リクルートスーツ

ヒトは視覚に大きく影響を受ける

『どれもこれも、服装という領域に関わりのある「個性」以外の要素を十分考慮せず、丁寧なヒアリング調査を試みるわけでもなく、「若者たちが似たような服装をしている」すなわち「個性を押し殺している」と短絡し、さらにそれを社会全体の保守化や右傾化の問題へと飛躍させるところが判で押したようにそっくりで、恐ろしい。~私たちの多くがそうであるように、彼らもまた、〈自分らしさ〉の表現をする/しないという一点にこだわ

もっとみる

就活のこと③ 準備編

こんばんは!
 今回は就活体験記第3弾。3月1日までの準備することを書こうと思います。経団連の取り決めでは3月1日から説明会開始、6月1日から面接開始です。私が就活をした感想として面接開始時期は守らないが説明会開始時期はほとんどの企業が守っていました。来年からはルールが変わるらしいのでご自身で調べてください。友人からの話では、商社や金融は6月1日の面接開始を守っている企業が多いらしいです。3月に入

もっとみる

「一人残らずスーツね。」
明治大学情報コミュニケーション学部の新入生セレモニーで森達也氏は隣の教員のこの言葉を聞く(『生活と自治』6月号)。入学式に服装の決まりはないのに学生たちは濃紺などを含め全員黒系スーツ。“個性重視”はお題目だけの異様な集団帰属意識は他学も同じとか。

パンプスはパンツスタイルに似合わない

「#KuToo」運動で 今

職場でのパンプス(ハイヒール)強制問題が

注目を集めています

言うまでもなく

全ての人は

自由に靴を選ぶ権利があります

(モデル業など)特殊な必要性が無い限り

強制は認められないと考えるべきでしょう

もちろん履く自由もあります

問題は むしろ

「大人の女性はフォーマルシーンでパンプスを履くのがマナー」

という 暗黙の強制(コード)が存在することです

もっとみる

足元のお話。

なんの話や、という話をしますね。

つい最近、すごいことに気付いたんですよ。お風呂あがって、普通に足の爪を切っていたら。

社会人になってからずーーーーーっとご一緒していた足の裏のタコが!ひとつも!!な!!!い!!!!

びっくりです。というか、いつなくなったのだろうか。なくなったことにすら気付いていなかったのです。タコがなくなった理由は明白で、休職して、毎日朝から晩まで高ーいヒールを履かなくなっ

もっとみる

就活のギモン。

なんでみんな、同じ格好なんだろう。
社会人になろうというのに学生服?しかもガッチガチに校則が厳しい学校みたいな。

なんというか量産型学生が群れを為している光景。

社会に出たら最も重要なのは「柔軟性」だよ。
機転とも言えるけども。

それに前にも話したと思うけど、スーツは基本的に「隠す」ものだから。

よく世の女性たちは「スーツを脱いでネクタイを緩める仕草にグッと来る」っていうでしょ。
つまりは

もっとみる

選んだ自分を恨まない路なら、なんでも正解

新宿で学生時代の友人と餃子と馬刺しに舌鼓をうちながら、ハイボールを呑んでいた。

カウンターで並んでいた私たちの背中には「乾杯は杯を乾かすと書いて乾杯です。では、カンパーイ!」という掛け声とともに若干のよそよそしさを漂わせたリクルートスーツに身を包む集団。

ふふふ

隣りの友人と顔をみあわせて笑う。懐かしいねって。

ふたりとも2社目で今年3社目となる予定。

あれ、いま社会人何年目だっけ?20

もっとみる

思い出のリクルートスーツ

人生の転機になった社会人生活数ヶ月の思い出を(こっそり)お話したいと思います。Twitterに流れて来る「#社会人1年目の私へ」を見ていて、なんだか心の奥がキューっとしていたので、わたしも何かしら新社会人のみなさんへ伝えられる事があればいいなと思い、久々にnoteしたいと思います。

1. 髪を黒く染めて

溝の口駅、確かここは数週間通った研修センターがありました。たくさんのスーツを着た人が、あち

もっとみる

~就活のために生きた男~

彼は人生を就活のために捧げていたと言っても過言ではない。
よく、就活は目的ではなく手段だ。なんていうけれど、結局のところ目的として尽力しなければ大抵は失敗するのだ。

彼のように、人生の全てを就活に捧げればなおさら失敗などありえないに決まっている。

僕は、彼の生涯を通した唯一の友人であり、幼馴染だと言えるであろう。
なんせ、彼は時間の全てを就活に使っていたのだ。僕以外に友人を作る気など毛頭なかっ

もっとみる

リクルートスーツを着こなしているからといって従順なわけではなく、「従順であろう」と想像するあなたの思考回路がハックされているだけ。胸が大きいからといって、卑猥な賞賛を受けたいとは限らないように。

毎年この時期になると、新入社員向けの社会人からのメッセージがあちこちに流れて、毎年恒例行事化していることに私は一人でうんざりしているのだけれど、今朝会った知人の就活生には「転職しやすくなってきてるから気張りすぎずね」なんていい大人ぶってアドバイスしたりするわけです。まぁそれも本音だし人のアドバイスに全力で傾倒する人にはこういうことは言わない主義の自分の真贋美を信じよう。そしてみんな自分の人生を生き

もっとみる
嬉しいです!飛んで喜びます!ぴょんぴょんぴょんぴょん
8