お気に入りのノートの使い道

文房具に対するワクワク感って何だろう。

学生の時は使用目的があるから理由をこじつけて買っていた。
たとえ今は、まだ新しいものは必要ないと薄々感じていても。

幼い頃の鉛筆とメモ帳から始まり、シャープペン、ボールペン、ノート、付箋、ファイル、等々…。
大人になった今も、使う予定があるわけじゃないのに、ふらりと文房具売り場に行き、お気に入りのノートを見つけては、本気で「買いたい」「必要ない」「欲しい

もっとみる

素敵なお買い物

今日の夕方、
本屋さんに行ってみたらどんぴしゃのものが!

名刺サイズのミニノートとボールペンです。
無地なので書きたいこと自由に書ける!
どちらも定期入れに入るサイズなので毎日持ち歩こうと思いました。

こんなにちっちゃいけど、もしかしたらここからいろいろなものが生まれるかもしれない。
わくわくがつまってるね。

もっとみる

テキストエディター遍歴

プログラマーにとって、テキストエディタは必須アプリ。

一番使うものなので、おのおの手に馴染むエディタを求めてネットを渡り歩く経験はプログラマーなら誰でもあるのではないでしょうか?
そのこだわりは、使いやすさを主張してVimとEmacsの宗教戦争が起こったりするほど。今回は上記の引用記事に触発されて、過去使ってたテキストエディタをまとめてみました。あくまで私が使用してきた時系列です。

メモ帳

もっとみる

ひさびさにほぼ日手帳をチェック

スケジュールはMacとiPhoneのカレンダーをメインで使ってるので、ほぼ日手帳を買っても今は予定は書かないからほぼ白紙手帳になるだろうってことでカバーとメモ帳をポチッと。

#ほぼ日 #ほぼ日手帳

もっとみる

謎のメモ

自分の部屋の片付けをしていると、幼少期の産物が色々と掘り起こされる。

その中で、最も"不可解"だったものがこちらだ。

小2の頃に愛用していた猫のメモ帳の裏表紙だ。

弱々しく薄い字(おそらく鉛筆)で、

「ジョイマン高木
スクープがぞう」

と書かれている。

完全に自分の字なのだが、どういう意図でこれを記したのか、いっさい記憶が飛んでしまっている。

なので、推理していきたいと思う。

もっとみる

スケートのある風景の一筆箋、こうしてできました。

先日、こちらでお知らせした、スケートのある風景の一筆箋。これらがどういうふうにつくられたのか、今回はそんなお話です。

ずっと、多分10年以上、スケートの素敵な文房具がないかな、と思っていました。でもなかなか見当たらない。それなら自分でつくればいいんだ、と思ったのが4~5年前です。

つくりたいアイテムはたくさんあり、さまざまに調べたり諸々した結果、まずは一筆箋をつくろう!と決めました。なにしろ、

もっとみる

小さめのメモ帳が欲しい理由としては、スマホに入れている『キャラクターの名前の由来メモ』を別のところに置きたいから。スマホのメモのままでもいいんだけど、それを見て、一旦閉じて、別のメモに小説を書くのが面倒で…。でも、買うとしたらどんなメモ帳がいいのかわからなくて、悩んでる感じ。

貧弱でシンプルな始め方が大事

ライフハック的なウェブ記事とか読むと、よく○○には▲▲アプリがおすすめ!みたいなことが書かれています。たしかにそれを導入すればすごい便利にはなるんですが、何かしら物事を新しく始めるときには、いきなり多機能のものを使うよりも、貧弱でシンプルなもののほうがよいと思いました。

大事なのは目的をスムーズに遂行すること

ここ半年くらいでメモを取り始めまして、それが中々大量になってきました。物理的な手のひ

もっとみる

メモ帳アプリは使い分けて使うべし

今回は メモのやり方について

私の場合、 メモする時は

だいたい evernoteを使っていますが

evernoteだと 他の情報も
入っているので
どうしても、 重たくなってしまう。

なので、 ちょっとした
メモをする場合だと
使いづらいわけですよ。

ですので、 他のメモアプリと
併用して使うのが
1番いい。

私も色々試したけど
二刀流が 1番効率がいいと思います。

他のメモア

もっとみる