【初回20部|限定割引】マジックの印象を変える、たった1つのNGルールとは

『指を鳴らすと、カードが一番上に上がってきます』

100億回ぐらい聞いたセリフですね。

さすがにそろそろ脱却すべきです。

今回は、形骸化したマジカルジェスチャーを使い続けるのは、どうなんでしょう?
というお話です。

このマジカルジェスチャーで、本当に目の前のお客さんは魔法を感じるかどうか。

リセットという手品を題材に、
おこがましくも、マジカルジェスチャーについて語ります。

◆無料枠公

もっとみる

Juan Pair by Juan Tamariz (written by Stephen Minch)<旧ブログより>

※本記事は2014年に執筆されたものを加筆修正しています

Hermetic Press(2019年現在はPenguin Magicに売却)のStephen Minchが手順を記述した、Juan Tamarizによる作品2つが紹介された冊子。2013年開催のGenii 75th Anniversary Bashのおみやげに含まれていた冊子で、今ではオークションくらいでしか手に入らないかもしれません

もっとみる

『芸術を創る脳』刊行記念 酒井邦嘉さん×前田知洋さんトーク&サイン会<旧ブログより>

※本記事は2014年に執筆されたものです。一部加筆修正しています。

年末年始で、『芸術を創る脳: 美・言語・人間性をめぐる対話』を読みましたが、非常に面白かったのです。その著者で、自分の大学の先生でもある酒井教授と、大好きな前田さんのトークショーとなれば、行かないわけには行きません(笑)

トークショーでは、終始笑いの絶えない場を作り出し、見た目も考え方もそっくりなお二人による脳の話や芸術の話が

もっとみる

Retention nowhere & N-1 ahead count

コイン複数枚を消したり移動したりする手順に使える技法2つと、その応用手順についての解説です。
Retention no whereは指先に持ったコインがダイレクトにノーウェアパームに入ります。Penguin magicなどで販売されているダウンロードコンテンツの” NOWHERE by Tri Ryuzaki”もかなり近い動きですが、今回ここで解説している内容や手順で使っているものはその先を行くも

もっとみる

SCASN by Chris Westfall 【勝手にマジック紹介】

「SCASN by Chris Westfall」(ペンギンマジックにて購入可能)
ACAANの派生形。

現象

★そもそもACAAN(Any Card At Any Number)とは...
観客の自由に言ったカードが観客の言った数字の枚数目から出るというマジック。

しかしこれはそのプロットとはちょっと違っていて、「SECRET Card At SECRET Number(観客のみが知る数字

もっとみる

"Theatrical Close-Up"  by Peter Samelson <旧ブログより>

※本記事は2014年に執筆されたものです(一部加筆修正)

Peter Samelson氏による、TheatricalなClose-upマジックの手順が掲載された本。文字通り、本当に演劇的(Theatrical)な手順ばかりで、演者の能力がかなり求められる手順が多く掲載されています。

「演劇的」といっても、無駄にとってつけたような演出ではなく、あくまで演じるマジックの中での動きや流れに論理的意味

もっとみる

Canned Craziness by Tommy Wonder<旧ブログより>

Andy Warhol’s hand-painted masterpiece,
“Big Campbell’s Soup Can with Can Opener (Vegetable)” (1962)

※本記事は2014年執筆の記事です

ものすごく久しぶりな更新です。

引き続き、マジックには触れているのですが、これは紹介せねば!というものに特に出会うわけでもなく、マジックを楽しむ生活を送っ

もっとみる

"Tangled Web" by Eric Mead<旧ブログより>

※本記事は2013年に執筆されたものです。このあと、日本語訳が発売されました。(邦題:『エリック・ミード クロースアップマジック』)

Oh what a tangled web we weave. When first we practice to deceive!
『我々はなんと複雑な織物を編むのだろう。ひとを騙そうとするときに!』
by Walter Scott(イギリスの作家)

時々、

もっとみる

Christian Engblom(Fat Brothers Lecture)<旧ブログより>

もう一ヶ月も前ですが、ファット・ブラザーズレクチャー@東京(2013年5月25日/26日)に行ってきました。

マジック界にその名を轟かすFat Brothers。Dani DaOrtiz(ダニ・ダオルティス)、Christian Engblom(クリスチャン・イングブルム) そして Miguel Angel Gea(ミゲル・アンヘル・ヘア)の3人のマジシャンのユニットです。この3人を生でそろって

もっとみる