チーム開発を最高に楽しくしたプロジェクト家訓の話

note書くのがめちゃめちゃ久しぶりになってしまいました。。

しばらく経つ間に、いくつかのプロジェクトが佳境を乗り越え、無事カットオーバーを迎えることが出来ました^^

そんな中で、僕が久しぶりにチームを感じる楽しかったと胸を張れるプロジェクトがあるので、少し紹介したいと思います。

プロジェクト概要

開発メンバー 5人
プロジェクト規模 27人月
僕の役割 プロジェクトリーダー

こんな感じ

もっとみる

Lv. 24

24歳になっちまった!

というわけで、
23歳振り返りと24歳の抱負。

23

23歳は、「金も人脈も知識もない状態からゲストハウスを作るには何をしたらいいのか」がわからなかったのでとりあえず動き続けてみました。

面白い取り組みをしているゲストハウスで働かせていただき、イベントに参加して、自分でもいくつか開催してみました。来ていただいた方、本当にありがとうございます!

ゲストハウス開業に向

もっとみる

Repsona(レプソナ)のSlackコミュニティはじめました

Repsona LLCの代表兼エンジニア(ひとり)の、ガッシーです。ひとりで、理想のタスク管理ツールを作っています。

Repsona(レプソナ)公式Slackコミュニティ作りました!気軽にサービスへのフィードバックをしていただいたり、ユーザー同士でのQ&Aなどに使っていただければと思います。ゆるーい感じでまずは始めてみます。お気軽にご参加ください!

→ こちらからご参加いただけます ←

参加

もっとみる

ワンメディア株式会社がシードラウンドで4.2億円の第三者割当増資を実施(2019年7月16日)

資金調達情報

調達額:4.2億円

ラウンド:シードラウンド

募集方式:第三者割当増資

調達先:ABCドリームファンド2号投資事業有限責任組合
    OLM1号投資事業有限責任組合
    KDDI新規事業育成3号投資事業有限責任組合
    株式会社セプテーニ・ホールディングス
    みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合
    LINE Ventures Japan有限責任事業組

もっとみる

カミセン一人目の男登場。

ハロー。

『コンテナプロジェクト開発ドキュメント』の川端ver.の第四弾だよ。

黒真珠さんとの話で終わっていたよね。

どういう経緯かは忘れた。でも、とりあえず、現地に行った。そして、なんか、面白いコトしたいなって思った。

その時点できっとコンテナを使うアイデアは頭の中にあったはずだ。と、ほぼ同時にある男の顔が浮かんだ。

sbr。

知ってる?

Nue inc/株式会社ぬえの松倉くん。

もっとみる

複数のプロジェクトをもつこと

プロジェクトなんていうと大げさだけど、「お金にもならないし、誰の役に立つかもわからないことをやる」をどんどん増やしていきたい。

私は飽きっぽいので、複数のことを同時進行で進め、それを続けたりやめたり繰り返していくのが楽しいらしいとわかってきた。いろいろ考えて連載もたくさんもって、自主的に忙しいライター(のようなもの)になりたい。

人間の生活というものは、他の人には見えづらく、だからこそただの日

もっとみる

他との違いを考える 4.あなたの「学びたい!」を全力で応援

「KECを他とdifferentにするもの」の4つめです。学習者の「学びたい!」はすべての原動力。何をするにもなくてはならないものですが、ここでは特に、インディペンデント・スタディについて説明します。

KECのプログラムには、受講生が自らデザインし、実行する、「インディペンデント・スタディ」が含まれています。プログラムの後半に、卒業制作のような位置づけで組み込まれたプロジェクト。といっても、思い

もっとみる

第7回編集会議をしました(2019/7/11)

学びのシェア会メンバーのひがしまりです。
一昨日、編集会議がありました。どんなことを話したのか、みなさんに動画でお伝えします。

今回は重大事案が決定!

仮タイトルで進めてきた出版プロジェクトですが、

タイトルが決まりました!

きみがつくる きみがみつける 社会のトリセツ

です!!

略して「きみトリ」…!

今後は「きみとり プロジェクト」として?よろしくお願いします!
タイトル決定にと

もっとみる

居間のいまを振り返る②

前回は、2013年の居間 theaterの立ち上げから2017年〜2018年始めころまでの活動の流れをご紹介しました。今回の②では、それらのさまざまな活動がどういったことをやってきたのか、2018年の創作を踏まえつつ、2019年現在どのようなことを考えながら活動しているかをお話します。未読の方はぜひ、①からお読みください。
(※この記事は2018年7月に居間 theater WEBサイトで公開した

もっとみる

誰が言う? 2019.7.5

粋に生きたい。野暮はご免被りたい。遊びでも仕事でもそれは変わらない。仕事なら誰も解けない難問を鮮やかに解決したいと思う。でもそれは、願っているだけで実現するわけではない。そびえる壁をいかに超えるか。横たわる谷をどう渡るか。猫に鈴、火中の栗。
仕事では、たくさんの会議や打合せを行う。計画やイメージを共有するのは当然だが、試されるのは必ず訪れる難局打開の仕方。そしてその多くは、人が絡んでいるので、現場

もっとみる