パウエルFRB議長

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(8/23 金)

--------------8/22ドル円相場-------------------

韓国のGSOMIA破棄で106.251円まで下落も、米長期金利の上昇で下げ渋る。

OP106.575 HI106.651 LO106.251 CL106.424

-----------8/22主な出来事---------------------------

16:15 フランス8月製造業PMI・速報値

もっとみる

強弱入り交じる米経済指標、利下げの行方は

米国株式市場はほぼ横ばいで終了した。朝方発表された米経済指標が強弱入り混じる内容となる中、連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が23日にジャクソンホールで行う講演に注目が集まっている。

FRB内でも見解不一致

パウエル議長は、FRB内に見られる金融政策を巡る見解の不一致に加え、利下げに向けた政治的圧力、景気後退の前兆とされる長短金利差逆転の動きといった向かい風の板ばさみとなる中、7月の利下げ

もっとみる

なんで円高になったの?Part2

★マーケット投稿★
▼なんで円高になったの?Part2

前回の記事、facebookで分かりやすいとシェアしていただいたり、コメントいただいたりして、とっても嬉しい私です!
初めてバズりました(過去の私比)。
友人以外のシェア18件、フォロワーが2日で200人以上増!
これからも色んな人に読んでもらえるよう、読みやすい記事の更新を頑張ります!
今回も長くなっちゃったのですが、読みやすくしたので、

もっとみる
スキありがとうございます!
1

なんで円高になったの?Part1

★マーケット投稿★
▼なんで円高になったの?

最近、外貨について聞かれることが多いので、ここに投稿してみます。長くなっちゃったけど、読みやすくしたので、お時間ある時にサラっと呼んでもらえれば嬉しいです!!

◆なぜ円高になったのか。ざっくり、108円→105円になりましたよね。こんなに動くの久々。

◆理由は2つ。
1.アメリカが、利下げしたから。
アメリカの利下げ、なんと10年半ぶり!!ん?1

もっとみる
ありがとうございます!
2

ビットコイン急落 by 8% - 損切りして出直すか、それとも...「損切りの利点」とは?

ビットコイン(BTC)は40万円台から140万円まで急騰後、120万円割れまで急落-。きっかけとなったのはパウエルFRB議長がフェイスブック発行(予定)のリブラに関して、「プライバシー問題や資金洗浄(マネーロンダリング)、消費者保護、金融安定性などに絡み、多くの深刻な懸念」があるとした発言。ただ同時にリブラの利用が広範囲になる可能性についても言及し、リスクが十分に特定される限り、金融イノベーション

もっとみる
10

FRBパウエル議長議会証言 (2019年7月)

2019年7月10日、11日と2日間にわたって行われたFRBパウエル議長の米国議会証言の要点をまとめたいと思います。

FRB議長は半年に一度、経済情勢や金融政策について米上下両院の議会で証言を行う事になっています。議会証言でFRBの経済見通しや今後の政策方針が明らかになるため、市場でも注目されています。

なお、パウエル議長は6月下旬のFOMC会合にて政策金利の引き下げを示唆する発言しています。

もっとみる
Thanks!
1

方向感が見えなくなる米国金利、どう思う

このところ米国の政策金利が下げられるとの見方が出てきた一方で、雇用統計は市場が思ったよりも強く、金利の方向感が分からないとの声が多くなっています。長期投資においてはそもそも中央銀行の政策はサイクルを小さくするためにあるのであまり気にしなくてよいと思いますが、説明します。
まず米国は雇用が回復、賃金が3%程度の上昇率に回復して、リーマンショック前の状態に正常化してきました。当時長期金利は4%でしたが

もっとみる

FRBの利下げ示唆、どう評価するか?

このところ米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長を含む幹部の発言が利下げを検討しているように思われます。これは中央銀行として適切と思います。利下げの確率は上がっていますが、そもそも中央銀行の政策は経済のトレンドを変えないとみています。いつごろ何回利下げするかは、長期投資で気にすることはないと考えます。
まず、中央銀行は利下げの時は「黒田バズーカ」のように驚かせてもいいのですが、経済回復に伴う正常

もっとみる

3月25日の市場のブレについて―NYから

今ニューヨークに来ています。3月25日に日経平均が21000円を割れて3月初めの水準をつけるなど市場のブレが大きくなっています。簡単に言えば世界の景気減速懸念が強まりました。いくつかの景気指標がそれほど強くなかったということもあったのですが、FRBのパウエル議長などのコメントが予想外に弱気に見えて、何か市場が知らないことが経済で起こっているのではないかという疑心暗鬼が台頭したようです。
またイール

もっとみる