H2Bロケット8号機発射!

ちょっと前のことですが、9月11日に発射予定だったH2Bロケット8号機が9月25日1時5分に打ち上げ成功しました。

記憶が正しければ2018年以来、1年越しの夜打ち上げです。

まずは場所はどこから撮影するのがいいのか、候補地は2箇所。
1箇所目は番所鼻自然公園。

定番の場所で11時には結構な人数の撮影者がいました。
場所取りが大変そうと場所移動。

御茶屋の場公園に行ってみました。
この場所

もっとみる

ロケットの自律飛行安全の話

ロケットは自爆装置がついている。

もしくはこれ以上飛んでいかないような仕掛けが組み込まれている。モデルロケットではなく本格的なロケットに限るが、想定外の場所に飛んでいくと大事故に繋がるので、事故防止のために厳重に入念に丹念に慎重に安全装置として飛行中断する機能が組み込まれている。

そういう飛行中断機能も含めて周りの安全を守ってあげることは政府の目も入れる必要があるので(一定のところから)許認可

もっとみる
38

3分でわかる中国の宇宙活動法(民生用宇宙飛行打上げプロジェクト許可管理暫定弁法)

ロケットや人工衛星を打ち上げるための根拠法は、日本やアメリカにだけ存在するものではありません。今回は、中国の法律を紹介します。

宇宙条約で求められる監督体制と許可制

そもそも宇宙条約は、宇宙活動の基本的なルールとして、民間企業などの非政府団体の宇宙活動を監督する義務について定めています(2条)。

月その他の天体を含む宇宙空間における非政府団体の活動は、条約の関係当事国の許可及び継続的監督を必

もっとみる
ご覧いただきありがとうございます!!
4

🚀ロケット発射センター🚀ロケットと💎ダイアモンド💎

🚀JAXA(宇宙開発機構)種子島発射センター見学🚀世界一美しいロケット発射センターを見学致しました🌟高さ56m、幅約4mの大きさに驚嘆致しました。

映像や写真で見るとボールペンの様な細い感じに見えますが、実物を見てその大きさに圧倒‼️

カッコ良過ぎて興奮状態😄😆目が最大限に開いてしまいました🌟

💖子供の頃ニュートン(科学雑誌)を読んでワクワクした事を思い出しました💖

💎ダ

もっとみる
嬉しいです♬
2

3分でわかるサターンⅤ

サターンⅤは、アポロ計画で使用された、史上最大の超大型ロケットです。アポロ宇宙船を月周回軌道まで輸送することをミッションとしており、直径10.1m・高さ110.6m・重量2870.9tという大きさ、ペイロード搭載能力はギネス記録にも認定されています。
ケープカナベラルの射点、LC39Aから打ち上げられたこのロケットは、1961年からアポロ17の運用が終了するまで活躍し、合計13回、12人の宇宙飛行

もっとみる
ご覧いただきありがとうございます!!
1

■投資の発想力ーなぜ宇宙事業に投資するのか?ー(資産拡大フェア2019)

日時:9月29日 12:40-13:40
場所:ビックサイト 西C会場
肩書:インターステラテクノロジー
人材ファウンダー&取締役
講師:堀江 貴文

今日は儲けの話をするつもりは
ありません
資産拡大って?
マンション経営なんてつまらないし
理解できない、自分は興味のある事
しかやりません

僕が会社を起こした1996年は
彼女のお父さんから600万借りました
今はそういう時代じゃない
今はコン

もっとみる

【どーせむり】が蔓延している環境にいる方に奨める人・本

おはようございます!

突然ですが、皆さんは「TED」という無料のオンライン講演をご存じでしょうか?

「TED」のテーマは「広める価値のあるアイディア」を広めること。

世界各国のスピーチを聞けるので、とても有益な情報が溢れているのですが、日本人の方も登場しています。その中で私が感銘を受けたスピーチをされていたのがこの方。

「植松努さん」

ご存じの方も多くいらっしゃると思うのですが、簡単に紹

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!
2

3分でわかるロシアの宇宙活動法アウトライン

ロケットや人工衛星を打ち上げるための根拠法は、日本やアメリカにだけ存在するものではありません。今回は、ロシアの法律を紹介します。

宇宙条約で求められる監督体制と許可制

そもそも宇宙条約は、宇宙活動の基本的なルールとして、民間企業などの非政府団体の宇宙活動を監督する義務について定めています(2条)。

月その他の天体を含む宇宙空間における非政府団体の活動は、条約の関係当事国の許可及び継続的監督を

もっとみる
ご覧いただきありがとうございます!!
1

3分でわかるフランスの宇宙活動法アウトライン

ロケットや人工衛星を打ち上げるための根拠法は、日本やアメリカにだけ存在するものではありません。今回は、フランスの法律を紹介します。

宇宙条約で求められる監督体制と許可制

そもそも宇宙条約は、宇宙活動の基本的なルールとして、民間企業などの非政府団体の宇宙活動を監督する義務について定めています(2条)。

月その他の天体を含む宇宙空間における非政府団体の活動は、条約の関係当事国の許可及び継続的監督

もっとみる
ご覧いただきありがとうございます!!
3