プランター庭園

2019.07.18 記録

いやはや。サボりまくりング。

もっと気軽に更新しなくちゃね。

仕事を始めて、朝の時間に余裕がなくなって写真を撮ることも減ってましたが写真は撮ってましたね。

だがリセット、昨日今日の記録からいきます。

昨日

晴れていました、帰宅して即植え替え等々

まず、前回の記事で作業したところですね

脇芽のところでツルを切って、新しく育ててたとこですが

まあるい葉っぱが以前からあるもので、新しく新

もっとみる

よるがお(夜顔)

懸命に伸びてきているけれど成長が遅い。雨の所為で気温が足りないのかも知れない‥。8月には勢いを上げるのを期待したい。

エアーポテト

2019年7月14日去年採れた芋は小さく、食べるほどでもなくて種イモになれば好いかと植えておいたのが恐らくは芽を出したようです。そうだと今年はマシに育つ筈と期待している。

2019.07.05 成長記録

こんばんはすばるです
いやあ、サボりまくりング

今もあまり時間がないのでサラッとあったことだけ報告

7/3水曜日

ピーマンを3つ収穫しました。
が、
膨らんでない、シワシワ……
味は、苦くなく柔らかかったですが厚みはありませんでした。
追肥で対処

シェフレラの新芽です!!!
矮化剤の呪縛から解かれたみたい
新芽が出てくるときは水の減りがめちゃ早いです。2日持たない。

昨日の出来事です

もっとみる

草花 ✾ エトセトラ

2019年7月15日 : コスモス(一重咲)
賑やかし目的で残り種をばら蒔きした。

2019年7月6日 : プリムラジュリアン
サクラソウ科の多年草。🌸花が気に入らない訳ではないが、花殻摘みした後の葉っぱだけの形状が私には親しみやすい。梅雨になり後には盛夏が控えているから手遅れにならないよう半日蔭へ植替えを急がなければなるまい。

2019年6月27日 : ガーデンシクラメン
これは2018年

もっとみる

2019.06.21 成長記録とユリ後

おはようございますスバルです

気づいたら10日間も記録をしていませんでした。

これからはもっとマメに記録することを忘れないようにしたいです。

では、記録の前に1つ。
ユリの花がすべて終わったのでその後の処理について軽くまとめます。また後日、しっかりとまとめたいなと思っています。

このように、枯れた花は根本からサクッと切ってしまいます。チューリップ同様、こうすることで種ができることを

もっとみる

中心者 - 主体 -

喧嘩してはいけないとお思いのお人は余りに多いのを感じます。しかもその感覚は善いことのように想い込んでらっしゃる。どうしてそんなふうに育ってしまったのだろうか?環境に染まったに決まっている‥と私は言いたい。産れたばかりの赤子には親を認識する知恵は育ってなくて、只ただ認知するのみ。刷り込みによって主(しゅ)を認知していると私は捉える。主‥旧約でいうヤハウェに相当しよう。仏法的には主・師・親になるだろう

もっとみる

中心者 - あほう -

スポーツでも職場でも家族でもどんな団体であっても目標・目的に向けて心と心は繋がりあうことになる。集団に所属している人たちに具わる雑多な心が一つに合わさるとき、想像を超えた凄い力が発揮されることになる。だから心を合わせようとする思想も人それぞれに生れることになる。

例えば北朝鮮の金正恩氏は自分の思想を善いとし、トランプ大統領は自分の思想を善いとする。両人の思想が全く同じであれば善くも悪しくも両者の

もっとみる

中心者 - 大事 -

大善の記事で触れた中心者に関する私の感覚を縷々(るる)述べたいと思います。大善という立派な言葉を述べたから私は凄いだろうか?あなたはちっともそう思わない筈だ。だけど立派な言葉に魅せられる私はいるし、あなたもいらっしゃる気がする。立派な言葉に魅せられる私たちの心を見抜いて(例えば)選挙公約に立派な言葉を並べる候補者はゴロゴロいるよね。本当に大事なことは何なのか‥ここではこの視点から考えていきたいと思

もっとみる

善き友 - 学ぶ -

ハイジの作者シュピリの舞台は19世紀のスイス。資本主義が世界中の国々に広まった時代と思って差し支えなさそうです。営利主義・合理主義が人々に浸透していけば当然のこと、お金重視の風潮は広まるし、他者に勝ちたいという競争意識が広まるし、見栄・ファッションに疎い感覚の人は勝ち上がれない。勝ち上がるためには持って生まれた能力も重視されるし、能力が具わっていない人は見下されることになる。結局教養を身につけるっ

もっとみる