パンクス

ISHIYA私観「平成ハードコア史」第3章〜#1 DEATH SIDE解散

これまでは昭和から平成にかけての話や、全国ツアーでまわった各都市などについて触れてきたが、この第3章では平成中期以降についても触れていきたいと思う。私観であるので、第2章では自分のバンドであるDEATH SIDEについて触れてきたが、平成初期にはDEATH SIDEを解散し、FORWARDという新しいバンドを結成し現在に至っている。
ちょうどこの時期になると、第三世代とも取れる世代のバンドの台頭も

もっとみる
ありがとうございます!
36

いつまでも演奏が上達しないパンクスと、どこまでもセックスが上達しない純愛主義者って、エモだとか愛情だとかの感情論だけで理を曲げようと躍起になるとこが似てるなぁ。

ISHIYA私観「平成ハードコア史」第2章〜#20 DEATH SIDE最後の作品「ALL IS HERE NOW」

第1章で出てこなかったバンドや出来事がまだまだたくさんあるのだが、俺が書いているコラムであるのに登場していないバンドがある。そう、DEATH SIDEだ。
この第2章では、DEATH SIDEの話を中心に、様々な話を交えながらDEATH SIDEの歴史についても書いていきたいと思う。
2019年の現時点でも活動しているDEATH SIDEだが、今のDEATH SIDEの話はまだ先になってしまうだろ

もっとみる
ありがとちゃーん!
35

ISHIYA私観「平成ハードコア史」第2章〜#19 DEATH SIDE / CHAOS U.KカップリングアルバムとTHE WILL NEVER DIE

第1章で出てこなかったバンドや出来事がまだまだたくさんあるのだが、俺が書いているコラムであるのに登場していないバンドがある。そう、DEATH SIDEだ。
この第2章では、DEATH SIDEの話を中心に、様々な話を交えながらDEATH SIDEの歴史についても書いていきたいと思う。
2019年の現時点でも活動しているDEATH SIDEだが、今のDEATH SIDEの話はまだ先になってしまうだろ

もっとみる
読んでいただきありがとうございました!
48

ISHIYA私観「平成ハードコア史」第2章〜#18 DEATH SIDE 2ndアルバム「BET ON THE POSSIBILITY」

第1章で出てこなかったバンドや出来事がまだまだたくさんあるのだが、俺が書いているコラムであるのに登場していないバンドがある。そう、DEATH SIDEだ。
この第2章では、DEATH SIDEの話を中心に、様々な話を交えながらDEATH SIDEの歴史についても書いていきたいと思う。
2019年の現時点でも活動しているDEATH SIDEだが、今のDEATH SIDEの話はまだ先になってしまうだろ

もっとみる
ありがとちゃーん!
45

ISHIYA私観「平成ハードコア史」第2章〜#17 DEATH SIDE 1stアルバム「WASTED DREAM」

第1章で出てこなかったバンドや出来事がまだまだたくさんあるのだが、俺が書いているコラムであるのに登場していないバンドがある。そう、DEATH SIDEだ。
この第2章では、DEATH SIDEの話を中心に、様々な話を交えながらDEATH SIDEの歴史についても書いていきたいと思う。
2019年の現時点でも活動しているDEATH SIDEだが、今のDEATH SIDEの話はまだ先になってしまうだろ

もっとみる
何かを感じてくれたなら幸いです。
41

ISHIYA私観「平成ハードコア史」第2章〜#16 盛岡シーン

第1章で出てこなかったバンドや出来事がまだまだたくさんあるのだが、俺が書いているコラムであるのに登場していないバンドがある。そう、DEATH SIDEだ。
この第2章では、DEATH SIDEの話を中心に、様々な話を交えながらDEATH SIDEの歴史についても書いていきたいと思う。
2019年の現時点でも活動しているDEATH SIDEだが、今のDEATH SIDEの話はまだ先になってしまうだろ

もっとみる
読んでいただきありがとうございました!
52

雑誌Bollocks FORWRAD 2018年「BURNING SPIRITS Noth American Tour」レポート

2018年の10月31日から11月24日まで、FORWARD 5度目となるアメリカツアー「BURNING SPIRITS NOTH AMERICAN TOUR2018」を行ってきた。
西海岸からアリゾナ州フェニックスまでをLONG KNIFE、テキサス州3都市をOBSTRUCTIONとCRIATURAS、東海岸をHEAD SPLITTERSという強力なサポート陣を迎え、各バンドへの引き継ぎの間と北

もっとみる
ありがとちゃーん!
8

雑誌Bollocks 2018年DEATH SIDEスウェーデンツアーレポート

2016年にFORWARDでスウェーデン・フィンランドツアーを行った際に、ストックホルムで宿泊した家に一緒に住んでいた、ローニーという人物が4年間行っているスウェーデン最大のパンクフェスである「DEAD RHYTHM EASTER FEST」が、ストックホルムで3日間に渡って行われ、日本からDEATH SIDEで出演してきたので、その模様をレポートして行きたいと思う。

今回の「DEAD RHYT

もっとみる
ありがとちゃーん!
2

雑誌Bollocks DEATH SIDE 2016年ロンドンライブレポート

2016年の9月14日に日本を発ち、16日と17日にロンドンでライブを行ったあとにブリストルへも遊びに行き、21日に日本に帰るまでの間イギリスを堪能してきた。
初めて訪れたイギリスだが、個人的にイギリスという国への思い入れが強い。イギリスのパンクが無ければ、DEATH SIDEをやることすらなかっただろう。そんなイギリスでの出来事をレポートしていきたいと思う。

何かを感じてくれたなら幸いです。
5