ビジネスモデルキャンバス

【外出中にもマーケティング】ビジネス・マーケティング思考ツール「BizMake」ver1.6でスマホ操作が可能に。

東京システムハウス株式会社(以下、当社)は2019年11月18日(月)にビジネス・マーケティング思考ツール「BizMake(ビズメイク)」のver1.6をリリースしました。今回のアップデートではスマートフォンに対応したほか、プロジェクトを共有する機能を追加いたしました。

BizMakeはビジネス・マーケティング思考のためのWEBサービスです。
ビジネスフレームワークをWEB上で簡単にご利用いただ

もっとみる
僕も「スキ」ビズよ♪
7

リーンキャンバス

ビジネスモデルキャンバスと同様に9つの視点でビジネスを可視化するためのフレームワークです。特にスタートアップ時のビジネスを仮説検証する際に有用です。

↓ WEB上で無料で作成できます ↓

もっとみる
僕も「スキ」ビズよ♪
5

STP分析のやり方をジャンプルーキーの事例で解説

STP分析とは「セグメンテーション」「ターゲット」「ポジショニング」の3つを通して、売るべき顧客を決め、差別化をするためのフレームワークです。当然、ターゲティングやポジショニングはビジネスを成功させるために必要不可欠な要素。真っ先に設定をしなくてはいけません。

しかし、作り方が分からずに困っている方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は集英社のサービス「ジャンプルーキー」を例に挙げて、STP分析の

もっとみる
いつもありがとビズ♪
8

ビジネスモデルキャンバス

『顧客にどのような価値を提供して金銭を獲得するか』『価値提供のために必要な内部オペレーションは何か』といったビジネスの流れを1枚のキャンバスで可視化するフレームワークです。作成したビジネスモデル全体を俯瞰してみることが可能になります。新規ビジネスの構築、既存ビジネスの変革など場面を問わず世界的に活用されています。

↓ WEB上で無料で作成できます ↓

もっとみる
ありがとビズ♪
5

診断士知識、企業内での使いどころ・タイミング

こんにちは、企業内診断士の三木です。

「診断士関係で学んだ知識を会社でどのように活かすのか?」
企業内診断士として、普段から考えている方も多いかと思います。

先日あったことですが、会社の後輩のT君が、社内会議の資料を作るのにやけに時間がかかっていました。
話を聞いたところ、作った資料を見直すたびに、表現の仕方など気になる部分が新たに湧いてきて、何度も修正をしているうちに、気づくと時間が経ってし

もっとみる

ビジネスモデル創造の図解術と、新しいエコシステム・フレームワークを求めてー近藤 哲朗・小山龍介対談『ビジネスモデル・ビジュアライゼーション』(3)

近藤氏からビジネスモデル図解について、小山からビジネスモデル・キャンバスについての紹介が終わった後、ビジネスモデルの図解についての対談に移っていった。話題は、ビジネスモデル創造のための図解アプローチの可能性へと広がっていった。(文・構成 小山龍介、写真・片岡峰子)

共通言語としてのビジネスモデル

小山龍介(以下、小山):近藤さんのビジネス図解研究所としての活動自体、会社の枠組みを超えているとこ

もっとみる
ありがとうございます!
12

5forces(ファイブフォース)分析でUBERのビジネスを徹底解説!

自社を取り巻く外部環境を分析するためのツールが5forces(ファイブフォース)です。外部の企業や消費者などから自社に働くパワーを分析することで、商材の差別化や、利益率を拡大するための施策が明確になります。まさにビジネスを成功させるために欠かせないツールです。

今回はライドシェアイングサービスなどを手掛ける「UBER」を例にして、5forces分析のやり方についてご紹介します。UBERはいかにし

もっとみる
本日は大吉ビズ♪
7

楽器のシェアリングサービスは可能? 5forces(ファイブフォース)でビジネス検証!

読者の皆さんは楽器を使ったことがあるでしょうか? 「学校の授業以来、一回も……」という方や「バンドを組んでいたので、昔は頻繁に使っていた」という方など、さまざまいらっしゃるでしょう。「昔取った杵柄」状態になっている方にとって、楽器は捨てられないけれど、部屋のスペースを取るアイテムになりがちです。

そこで今回は「こんなビジネスがあったら面白んじゃない?」ということで「楽器のシェアリングサービス」に

もっとみる
もっと頑張りますビズ♪
6

オントロジーとしてのビジネスモデル・キャンバスと競争優位の5つの階層ー近藤 哲朗・小山龍介対談『ビジネスモデル・ビジュアライゼーション』(2)

近藤哲朗氏の講演に続いて、ビジネスモデル学会プリンシパルの小山龍介から、ビジネスモデル・キャンバスについての紹介へと移った。(文・小山龍介、撮影・片岡峰子)

小山龍介:近藤さんの話を受けて、ここからはビジネスモデル・キャンバスの説明をしていきたいなと思います。これが、9つのブロックで構成されるビジネスモデル・キャンバスです(下図)。近藤さんの説明を借りるなら、右側には「誰に対して何を」というマー

もっとみる
ありがとうございます!
6

食品メーカーの外部環境をPEST分析の事例として紹介!

政治や経済、社会、技術など、ビジネスを取り巻くマクロの外部環境を分析するためのツールが「PEST分析」です。

これらの外部要因は、安定して自社のビジネスを進めるために知っておく必要があります。法律が変われば、事業可能性が広がることがありますし、逆に狭まることもあるでしょう。また収入などの経済動向が変われば、事業に割くべきコストが変わります。

つまりPEST分析は事業計画やビジネスモデルそのもの

もっとみる
もっと頑張りますビズ♪
9