バイク旅

なつかし劇場/デキ・レース2000年

やたらとフランス窓が付いてるヘアサロンで自称カリスマ理容師にテキトーにザン切り頭にされ、ボッタクリ金を支払い、視界の続く限り店員に半笑いでお辞儀され、ウキウキ気分でご帰宅される頭のあったかいお嬢様を見ておりますと、若い頃の思い出がよみがえってまいります。

暑い夏の日。
サンシャインシティの裏手にある行列ラーメン店、東池袋大勝軒に並ぶ、浜ちゃんと小生。

今日は朝から浜ちゃんの付き合いで、上野のバ

もっとみる

北海道滞在、そして登山

ついにやってきた、喜茂別のライダーハウス「雪月花廊」。
(ライダーハウスとは、北海道にたくさんあるバイクや自転車など旅人のための安宿である。
雑魚寝が基本で、素泊まり一泊数百円くらいで泊まれる。)

(写真は5年前に自転車で訪れた時のもの)

現在この宿は、廊主である通称「かかさん」が切り盛りされていて、3人のお子さんがいる。
ここに来るといつも、「あっき~おかえり~」とかかさんが笑顔で迎えてくれ

もっとみる

免許不要でバイク旅?カンボジアを縦断してみた。

shuです。
本日もバックパックに関することを書きたいと思います。

こんな旅憧れませんか?

僕はめちゃくちゃ憧れていました。
そして、時間のある学生のうちにしておきたいなと強く思っていました。

そんな憧れを実現できる国があるんです。カンボジアです。
カンボジアのバイク事情をザッと述べると、

①国際免許が無くてもレンタルできる(125cc以下)
②レンタル価格が超安い。
③道中の景色が最高。

もっとみる

今年の北海道

ここのところ、ぽちぽちと仕事をいただいてがんばっていた。
それというのも、すべては北海道に遊びに行くためであった。

北海道の中でも、羊蹄山周辺の町のひとつである喜茂別が大好きだ。
というか、喜茂別にある雪月花廊という廃校を改装したライダーハウスが大好きなのだ。
(ライダーハウスとは、旅人のための安宿。素泊まりなら一泊数百円くらいで泊まれる。)

5年前、自転車で日本一周をしている時に訪れて以来、

もっとみる

民藝旅 vol.2 沖縄 \原付🛵与那国島探検 1/

丘の上の朝ごはん

目を開けて。
ミントグリーンの壁に、白い光が眩しい。

風の音だけが響く、与那国島の朝。
海の音はまだ遠い。

昼間の蒸し暑さが嘘のように、朝はひんやりと、心地良い。

食堂には、朝ごはんが用意してあった。
食パン、マーガリン、ブルーベリーといちごのジャム、コーヒー。

牛乳は自分で買ってきた。バナナはゆりこさんからのお持たせだ。

高く背伸びをして、建物の外に出てみよう。

もっとみる

西日本の旅22日間 1.2万円

えっ!? そんな費用で旅ができるの?!

誰もが驚く低予算で、最高の旅をしてくる。それが三河屋幾朗です。

東京~鹿児島往復で1万円強の基本費用。そういう旅が誰でも出来ますよ、というテンプレートを示すのが今回の目的でした。

本当はゲストハウスに泊まる予定ではなかったので、それを除くと1万円以下の基本費用で西日本を旅したという事になります。

旅の二大出費は移動と宿泊。これをゼロに近づければ、それ

もっとみる
三河屋幾朗が「スキ!」なんて、なんとも奇特な方!愛してます。
5

【DAY.62】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

9:00、新潟県 十日町市のシェアスペース、「みんなの家」にて起床。

62日間、まる2ヶ月にわたるこの長旅もいよいよ最終日だが、完全なる二日酔いだ。

とは言え、走らないとどうにもならないので、シャワーを浴びて

もっとみる

【DAY.61】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

この記事、連載は...
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

7:30、長野県 下諏訪のゲストハウス、「マスヤゲストハウス」にて起床。

ドミトリールームなのに、朝からかなり大きな声でしゃべっているおじさんがいたのだが、他の宿が全部埋まっててここに来た、と言っていた。

ゲス

もっとみる

【DAY.60】新潟発着!2ヶ月で、公務員がバイクで全国周る旅日記

** この記事、連載は...**
民間から中途で新潟県庁に入った公務員が、4年で退職するその前に、有休消化で全国をバイクで回る、という、ノープランな企画です。予約なし、フィーリングファースト。

7:30、栃木県 日光市のゲストハウス、「いまいちやど」にて起床。

オーナーさんと、旅の話や新潟の話などをし、9:30出発。

小一時間ほどで群馬県入国。

さすがグンマー、県境も秘境っぽい雰囲気が.

もっとみる

オートバイの旅について - 2

野宿の醍醐味

野営する場所は、午後3時くらいまでに決めるようにしています。
早すぎると思われるかもしれませんが、ここで欲を出してもうちょっと走ろうと考えると、かえって設営場所が見つからないことになることが多く、気づくと夕闇が迫っているなんてことになります。
天気の急変なんてこともあるかもしれない。
なにより暗くなってからのテント設営は大変です。雨が降っていたら、もうテントを張ることを諦めます。キ

もっとみる