#4 自分をhugするということ

いまでも先生と呼ぶ間柄の人が何名かいる、
そのなかの一人。

ある女性から、今回は仕事の依頼を頂いた。
普段は英語教室の先生をされていて、実に10年ぶりのやりとり。

そのやり取りのなかで、まさに今日、
いまの私に必要なことを投げかけられて
ブチのめされたことを記録しておきます。

big bear hug
大切な人をhugしよう
自分のこともhugしよう

私は自分のことを、どこかいつも足りない

もっとみる

私らしく肩書きにとらわれずフリーランスで働くと決めたこと

フリーランスWebデザイナーのoliです。
ここ数ヶ月実はかなり悩んでいました(ていうか、いつも悩んでるよね…?)

でもある意味吹っ切れたので、書き留めておきたいと思います。

私が悩んでいたこと、それは
・サービス価格が安すぎると言われる(ビジネス的な視点で)
・そもそものターゲットを変えるべきでは?
・あなたならもっと稼げるのに…

みたいな、こんなことを他人から言われて悶々としていました。

もっとみる

泥臭くてなんぼ!未経験からフリーランスになる人は自分の足で稼ぐべきと思う話。

こんにちは。

最近、ツイッターをついに始め、血迷ったあげく泥臭フリーママwebデザイナーと名乗ってみることにしました。

いずみや(@olioli_web )です。

未経験コネなし実績なしの私がなぜ今、フリーランスのwebデザイナーとして仕事をすることができているのか。

「営業してるんですか?」
「どうやって仕事取るんですか?」

とかよく聞かれるんですが、自分は全く営業している気はありませ

もっとみる

~フリーランスママの働き方~時間がないママこそとにかく「絞る」べきだと思う話

こんにちは。
未経験&ママからフリーランスwebデザイナー2年目のoliです。

私は息子が1歳の時にwebデザインを一からスクールで学び始めました。
そして1年後に開業、なんとかかんとか今フリーランスでお仕事を色々させてもらっています。

(詳しくは)主婦の私が未経験からフリーランスのwebデザイナーになった理由と経緯

☑子育てしながら仕事だけでも大変!
☑さらにフリーランス、自営ならなおさら

もっとみる

幸せの価値観は変わる、東京生まれ東京育ちの私が結婚子育て田舎暮らしを経て劇的に変わったこと

こんにちは。
フリーランスwebデザイナーのOliです。

怒涛のGW10連休がやっと(?)終わり通常運転に。
世の中のママさんたちお疲れ様でした。
連休ってほんと大変ですよね(^_^;)

さて、私は連休で生まれ育った東京に帰っていたのですが、なんだかこの数年間で劇的に価値観が変わったな〜といろんな人に会って話して思ったのです。
これが良いのか悪いのかはさておき、自分は今すごく幸せだなって思えた

もっとみる

ディズニー映画「ダンボ」実写版を観て

ディズニー映画のダンボを観に行ってきた。

ダンボというキャラクターは知っていたけど、今までディズニー映画やアニメを見てこなかったので、ダンボのストーリーを知ったのは初めて。

アニメと実写では少し内容が違うと思うけど…。

サーカス団に買われた妊娠中のゾウが産んだのが耳が大きなダンボ。

サーカスデビューを果たしたダンボの隠していた大きな耳が露わになってしまい、観客に嘲笑われた。

それを見たお

もっとみる

疲れたときは少し離れることが大切

3月25日から始まった認知症の祖母の介護生活。

介護が始まって1〜2週間の頃は介護に疲れて、愚痴しか出てこなかった。

なぜなら、私は仕事時間と睡眠時間を削りながら子育てと認知症介護、在宅ワークをしていたのに、他の家族は十分な睡眠を取り、外出してランチをし、いつも通りに仕事をしていたからだ。

そこで、昼間は母親が祖母の介護、夕方からは私が介護という態勢に変更してもらった。

これが普通じゃない

もっとみる

フリーランス2年目、webデザイナーって名乗るのを辞めようと思う

4/1で開業1周年を無事に迎えた。

何にもできなかった主婦がwebデザインのスクールに行って1年で未経験で開業。
未経験や同じような主婦の方から見たらすごい成功ヒストリーなのかもしれない。

でも制作会社出身のフリーランスデザイナーさんや企業デザイナーさんから見たらとんでもない話だ(そもそも対象として見られてないって話なんだけど)。

1年前、勢いでwebデザイナーって名乗って開業したけど自信が

もっとみる