ゲーテという人

ゲーテに魅せられている。

ゲーテとは、言わずもがな、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテのことである。

ゲーテは、ドイツの詩人、劇作家、小説家、自然科学者(色彩論、形態学、生物学、地質学、自然哲学、汎神論)、政治家、法律家と、まさに真のマルチタレントであり、晩年は政治家としても活躍した。18世紀末から19世紀初頭という時代、日本で言えば、幕末から明治の頃の人である。

彼の人柄は「ゲーテとの

もっとみる

【AZアーカイブ】使い魔くん千年王国 第十五章&十六章 怪盗フーケ(後編)&東方の博士

<BACK TOP

【第十五章 怪盗フーケ(後編)】

主なる神は土の塵で人を造り、命の息を吹き入れられた。そこで人は生きたものとなった。――『創世記』2章より

あなたの目は、私のまだできあがらない体を見られた。――『詩篇』第139篇より

「『占い杖』? な、何よ、あんた知っているの?」
ルイズは、ミス・ロングビルの目の前での惨死に蒼白・涙目になっている。
「ああ、ぼくの故郷、『東方』の自然

もっとみる

まどマギと西洋の物語を絡めた考察記

もうすぐマギレコのアニメが始まりますね!
まどマギが放送されてから8年経ってるのですね。早い…Σ(゚ω゚ノ)

さて、本題に入りますが、まどマギは人魚の魔女だったり叛逆の物語ではくるみ割り人形が出てきたり、ところどころグリム童話のモチーフやクラシック音楽が流れていたり西洋の影響を受けている、と勝手に解釈しています。
少し話が脱線しますが、最近ファウストを読んで ふと(あれ?この構成に既視感…)と思

もっとみる

ファウスト第二部読了

ファウスト第一部マルガレーテとの別れから一変 第二部はより一層ファンタジーに描かれている印象。
第二部では、なぜかファウストとメフィストは宮廷仕えになっていて(マルガレーテは…?)と思ったりした。
英訳版でファウストが第一部で完結してるのは第一部と第二部の内容があまりにも違うからかな?と思ったり。
さて、第二部ではファウストは母の国に行き、美の象徴ヘレネーに恋をする。 第二部では、ヘレネー以外にも

もっとみる

ファウスト 第一部読了

ゲーテのファウストを読了したから感想をここに記します。
まず、第一部はファウストがあらゆるこの世の理を知って絶望し、悪魔を召喚しようとする何ともファンタジーな始まり方で悪魔メフィストと契約を交わすところから始まって。
ファウストは学識高い有名な学者と思われるけど、部屋は薄暗くて食べるものも地上のものとは思えないと散々な感じだからメフィストから「陰気な部屋から出てみて楽しいことしてみよう!」と部屋か

もっとみる

ヘビにかまれたこと、ありますか? その4

「その3」はこちら ↓

「慕い仕えていた者と奏でる楽の音が
 次第になりをひそめ、
 他の美声に重ねはじめたその声が
 より美しく響き合うように聞こえる
 ――思いがけず訪れた宿命が、ナハシュの耳に
 不幸な客観性を与えるとき、
 その音楽を耳から掻き消すに、
 やむをえず生み出した不協和音が、
 嫉妬という歯ぎしり
 ――みずからの唇の内側に秘められる
 醜い摩擦音であったとしたら…。

 あ

もっとみる

南仏に隠遁した文豪はメフィストフェレスだったのか?(園部哲)

「園部哲のイギリス通信」第7回
"The Devil's Own Work"(悪魔の作品) by Alan Judd(アラン・ジャッド) 1991年出版

1946年生まれの著者は寡作だけれども文学的伝記からスパイ小説までと執筆ジャンルは幅広い。本書はそのなかでも「文学的」な存在でかつ最も短い作品だ。短編小説と中編のあいだに位置する「ノヴェラ形式」といえよう。

辛辣な書評を機に変移する「私」と友

もっとみる

Gounod "Faust" Overture

グノー 1818-1893(生年と没年)

ワーグナー 1813-1883

ヴェルディ 1813-1901

この三人、ほとんど同時代人なんですよね。ロラン=マニュエルの「音楽のたのしみIII」で指摘されていて、改めてずいぶん作風がちがうよな、と思った次第。関係ないけど、ヴェルディで検索するとサッカーチームが出てくるんだよな。別にいいんだけど。 

R-Mも言っているけど、グノーは「ご近所のとっ

もっとみる

機械学習魔改造ファウスト「道化にしては利口だ。お前は人間であったからな」

概要

 私がドイツ語原著から訳したゲーテの「ファウスト」を機械学習の元データにして文章を生成しました。そのアウトプットの内、意味が通じるモノをピックアップしました。そして一言コメントを付けました。
 あくまで趣味の範囲のお遊戯です。文章自動生成は素人なので、粗探しはご容赦願います。アドバイスはコメントにお願いいたします。

生成文書とコメント

「私はあなたのために、私の前には何をしているのです

もっとみる