ヤジーディ

「傷口は開いたまま」…IS侵攻から5年、ヤジーディの終わらない苦しみ

ISが、イラク北東部シンジャール地区に侵攻を始めたのは2014年8月3日の未明のことだった。シンジャール地方に暮らす宗教的少数派のヤジード教徒(ヤジーディ)たちが標的になった。ISはヤジーディを、イスラム教が批判する多神教で偶像崇拝者であると決めつけて敵視していた。

シンジャール侵攻でISは、イスラム教への改宗を拒んだヤジーディなど数千人を殺害。約6000人を拉致して隣国シリアなどに連れ去り、性

もっとみる
シュクラン!(アラビア語で「ありがとう」)
15

ISに参加した外国人を、どの国や機関が裁くべきなのか

イラクやシリアの一部を数年にわたり占領し、住民を殺害したり性暴力をふるったりしたISのメンバーに法の裁きを受けさせるーーこれは被害者たちに共通する強い願いだ。だが、遅々として進んでいない。

国際特別法廷の設置や、国際刑事裁判所(ICC)で裁判を訴える声は国際社会に存在はする。例えばスウェーデンのダムベルグ内相は、国際法廷をイラクかシリアに設置すべきとの考えだ。

「殺人、テロ犯罪、戦争犯罪、人道

もっとみる
どうもありがとうございます~
10

イラク・チグリス川上流の平原は、宗教的少数派の天地だった

イラクの北西部、チグリス川の上流域には「ニナワ平原」と呼ばれる大平原が広がっている。下のツイートした英語記事の地図で示されているのが、その場所。

チグリス川の支流、大ザブ川のを遡行すると、流れが速くなるあたりで平原は尽き、「クルディスタン」と呼ばれる少数民族クルド人が暮らす山岳地帯に入る。

少数派宗教の聖地

この山岳地帯の入り口に、ラリッシュと呼ばれるなだらかな渓谷がある。この渓谷に沿うよう

もっとみる
感謝です~
17

ISが失った領地で大火災、少数派ヤジーディ迫害の証拠焼失の危機

ISは今年3月、シリア北東部の町バグズでの戦いに敗れ、すべての実効支配地を失った。かつてISが占領していたイラク北西部からシリア北部にかけての土地は主として草原や耕作地。その一帯の各地で大規模な火災(野火)が発生し、大きな被害が出ている。

中東のニュースサイト「アルモニター」によると、シリア北部で自治を行うクルド人組織は、火災がシリアのアサド政権やトルコ政府、ISがけしかけた放火が原因であるとの

もっとみる
感謝です~
8

中東の少数派「ヤジーディ」の呼称に表れる偏見と差別の歴史

外国語の固有名詞などを日本語でどう表記するかは、とても悩ましい問題だ。異なる音を持つ言語を、完全な形で別の言語に置き換えることには、おのずと限界があるのも確かだ。だから、「絶対にこうあるべきだ」という唯一の表記があるわけでもない。

そうした限界があることは承知の上で、「では、どうするのがいいのか」、根拠をなるべく具体的に記しながら考えてみたい。このマガジンで連載を続けている、中東の少数派宗教集団

もっとみる
読んでいただき、ありがとうございます~
10

ISとの間に生まれた子供たちを、ヤジーディ社会は迎え入れるべきか

「ヤジーディ」とも呼ばれる、中東の少数派宗教「ヤジード教」の信徒たちの社会生活には、他の宗教と異なる大きな特徴がある。

「ヤジーディ同士でしか結婚できない」という決まりだ。男女にかかわらずヤジード教信徒が、イスラム教などヤジード教以外の人と結婚しようとした場合、ヤジーディ社会から追放される。はっきり言ってしまえば、ヤジーディ社会に、ヤジード教徒以外の居場所はないということだ。個々のヤジード教徒か

もっとみる
感謝です~
22

IS指導者バグダーディの性奴隷にされたアメリカ人のその後

ハリウッドのスター、ジョージ・クルーニー氏の妻、アマル・クルーニーさんがISに迫害された人々の支援をしていることはよく知られている。

特に、ISから異端視され、多くの女性が拉致され性奴隷にされた少数派ヤジーディの支援に力を入れている。

こうしたアマルさんの活動には、アマルさんの父親がドゥルーズ教徒という中東の宗教的少数派であることが影響しているのではないか、とみている。アマルさんはレバノン・ベ

もっとみる
シュクラン!(アラビア語で「ありがとう」)
10

中東の少数派ヤジーディは、民族なのか宗教集団なのか

ISに徹底的に迫害され、2014年以降、多数が故郷を追われることになったヤジーディと呼ばれる人々。彼は「何者か」を簡潔に説明しようとすると、深みにはまるような気分になる。ヤジーディとは? 民族なのか? 宗教集団なのか? すぐにすっきりとした答えは出てこない。

もともと彼らは、自分たちで「ダーシン」と名乗っていたようである。「ヤジーディ」という名前は、かつては他称、つまり周囲からそう呼ばれていた、

もっとみる
モタシャッケラム!(ペルシャ語で「ありがとう」)
9

アルメニアのエジーディ Êzîdî li Ermenistan

エジーディ概要 

2018年8月18日~24日の間に、エジーディを探しにアルメニアを訪問した。エジーディとは、日本他では「ヤジーディ」と呼ばれる、イランの古代宗教に由来する信仰をもち、クルド語(主にトルコやシリアで話されるクルマンジ語)を話す少数民族である。孔雀天使(Tawûsî Malek)を崇拝することから、ムスリムを中心に悪魔崇拝者と誤解されることも多い。というのも孔雀天使は、ユダヤ教以来

もっとみる