好きな雑誌から、自分の好きな世界が見えてくる

見方がよく分からなかったし、作品をつくる時、無意識に真似してしまうのがこわくてできるだけ雑誌を見ないようにしていた。

けれどとあるワークで、好きな雑誌をあげたり、そこからイメージを集めるというものがあってはたと困ってしまったのだ。「好きな雑誌、ないよ…」「家に雑誌、ないよ…」ってなって。

それから少しずつ、いいなと思う雑誌を買っている。
こんな感じ。

▶LaLa Begin(ララビギン)  

もっとみる

ファッション誌とおしゃれ

AneCan、休刊。それは3年前のこと。
昨今、ファッション誌の休刊や廃刊が軒並み続いている。

ファッション誌、大きく重い。小脇に挟み街を練り歩く、女性、ファッションを脇挟みし歩く、その一時期流行した景色は何処に。

四角、重い、大きな紙塊、積み重なる。 非売品オマケ付。

煌めくモデルが表紙を飾り、唸り声のタイトル、ノンノッ、キャンキャムッ。

電子版もある。時既に遅し。

おしゃれ、ライフス

もっとみる
ありがとうございます。好きな飲み物は苦いココアです。
3

ノスタルジックな気分でZipperを読む

Zipperという昔読んでいた雑誌がムックになって帰ってきた。

本屋に行かなくてもスマホひとつで予約注文。
レジに持っていくよりポチる時代。

リアルに歳とった。
よく自虐で「40歳」をネタにしているけれども、年齢を重ねた実感を痛烈に感じた。

「あの頃人気だったあの人たち」感が表紙だけでも伝わってきてページをめくるのが怖かった。

縁取り文字を表紙から紙面まで多用されているが、これは現

もっとみる

ファッション誌をまた買うようになる可能性について

「第2次Popteenカバーガール戦争」がなかなか面白くて毎回見ているのですが、そういえば「ファッション誌ってもうずいぶん買ってないなあ」と思ったので、自分が雑誌をまた買うようになる可能性について考えてみました。

■「ポプ戦」が熱い!

私は、ファッション系のオーディション番組が好きなので、「アンミカ先生のパリコレ学」とかもよく見ているのですが、今、AbemaTVで配信されている「第2次Popt

もっとみる

雑誌を読まなくなったわたしのオススメの雑誌

ファッション雑誌をあまり読まなくなった。
いやファッション誌だけでなく、雑誌全般を読まなくなった。

理由はたくさんある。

中でもいちばんの理由は、情報源としての重要性が低くなったからだと思う。

いま、雑誌で得られる情報・知識は他の手段でも手に入る場合が多い。

しかし、紙の雑誌の良い部分もある。

私が紙の雑誌でいちばん好きなポイントは、興味の無い情報が入るということ。

紙の雑誌を買う

もっとみる

ライターの専門性について

こんにちは。

ほっと(@hot___chan)です。

ファッションライターをしています。



最近SNSのDMでよくいただくメッセージがある。

「どうやったらファッションライターになれますか?」という質問。ライターとして食べていきたいという、需要の多さを感じる。

皆、口を揃えて言うことは、ネットで検索しても答えが出てこない、何から始めたらいいのかわからない、ということ。

服飾関係の学

もっとみる

石膏像を作っています6月9日 「her magazine」

「her magazine」というファッション誌で、3月に僕の石膏像工房を撮影場所に使っていただきました。

her magazineは、NZ出身のJames Oliverさんが2015年から発行するファッション・アート・カルチャー誌。年2回発行。Vol.6ではAgnis b.への取材もあったりして、凄くかっこいいハイセンスな誌面です。ワールドワイド(英国、香港、など…たぶんニュージーランドでも)

もっとみる
よろしければシェアをお願いします。ありがとうございます。
12

女性ファッションマガジンのサイトが可愛くない

いきなりど直球に言ってしまうけど、そう思うことがある。

わたしはwebデザインのことに詳しくないから、理想デザインを考えて、それがどのくらいKPIと繋げられて、実装化できるまでに至るのか、ということはわからない。

だからあくまでも一読者としての感想と捉えて欲しいのだけど。

雑誌はあんなに可愛いのに、サイトはあんまり可愛くないよな〜と思うことは度々ある。

もちろん紙媒体とweb媒体だと勝手が

もっとみる

【アラサー必見!自問自答おすすめファッション誌】

ファッション誌、最近読んでいないな〜というお客様が多かったので、今回は私のおすすめファッション誌をまとめてみました。
色んな雑誌を読みまくっているのですが、その中でも超定番&スタイリングが美しい雑誌をセレクトしています🐇↓

もっともっと面白い雑誌はたくさんあるのですが、今回はあくまでも「ファッション初心者さん」か「ファッション誌久しぶりさん」に向けてのおすすめです。

雑誌を読むのって、実は

もっとみる
私はパスタに致死量くらい粉チーズかけて食べるのがスキです
12

ファッション誌で仕事をしたくない人

無印良品にあったこの本。ちょっと立ち読みして、すみずみまで読みたくなって、オンラインでポチッとしてしまった。

日本の小さな本屋さん
著者・和氣正幸さん
発行・株式会社エクスナレッジ

日本にあるこだわりの書店を紹介したこちらの本。私が本好きだからというのもあるけれど、欲しくなった理由は───

写真が本当に素晴らしいから。
写真家・砺波周平さん。

書店らしいゆっくりとした空気感が漂っていて、ま

もっとみる