プ女子

プロレス観戦記録、観戦予定 2019

2019年のプロレス観戦記録と予定

札幌在住でいろいろな場所、団体見に行ってます!

昨年はぴったり50大会観戦だったので、ちょっとでも上回れればいいな!

観戦記録

02/03 新日本 きたえーる 1
02/19 ジャイアント馬場 両国 2
03/05 ランズエンド コンカリーニョ 3
03/15 WRESTLE-1 マルス 4
03/16 WRESTLE-1 旭川 5
04/07 大日本

もっとみる

私がBJWの石川勇希選手を応援している理由の話

こんにちは!

私の好きな選手は

初代タイガーマスク、佐山サトルさん

それは一生かわらないのですが

各団体に推している、応援している選手がいます。
(推していると応援しているは個人的にちょっと違う)

今回はその中で大日本プロレス(BJW)の石川勇希選手のお話です。

まず石川選手のプロフィール

出典 : Wikipedia

デビューしてから1年ちょっとの若手レスラーです。

出身は私と

もっとみる

全てのジャンルはマニアが潰す

プロレスを好きになってから12年ほどが経ちました。ここまで来ると「にわかファン」と言われることはもうありませんし、逆に「にわかファン」に出会うことや、ぼくのおすすめで「にわかファン」が生まれることがあります。

にわかに厳しすぎる人たち

ワールドカップなどのビッグイベントが行われている時だけサッカーを見て盛り上がる層を否定する人たちや、アイドルグループのエース格の子だけを好きでいる人を否定する人

もっとみる

心揺さぶられる時間#1 プロレスとの出会い

前回までコンプレックスについて
書きましたが、ここで息抜きがてら違う話を。

私、あまり感情の起伏がないです。
人からも冷静、落ち着いてるとよく言われます。

そんな私が心揺さぶられる時間、
それは、プロレス観戦です。

最近これを友達に言うと意外なのか
「えーっ!!」と驚かれます。

もともとは母が好きだった影響で
見始めたのがきっかけでした。

シナリオがあってやらせじゃないかとか、
暴力的、

もっとみる

プロレス・インフラのテレビ朝日『ワールドプロレスリング』

高校生ぐらいの頃、バナナマンとおぎやはぎのユニットがムチャクチャ好きで『epochTVsqure』というコント番組のVHSを何度も何度も見てました。確かレンタルビデオ店に置いてあったから全部一式借りて、それが好きになるきっかけだったかな。
でも別にそのレンタルビデオ店に感謝してるとかそういう感覚はない。

「プロレスを見始めたきっかけって何ですか?」と質問した場合、その多くがテレ朝で毎週放送されて

もっとみる

情熱大陸 -疲れたと言わない男、棚橋弘至

棚橋弘至は疲れたと言わない。
そんな嘘のような話はもはや伝説と化した。

昨夜放映された情熱大陸では、棚橋のリング外での姿を密接に追いかけていました。何故プロレスが人気を取り戻したのかではなく、その影で、表で身を費やしてきた男の姿が露わとなり、ようやくこういう形でプロレスが扱われるようになったのかと感嘆したのです。

番組内容としては、握手会やメディア対応、主演映画の完成披露試写会の様子など、棚橋

もっとみる

過去を振り返ればJリーグ観戦者の女性比率が高いシーズンは2003年から2006年まで。なぜ38.5%の壁を破れないのか。

スタジアムに女子サポーター、女性ファンを増やそうという努力は続けられている。すでにサッカー=男性のものというイメージは払拭されている。プレミアリーグの1年間を追跡したAmazonプライムの番組「All or Nothing」にも多数の女性サポーターが登場する。

Jリーグではオフィシャルでもアンオフィシャルでもたくさんの取り組みが行われている。

では、実際の観戦者の女性比率はどうだろう。実は20

もっとみる

「プ女子」という言葉の悲劇

こんばんわ。ハラひでです。

「プ女子」って聞いたことありますか?

ここ数年、女性のプロレスファンのことを「プ女子」と呼んでメディアに取り上げられている。

・プロレス女子を略したもの
・BL(ボーイズラブ)が好きな女性、「腐女子」と掛け合わせた言葉

この二つから出来上がっている言葉(造語)である。

メディアの認識が間違っているという悲劇

「プ女子」という言葉は語感もよく、団体やファンの間

もっとみる