ナンバーガール再結成。そしてライブ。

ナンバーガールの復活ライブ。

控えめに言ってもBARIYABAI。
そんなライブでした。

これは20年ほど前のライブで購入した「冷凍都市Tシャツ」。
こういうのでライブに行くのが楽しいんです。

もっとみる

ツアーナンバーガール

私がナンバーガールと出会ったのは、大学2回生のとき。そう、ナンバーガールはもうすでに解散をしていた。

所属していた軽音部の先輩にすすめられたからYouTube で透明少女のMVをみたのを覚えている。なんだこれは?と思った。

まず普通のバンドにはない変なMVだったこと。曲の疾走感がとても伝わる映像だ。

もう一つある。どの楽器も主役のバンド形態である。ヴォーカルもギターもベースもドラムも全ての音

もっとみる

気づいたらオレはなんとなく夏だった

数年に渡って文書の捌け口にしていたFacebookをふと気づけば一年くらい更新していなかった。

Facebookの何が悪いわけではない。

私の仕事が忙しく文書を書く暇がなくなり、なんとなく距離が開いてしまい、なんとなく更新をやめた、という程度の理由だ。

Facebookはえらい。

この一年、それでも通知を辞めない。
「この人あなたの友だちじゃない?」
「友だちが久しぶりに更新したよ!」

もっとみる

ナンバガライブ情報(東京)

忘れないようにメモ。

NUMBER GIRL TOUR 2019-2020
『逆噴射バンド』
・チケット料金
1Fスタンディング 6,600円
2F指定 7,150円
2F立見 6,600円
※チケット全種(税込・ドリンク代別途)

・オフィシャルホームページ先行予約(抽選)
受付:10月1日(火)18:00より
※URLなどの詳細は後日発表

・チケット一般発売
日時:11月10日(日)10:

もっとみる

2019.9.14渋谷ラママでナンバガを弾く話

先日、1人で帰省した際に母から主人はどうしたのかと聞かれました。
今日はセッションだと伝えたところ、
母「そのセッションって いつ、やめるの?」

ついに来た…あなたこれからどうするの、そろそろ落ち着いたら的なやつか…

私「ある程度…満足したらかな…?」

母「へぇー自分で終わらせられるの凄いね」
曲を終わらせる時のことだと気づきました。
その後、決め曲セッションであることを説明し

もっとみる
ダイブしたいくらい嬉しいです!ありがとうございます!!
1

表通り裏通り#11

こんばんは。

来月、くるり主催のフェス、京都音楽博覧会に行くのですが、なんとナンバーガールが出演するそうなので、今日、予習😄⤴とか思ってナンバーガールと
同じく出演するnever young beachのCDをTSUTAYAで借りてきました。

高校生になってからくるりを好きになり、そこからスーパーカーを聴いたりしていて、(ちなみに中学生の時は、JUDY AND MARYやL'Arc~en~C

もっとみる

ナンバーガールを見たあの夜

人生で初めてナンバーガールのライブを観た日から、1週間が過ぎようとしている。あれから何匹のセミが死んだだろうか、夏の気温も少し下がってきている。今も外で1匹生き絶えそうなセミの声が聞こえた。
セミの命は1週間というが、僕はというとこの1週間を"あの1日は現実だったのだろうか"ということを思い返すためだけの1週間を過ごした。セミに怒られるような時間の使い方だ。来世はセミにでもなるのだろうか、嫌だな。

もっとみる

K音のパラレルワールドがきらきら・NUMBER GIRL『透明少女』論:この歌詞がすごい!6曲目

(初出:旧ブログ2019/02/21)

 疾走感とエッジの立ったギターサウンドで、NUMBER GIRLを伝説にした『透明少女』は子音による音の粒立て方でも他の追随を許さない部分がある。1連目だけでも<赤いキセツ>、<軋轢>、<加速>、<風景>、<記憶>、<変わる>、<気付いたら>、<赫い髪>、<ひかれ>、<うそっぽく>、<風>、<彼女>とカ音キ音を中心にK音が執拗なまでに繰り返される。Perf

もっとみる

NUMBER GIRL

高校3年生、当時付き合っていた人の影響で、90年代後半から00年代あたりにシーンの第一線で活躍していたバンドを聴くようになった。東京事変、フジファブリック、アジカンとか。渋谷系にはまって相対性理論やCymbalsも聴いた。そういったバンドについては、「最近これ聴いてるよ、かっこいいね」なんて報告をしていたものだ。

でも、NUMBER GIRLのことだけは絶対に言わなかった。

というか言えなかっ

もっとみる

ナンバーガールの再結成に寄せて

NUMBER GIRL/日比谷野外大音楽堂

この日の野音は会場外で音漏れを聞いていた人が数千人いるというツイートを見かけた。この真偽は不明だが、2002年に解散してから、ナンバーガールというバンドはその実体に比べ随分と神格化されたものだと思う。再結成が発表された時、ハイスタやエルレガーデンと並べて「ナンバガ 」の再結成を歓迎する声もちらほらと聞いたが、それらのバンドほど人気があった訳ではない。そ

もっとみる