マイクロインタラクション

【DJアプリ】マイクロインタラクション比較でわかったプロダクトの「立ち位置」と2つの心地よさについて

こんにちは!株式会社つみきでWebとAppのディレクションをしているmanami/Fと申します。(本名を出すのに抵抗がありニックネームで失礼。。)

この度部署をあげてマイクロインタラクションを研究していこうということになり、マイクロインタラクションについてぼんやり考える日々です。

ネタについて何を書こうか結構悩んだのですが、部署でも共有されているこの一文をふと思い出し。

[……]「こよなく愛

もっとみる

ショッピングカートのマイクロインタラクション試作

前々回のQRコード決済、前回の登山記録アプリに続き、今回はショッピングカートのプロトタイプをつくりました。この記事では着想のきっかけや制作意図を説明します。

ショッピングの体験価値

私たちは様々なアプリやサービスを通じて日常的に商品を購入しています。
ショッピングの体験として最も重視されるのは、必要な商品を素早く発見しスムーズに購入できる利便性にある思います。しかし他方で私たちはショッピングそ

もっとみる

登山アプリのマイクロインタラクション試作

先日登山アプリのプロトタイプを作成しました。

数年前に頻繁に山に訪れている時期があり、帰宅後にヤマレコで山行記録を残したり、他人の記録を見ながら週末の計画を考えたりして楽しんでいました。その頃の記憶を頼りに、登山アプリに活かせるマイクロインタラクションのアイディアを形にしてみました。この記事では着想のきっかけやデザインの意図について説明します。

登山アプリの特徴

登山アプリと一言に言っても種

もっとみる

乙女心をくすぐるアプリのマイクロインタラクションを考察してみた

Web制作会社つみきにてデザイナーとして活躍してるユキコです!
私は弊社で唯一の女子デザイナーなのでアラサー女子ならではのフレッシュな視点から、女の子向け2つのアプリのマイクロインタラクションの考察をしたいと思います。

合理的思考が得意な男性よりも感覚的に見た目が可愛いいものや、なんか色が綺麗!っていう女性ならではの全体イメージをふんわり掴むような視点で、メイクやファッションなんかも選ぶ傾向があ

もっとみる

マイクロインタラクションによるQRコード決済の改善

QRコード決済でのUI改善のアイディアとして、先日以下のようなプロトタイプを作成しました。

https://www.behance.net/gallery/77099891/Payment-Interaction-Concept-Adobe-XD-Auto-animate 

QRコードを表示してから支払いが完了するまでのインタラクションの試作です。この記事ではデザインの意図や目的、前提としたQ

もっとみる

社内制度をデザイナー視点でサービス改善した話し

つみきには仕事に関連する本を会社の経費で買える「つみきライブラリー」という制度があります。良い制度だと思いますが利用する人が限られていて、チーム内にも浸透していない状況でした。前々からこの制度を気軽に利用できて学びが促進される仕組みにしたいと思っていたため、サービス改善に取り組むことにしました。

既存の制度のインタラクションを見直す

まずは既存の申請プロセスを確認し、利用者にとっての課題点を見

もっとみる

毎朝のルーティンが突然初めてのユーザー体験の現場になったときのメモ

ここ2〜3年、駅からオフィスまでの道にあるセブンイレブンでほぼ毎朝コーヒーを買うのがルーティンになっています。
先日の朝、いつものようにコーヒーを買って淹れようとしたら、コーヒーマシンが新型の機種に入れ替わっていました。

「あら、ボタンが無い...タッチパネルになってる...!」

突如現れたその新型マシンによって、僕の毎朝のルーティンは初めてのユーザー体験の現場に変わりました。今回はその新型マ

もっとみる

第1回 身の回りにあるマイクロインタラクションのヒント

マイクロインタラクションのインプット第1回目。
今回はWebサイトやアプリからではなく、自然と目にしている、又は生活に密着している、身の回りのものに焦点をあてて、マイクロインタラクションネタのヒントとなるコト、モノを探してインプットをしていこうと思います。最終的にはこのインプットに沿ったアウトプットがdribbbleなどで公開できたらなと考えています。

以前、下記の3アプリを対象としたマイクロイ

もっとみる

読み込みボタンのマイクロインタラクション

「もっと見る」ボタンはいまや標準ともいえるUIパーツです。検索結果に多く用いられ、表示件数が多い時に置かれています。

今回は見慣れたもっと見るボタンにマイクロインタラクションを追加して、よりわかりやすいものに提案してみます。

現状の問題点

よくあるタイプは下記のようなボタンタイプです。

noteのボタンです。
問題点としてはこのボタンを押したら何件分読み込まれるのか分からない点です。【10

もっとみる

これからのアニメーションと、XD

上の画像かこちらをクリックすると、Twitterの動画を見ることができます。

この記事は、2019年3月20日に開催されたAdobe XDの勉強会「Adobe XD ユーザーグループ 東京 vol.22」にて私が発表した資料になります。

概要

「アニメーションって流行っているみたいだけど、これから先も役に立つの?」「一過性のものなんじゃないの?」そんな不安をお持ちの方、いませんか?
このセッ

もっとみる