確定申告の還付金が入ったら二人でディズニーシー行きたい。チケット代奢るからさ。」と言っていて、本当にチケット代を出してくれました。

男気ありますね。

僕も還付金が入ったので、近日細やかながら温泉旅行を奢ることになっております。(予約済み)

それはさておき、ディズニーシーは、今年の1月に、ひぐま岬の我妻さんと、元『きらめくあした』

もっとみる

なんでもできる

ディズニーシーにいました。♡

心躍るあれやこれや、

全部ぜんぶ誰かの意図が生み出したのだから、

私たちにできないことは何もないんだと思いました。

 
 
 
 
 

 

 
イマジネーション💖

もっとみる

あっ。
そういえば、僕の親戚が、元ディズニーランドの従業員でした。
もう、歳は、70歳位で、定年退職しましたが。
小学校卒業したときに、お祝いに、母と、姉と、僕で、ディズニーランド行きました!
親戚から、優待券(従業員用)を貰い、入場料は、実質、タダでした。
思い出話です(^^)